トレンドブログ

ニンニクは何故スタミナの元なの?そしてニンニクの6つのスゴいパワーとは?

初夏から夏にかけて旬を迎える食材。
疲れた体を元気にしてくれるスタミナ食材と言えばやはり『にんにく』ですよね。

この季節になると、急に温度や湿度が上がってだるかったり、疲れやすかったりとなんとなく元気が出なくなりますよね。
そこでスタミナの元だと言われるニンニクについて少し調べてみましたのでシェアしたいと思います。

なぜニンニクはスタミナの元だと言われるのでしょうか?

そしてニンニクの素晴らしい6つのパワーとは?

なぜニンニクはスタミナの元と言われるの?

にんにくの恐るべき6つのパワー | にんにく大辞典

よく、ニンニクくさい!!って思いますよね?

そう、あの独特の香り。

にんにくは、「あの匂い」こそがスタミナの元なんです!

このスタミナにつながる栄養素は、にんにくの「アリシン」という成分。

アリシンは体内に入ると、食事から摂った糖質をエネルギーに変える役割をする ビタミンB1と結びつき…

そして、ビタミンB1はアリシンと結びつくことで、体への吸収率が高まります。

にんにくを食べるとスタミナがつくと言われている理由は、にんにくのアリシンによって、ビタミンB1を効率的に吸収し、糖質のエネルギー代謝を活性化させるということからきているんだそうです。

にんにくの栄養と効能効果~食べ方のコツや健康に良いかどうかを ...

なぜニンニクはにおうの?

なぜ、にんにくはスタミナ食材って言われるの?生で食べた方が ...

におう理由とは、にんにくに含まれる無臭の成分「アリイン」が切ったり、潰されたりすることで「アリイナーゼ」という酵素と反応することで、

アリシンができ、強い香りとなるんだそうです。

切ったりしてない状態、そのままじゃ何も香りもしないのはそういうことなんですね~。

アリイナーゼは、加熱すると壊れやすい成分のため、加熱すると切った状態のにんにくよりも香りが軽減されます。

と同時にアリシンの効果も弱まりはしますが、全くなくなるわけではないそうですよ。

だからと言って生で食べた方がいいというわけではないようです。

生のにんにくは刺激が強いので、人によっては胃腸の調子が悪くなるみたい。

注意が必要ですね。

ニンニクの素晴らしい6つのパワーとは?

にんにくの栄養・健康効果は?生と加熱調理で効能が変わるって ...
  • 疲労回復、体力増強!

    疲労回復・体力増強には、体に常にエネルギーを補給しなくてはなりません。
    そのエネルギー代謝にはビタミンB1が必要!
    ビタミンB1は玄米、胚芽米、豚肉、うなぎ、きのこ、大豆、そら豆、ナッツなど多様な食材に含まれていますが、水溶性のため、吸収率が低いのです。
    ところがにんにくのアリシンと結合すると、油に溶ける性質となり、腸から吸収され、体内でエネルギー代謝を助けてくれます。


  • 冷えの改善!

    冷え症は、薄着や冷房によって実感される体の冷えに加え、体質によるものもあります。
    冷え症には栄養のバランスをとり、体の内側から温めることが大切です。
    にんにくを食べると交感神経を刺激して末梢の血管を拡張させるという働きがあります。
    そのため、血液が全身に流れ、手や足の先から首まで温まります。


  • がん予防!

    禁煙や食生活に注意することはもちろん、ガンにならないように日頃から予防することが大切ですよね。
    にんにくの摂取量とガンの発生頻度を疫学的に調べると、にんにくをよく食べている韓国や中国東北部などの人は食べていない地域の人に比べ、ガン患者が少ないようです。
    アメリカ政府が90年代初頭から進めている、ガンに予防効果のある食品を探し、さらに有効な食品を作り出そうという国家プロジェクト「デザイナーフーズ計画」では、にんにくが「ガンになる危険性を少なくする効果がある最も重要な食物」であると証明しています。
    すごい…。


  • 免疫力アップ!

    ウイルス感染によるインフルエンザ。
    不規則な生活や栄養不足の状態だと、侵入したウイルスを外に排出できなくなり、インフルエンザにかかりやすくなりますよね。
    栄養バランスのよい食事を摂ることが大事です!
    さらに、にんにくを継続的に食べることで、にんにくに含まれるスルフィド類がウイルスを食べ(自然免疫)、ウイルスを攻撃する抗体を体内に作らせる(獲得免疫)という二方向から免疫力アップに!
    これもすごい…。


  • 美肌効果!

    にんにくを食べた後で経験するスベスベ感は、にんにくの成分が血液循環をよくしたためと考えられています。
    美肌のためには、毎日タンパク質食材を摂り、抗酸化成分を含む緑黄色野菜とともに、にんにくを食べるのがおすすめです。


  • アンチエイジング

    人間の体はおよそ60兆もの細胞からなっていますよね。
    その細胞の一つ一つが体内で生じる活性酸素によりダメージを与えられ、老化の原因となっています。
    一方、人間の体には抗酸化作用という能力も備わっています。
    にんにくの成分は、抗酸化ストレスを引き起こす毒性物質を感じ取るセンサーのスイッチをオンにし、抗酸化作用を積極的に働かせ、老化予防にも効果があると考えられています。




    いや~!
    ニンニクって本当にすごい食材なんですね~!

    最強じゃないですか!

    積極的に摂っていくことをおススメいたします!

 

スポンサードリンク

-トレンドブログ