ユスフ・デミルのプレイとは?経歴やプロフィール!

人物系
スポンサーリンク

現時点ではそれほど注目されている存在ではないようですが、数年後にこの17歳はサッカー界でもトップクラスと称されるほどの存在となっているはず。
昨季ザルツブルクで大ブレイクを果たしたFWアーリング・ハーランドに続き、欧州5大リーグ外のクラブからまたも大きな才能の片鱗を見せつける若手が頭角を現してきました。

スポンサーリンク

ユスフ・デミルとは? その彼のプレイとプロフィール

名前: Yusuf Demir ユスフ・デミル
国籍: オーストリア
ポジション: FW
身長・体重: 173 cm / 65 kg
生年月日: 2003年6月2日 (17歳)
所属: ラピッド・ウィーン(オーストリア)
背番号: 48
代表キャップ/ゴール: オーストリア代表  1/0

日本人FW北川航也も所属するラピード・ウィーンのU-21オーストリア代表です。

今季R・ウィーンの主力として定着を果たしたユスフ・デミルは、とても17歳とは思えぬほど落ち着いたプレイを見せる攻撃的MF。

状況を冷静に見極めて相手の急所を確実に突くドリブルは彼最大の武器であり、シンプルな緩急でスルスルと持ち上がる姿はマンチェスター・シティに所属するアルジェリア代表MFリヤド・マフレズを彷彿とさせます。

そんなデミルのもう一つの特長は、自らもゴールを奪えるという点。

前述したようにドリブル突破から味方にチャンスを提供する仕事を主に担っている彼は今季は公式戦22試合の出場ですでに6得点を奪っています。

なかでもペナルティエリア外から相手GKの位置をよく見て放つミドルシュートは絶品で、現地時間27日に行われたリーグ戦第19節のSVリート戦でもこの形から得点を記録しました。

それほどシュートにスピードがあったわけではないものの、GKが一歩も動けなかったこのゴールには現地のファンも大興奮!

SNS上では、

「魔法使いだからこそ打てるシュート!」
「時間を止めている」
「33歳くらいの選手と同等の落ち着きぶり!」

と、絶賛の嵐が巻き起こっているんです。

ユスフの経歴

バルサがオーストリアの17歳MFに注目 複数ポジションこなす多才な ...

名前に表れているようにトルコにルーツを持っている選手であります。

家系のルーツはトラブゾン(トルコ)にありますが、
彼自身はオーストリアのウィーンで生まれ育っています。

最初に所属したクラブはオーストリアで最も古い歴史を持っている
ファースト・ヴィエナFC。

10歳までの約3年間を同クラブにて過ごしました。

現在のラピド・ウィーンには2013年から所属しており、様々なカテゴリで卓越した存在感を放っていたよう。
Football Manager 2021』査定!「次世代スター候補」の5名 ...

そんな彼の名前が知れ渡るきっかけとなったのが、
ドイツで開催されたメルセデス・ベンツ・ジュニアカップ(U19)。

2019年大会でわずか15歳だった彼は、ラピド・ウィーンを準優勝に導き、
同大会における史上最年少での大会MVPに輝きました。
(翌年の同大会では優勝を果たしており、2大会連続で大会MVPに選出されている)

2019年5月にラピド・ウィーンとプロ契約を締結。

2019年12月14日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ(オーストリア1部)第18節となるアドミラ・ヴァッカー戦にてトップデビューを飾り、2019/20シーズンはトップチームで6試合に出場しています。

最後に

ユスフ・デミルの記事一覧|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中の ...
ド派手なテクニックが売りというわけではないものの、渋い技術で淡々と前線に違いをもたらすオーストリアの新鋭MF。

タイプもポジションも大きく異なりますが、ハーランドに続く将来的な欧州5大リーグ外からの大ブレイクに期待したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました