トレンドブログ

コンビニの高カカオチョコレート!血糖値を下げたい方におすすめのチョコ!

太る原因の一つにストレスによる食べ過ぎがありますが、チョコレートもしっかり選別した上で食べることで気持ちが落ち着き、過食を防ぐ効果が期待できます。

そしてチョコレートの原料であるカカオ豆にはポリフェノールが含まれており、血管を広げる作用があります。

ですので血流を良くして冷えの改善や、血圧の上昇を防ぐ働きもあるんです!

ダイエット中の方におすすめのチョコレートをご紹介します。

チョコレート効果(明治)

チョコレート効果』カカオ72%を食べてみた! 糖質やカロリー ...

1枚(5g)あたりの糖質 … 1.6g

かなり低いですよ!

しかも「チョコレート効果」にはカカオの含有パーセンテージが72%、86%、95%と3種類あります。

苦手な場合は含有パーセンテージが低いのから慣れていけばいいですね。

https://twitter.com/nontamago3668/status/1498856623401738244

美味しいですしね!

でもカカオポリフェノールは一度にたくさん摂取してしまうと排出されてしまうので、
必要な分を毎日摂り続けることが大事です。

美味しく健康に食べたい方は、一日3枚~5枚がおすすめだそうですよ!

リベラ(グリコ)

グリコ「LIBERA リベラミルク」

糖質は1袋(50g)あたり20.2gです。

特徴としては、リベラは「脂肪や糖の吸収を抑えるチョコレート」として、日本で初めて機能性表示食品として認められたチョコだそうです。

脂肪や糖の体内吸収が抑えられるということは、血糖値や血中の中性脂肪の上昇を抑制できるってことですね。

https://twitter.com/yeahyeahpark/status/1325973005399326721

しかもチョコレートの美味しさはそのまま!!

これも良い!

ZERO シュガーフリーチョコレート(ロッテ)

クチコミまとめ】ロッテ「ゼロ シュガーフリーチョコレート ...

糖質は1袋(40g)あたり15.9gです。

砂糖の代わりに糖アルコールや甘味料が使用されていますので少し高めですが…

通常のミルクチョコレート(40gあたり糖質はおおよそ31g)より半分ほど低いのが
特徴ですね。

まろやかなコクが口の中で広がる、くちどけなめらかなチョコレート。

甘味料など気にならないくらい普通に美味しいんですよね!

これもお勧めです!

まとめ

ダイエット中にでも安心なチョコレートですね。

コンビニで購入できるお勧めチョコレートでした。

上記は全て糖質が少ない(血糖値を上げにくい)もの、という観点でご紹介しました。

①チョコレート効果(明治)

②リベラ (グリコ)

③ZEROシュガーフリーチョコレート (ロッテ)

どれもそれぞれの特徴があり、とても美味しいチョコレートです。

この記事がどなたかのお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

-トレンドブログ