販売中止?のウレタンマスクの防御効果は?洗い方は?

コロナウイルス
スポンサーリンク

皆さんは普段、どういうマスクを着用していますか?

何度も洗って使うことができるウレタンマスクや布マスクを着用している方を街ではよく見かけます。
もしかしたら不織布マスクを使っている方よりも多いくらいですよね。

実はこのウレタンマスクや布マスクは新型コロナウイルスの感染対策に効果がないかもしれないということはご存知でしたか?

今回は、このマスク問題について、詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

ウレタンマスクは効果がないのか?

各地でウレタンマスクが“悪者扱い”、病院や学校で「お断り」 ある ...
全くないというわけではありません。

不織布マスクでは吸い込み飛沫量は約30%に抑えられますが、ウレタンマスクではその2倍以上の飛沫量を吸い込んでしまうということです。

つまり、ウレタンマスクは飛沫量を減らすという観点では不織布マスクの半分以下の効果しかないということです。

ではまず、このようなウレタンマスクに対する批判が集中し出した背景を説明しておきます。

昨年12月に、国立研究開発法人「理化学研究所」が発表した、スーパーコンピューター「富嶽」による、マスク素材ごとの飛沫防止効果のシミュレーション結果が話題を呼びました。

それによると、自分が他人にうつしてしまう「吐き出し飛沫量」は、不織布マスクでは約80%カットである一方でウレタンマスクでは約50%しかありませんでした。

つまり、不織布マスクでは吐き出し飛沫量は20%程度に抑えられるにもかかわらず、ウレタンマスクではその2-3倍の量を吐き出してしまい、それだけ他人に感染させるリスクが上がってしまうということです。

この研究結果により、ウレタンマスクをしている人への風当たりが強くなっているのが現状です。

また、このコロナ禍においては他人にうつさないことも大切ですが、そもそも自分が感染しなければ他人にもうつす心配がないということで、自衛も肝心です。

そのような自衛の指標である、「吸い込み飛沫量」は不織布マスクでは約70%カットできますが、ウレタンマスクでは30-40%しかカットされないという結果に。

使用方法を守れば大丈夫!

とは言え、ウレタンマスクの予防効果も0ではありません。

何もマスクを着用しないよりはウレタンマスクでも着用したほうが良いのはもちろんです。
不織布マスクでは肌が荒れてしまうから他のマスクを使わざるを得ないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで、ウレタンマスクを使う場合の注意点を紹介しておきます。

まずは、使用回数を必ず守りましょう

洗って使えるからと言って、永遠に使い続けられるわけでない。

ウレタンマスクは使うたび、洗うたびに劣化し、飛沫除去機能がどんどん落ちていきます。
そのため、ほとんどのウレタンマスクには使用回数が表示されていますので、その回数を守りましょう。

また、使う場所も選ぶべきです。

人が密な場所へ行く場合は不織布マスクを用い、感染リスクが低い場所へ行く場合はウレタンマスクを使う、などと言った使い分けが大切なんですね。

ウレタンマスクの洗い方

1.洗面器に水と衣料用洗剤を入れる

衣料用の洗剤を使います。

「中性洗剤を使用してください」と記載のあるものは中性洗剤を選びましょう。

水2ℓに対し、高濃度液体洗剤0.7g、レギュラータイプ液体洗剤なら1.7g(小さいスプーン1杯程度)、おしゃれ着用洗剤(アクロン)なら5ml(製品のキャップでの計量がおすすめ)です。

スプーンでかき混ぜ、洗剤を溶かします。

2.洗剤液の中でつかみ洗いする

マスクを洗剤液に浸し、手で握ってやさしくグーパーしながら、つかみ洗いします。

口紅やファンデーションなどの気になる汚れは、洗剤液の中に浸した状態で、手やスポンジでやさしくたたき洗いしましょう。

マスクを洗剤液からそっと取り出し、両手で包み込むようにして水気をしぼります。洗剤液はゆっくり静かに流します。

3.洗面器に水をためてすすぐ

洗面器に水道水をため、マスクを入れ、手で握ってやさしくグーパーしながら、つかみ洗いするようにして、十分にすすぎます。
両手で包み込むようにして水気をしぼり、洗面器のすすぎ水をゆっくり静かに流します。

4.水気を取り、陰干しする

両手で包み込むようにして水気をしぼります。

もっとしっかり水気を取りたい場合は、清潔なタオルではさみ、そっとたたくと良いでしょう。

ポリウレタン素材は、直射日光に当たると劣化しやすいので、陰干ししましょう。
風が吹かない部屋干しの場合は、洗濯バサミの凹みに引っ掛けて干すと、留めた時の跡がつきません。

まとめ

ウレタンマスクの件に関しましてはツイッターなどで拡散されていますが、
ウレタンマスクの着用を薦めないものではありません。

「素材の違いにより効果や圧損に違いがあるが、感染抑制には一定の効果があり、マスクを着用することが望ましい」とするものですね。

使用法を守ればそんなに問題のあるものではないと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました