楽天モバイルの5G、自社エリアと回線スピードはどれほど?今後の対策は?

トレンドブログ
スポンサーリンク

2020年4月、楽天モバイルは通信量無制限で
1年間無料の月額2980円のMNOサービスを正式に開始しましたね。
12月には契約申込者数が200万を突破し、2021年4月から新料金プランの
「Rakuten UN-LIMIT VI」を提供する予定です。
現在の情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

エリアはどうなっている?

公式では教えてない!楽天モバイルのエリア確認方法を伝授します
楽天モバイルは2020年9月から5Gサービスを展開しているが、
まだ5Gが利用できるエリアはごく一部なんですよね。

5Gネットワークの構築を含めた今後の展開が気になるところであります。

全ユーザーに5G対応プランを提供、ただしエリアはまだ数カ所のみなんです。

5Gエリアは、楽天市場グループが本社を構える二子玉川駅周辺の他は 7 スポットしかありません。
(東京都、神奈川県、千葉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県)

2021年春には5Gを全国展開するとはいえ、これでは現状の楽天モバイルの5Gがどういった状態なのか確認しづらいですよねぇ…。

仕方ない(;´∀`)

時点での対応周波帯
Sub-6(3.7GHz帯)
ミリ波(28GHz帯)

最大通信速度
ミリ波の場合で…
ダウンロード2.80Gbps
アップロード273Mbps

5G対応端末は、楽天モバイルの販売モデルだと
6.9型の大画面ミドルクラス「Rakuten BIG」がSub-6とミリ波に対応。

シャープ製「AQUOS R5G」もSub-6のみ対応。

この他、Googleが販売する「Pixel 5」と「Pixel 4a(5G)」もアップデートにより楽天モバイルのSubー6にも対応。

なお、残念ながらAppleのiPhone 12シリーズは現時点で楽天モバイルの5Gに対応していません。

今後の楽天の5G戦略

日本のスマホ代は高すぎる!と、米倉涼子がぶった斬る/楽天モバイルCM ...
今後の5Gサービスの展開ですが、2021年3月に全都道府県へ展開、
2021年第2四半期(4~6月)ごろにSA(スタンドアロン)を開始する予定のようです。

なお、Sub-6とミリ波の5G基盤展開率は総務省への認定申請では2024年度末までに56.1%となっていますね。

現在の5Gは他社と同じNSA(ノンスタンドアロン)で、
4Gネットワークの制御により5Gエリア内では5Gの高速通信も利用できる構成。

これがSAになると、5Gネットワーク単独の制御で高信頼低遅延の通信なども利用できます。

いわゆる“真の5G”とも呼ばれるサービスです。

とはいえ、SAを開始しても5Gサービスのエリアが狭くてはあまり意味がありませんね。

ここでカギとなるのが、現在エリア拡大を続けている4Gの1.7GHz帯。

こちらはエリア拡大を当初計画から5年前倒しで
「2021年夏ごろに人口カバー率96%」を達成する予定だそうです。

これにより、郊外はともかく人口集中エリアの屋外はおおむねカバーできる思われます。

また情報が入り次第更新いたします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました