石川大我議員が救急隊員を恫喝したのは彼氏のため?プロフィールや経歴。

人物系
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、
立憲民主党の石川大我参院議員(47)が知人の陽性者の救急搬送を救急隊員に強く迫った疑いがあることが「週刊文春」の取材で報じられています。

石川議員は社民党の福島瑞穂参院議員の秘書を経て、2011年に豊島区議に当選。
2018年に同党を離党し、翌年7月の参院選で立憲民主党から出馬。
そして初当選を果たす。
2002年には著書「ボクの彼氏はどこにいる?」(講談社)を出版。
LGBT活動家としての顔も持ち、同性愛者であることをカミングアウトした石川議員。
石川大我さん、参院選で初当選。同性愛公表の元区議「『私たちはここに ...

彼はどんな人物?プロフィールや経歴は…
誰のために救急隊員を恫喝したのでしょうか?
まずはこの件の経緯を再確認。

スポンサーリンク

何があったのか?ことの経緯

消防庁関係者より、
「8月8日の夜10時半頃、新宿区のマンションに住む30代の男性A氏の知人を名乗る人物から、コロナ陽性となったA氏の救急搬送を求める119番通報が入る。

救急隊員が駆け付け、A氏の体温や血中酸素濃度を測った結果、保健所は
『直ちに病院に搬送する状態ではない』と判断したとのこと。

そこに現れたのが石川議員である。

先に到着し、119番通報をしたA氏の知人である自身の秘書とともに、救急隊員らに猛抗議を開始。

救急隊員は『保健所の判断です』と説得したようですが、彼らの怒りは収まらず、救急隊員をスマホの動画で撮影し始めた。

そして、
『搬送しなければ、この動画をSNSでさらすぞ!』

と言って、救急搬送を強く迫った。

現場でのやり取りに関しては、消防庁に報告書として上げられているとのこと。

その後、救急隊員は再度保健所と協議し、朝方になって病院への搬送が決まったようです。

石川議員のプロフィールと経歴

多様性の尊重が、社会を強くする——日本初のオープンリーゲイ議員からの ...

石川 大我(いしかわ たいが)

所属会派
立憲民主・社民
選挙区・比例区/当選年/当選回数
比例代表選出/令和元年/当選 1 回
参議院における役職等一覧
令和3年8月16日現在
文教科学委員会
予算委員会
政府開発援助等に関する特別委員会
憲法審査会1974年、豊島区生まれ。
明治学院大学法学部法律学科卒業。
早稲田大学大学院政治学研究科修了。
公共経営修士(専門職)。
LGBTs当事者向けのイベントを主宰するNPO法人代表理事、参議院議員秘書を経て、2011年豊島区議会議員に初当選(2期)。
日本において初めて公職に選出された男性オープンゲイ当事者議員の1人として知られる。
英字紙The Japan Times社説に「社会の周辺に追いやられた人々の声を、地方政治や国政に確実に届けられる政治家」と紹介される。2015年再選。著書に「ボクの彼氏はどこにいる?」(講談社)
「好きの?がわかる本」(太郎次郎エディタス)ほか。
2018年HERO AWARDにてShibananda Khan賞を受賞。

石川議員が恫喝したのは彼氏のため?

登場人物を整理すると、

コロナ陽性   :新宿区のマンションに住む30代の男性A氏
119番連絡した人:A氏の知人で石川大我議員の秘書(石川大我議員より先に到着)
石川大我議員
救急隊員
保健所

石川大我議員の秘書とコロナ陽性のA氏が知人だったとのことですね。

つまり、コロナ陽性のA氏は石川大我議員の彼氏ではなかった可能性が高そうな気がしますね。
何かわかり次第記事を更新いたします。

Yahooのコメント欄にも…

強権の使用ですね。この新宿区のマンションに住む30代の男性A氏は石川議員の彼氏だったのかもしれないですね

>「ボクの彼氏はどこにいる?」

アナタの彼氏がそこにいたんですね

まぁだからと言って動画で晒すとか

脅迫なんで議員辞職お願いしますね。

だいぶ批判されていますね。

石川大我議員はLGBTの恥という声

週刊文春での質疑応答の全文

17日、自身のホームページに、
「『週刊文春』記事に関して、週刊文春からの質問と回答の全文です」
と題した文書をPDFで掲載。

質問1
8月8日夜、石川議員の秘書が知人である○○○○氏について「(○○氏が)コロナ感染症にかかり、体調が悪化している」旨の119番通報を行ったことは事実でしょうか。

(回答)
まず、当該患者の状況は、陽性判定から8日間自宅療養し、高熱、酸素飽和度が危険な状況になるなど病状が悪化していましたが、本⼈がこれまで2度救急車を呼んでも入院には至らなかったということです。
8日に自身のSNSに、
「新宿保健所の対応はひどすぎる。このままだと死んでしまう。死んだ後のために、対応の酷さをメモした」
など自殺をほのめかす旨の発言を行っていることに秘書が気付いてかけつけました。

秘書が到着した際、精神的にもダメージを受け意識が朦朧としている状況だったので、秘書が119番通報したと報告を受けています。
私はその後、現場に到着しました。

質問2
石川議員と○○氏は、もともと面識はあったのでしょうか。

(回答)
秘書の友人であり、私も数回の面識はありました。

質問3
現場に駆けつけた石川議員と秘書は、救急隊員に対し、○○氏を病院に搬送するよう繰り返し命じ、救急隊員の様子を撮影した上で、
「もし搬送しないと、この動画をSNSなどで晒す」という趣旨の発言をしたという情報があります。
それは事実でしょうか。

(回答)
救急隊員に対して私は、日々の業務に対して慰労の言葉を伝えています。
救急隊からは「ここ数日、何時間も搬送できない状況が続いています。
現場は地獄です」との返事をいただきました。
長時間になったので、明日、医療機関にかかるようにして、救急隊は帰らないと他の方達の対応ができないのではないか、と私から救急隊の方に話かけるなどもしました。
患者の容体については意見交換をしましたが、
「この画像をSNSで晒す」
などといった脅しのような発言をしたことは一切ありません。
脅しをして進展するような現場ではなく、皆で協力して搬送先を探しましょう、という状態でした。

私は感染予防のため、常に玄関の外で対応していました。

質問4
約5時間後、○○氏は病院に搬送されたということですが、自宅待機の判断から一転して搬送に至った理由について石川議員はどのように理解していらっしゃるか、教えて下さい。

(回答)
搬送されたのは、患者の意識が混濁し、酸素マスクを装着するまでに容体が急変、体温が上昇し、酸素飽和度がかなり低下したことで、救急隊員のみなさんと保健所で調整をいただき、入院に至ったと聞いています。

搬送先が決定した後、私は聞かされました。

今、東京では「搬送すべき人を搬送できない」状態が続いており、現場で体験したことを活かし、必要とする人に医療が届くように国会議員として活動していく所存です。

……辞職するつもりはなさそうですね。

国会議員として、そして人として、自身の立場をわきまえた行動をお願いしたいですね。
まだ国会議員として活動されるおつもりなら、です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました