Galaxy S21のバイオレットモデルの性能、本体サイズ、国内での利用は可?

トレンドブログ
スポンサーリンク

国内未発売スマホ「Galaxy S21」のバイオレットモデルが直輸入されました。
Samsungの6.2型スマートフォン「Galaxy S21(SM-G9910)」のカラーバリエーションモデルが店頭入荷、「Phantom Violet」がイオシスアキバ中央通店に入荷されました。
上記スマホの性能や本体サイズは?

スポンサーリンク

Galaxy S21の性能

サムスン、「Galaxy S21」シリーズを発表--最上位UltraはSペン対応 ...
最大120Hz駆動可能なダイナミックAMOLED 2Xディスプレイを搭載。

6.2型SIMフリースマホ。

Galaxy S21(SM-G9910)は、オクタコアのSnapdragon 888や48~120Hz駆動可能なダイナミックAMOLED 2Xディスプレイ、Android 11を搭載した海外向けの6.2型SIMロックフリースマートフォン。

ディスプレイ解像度  2,400×1,080ドット
搭載メモリ      8GB
ストレージ容量    128GB

同端末はこれまでにPhantom BlackとPhantom Pinkが入荷していましたが、
今回、新たにPhantom Violetが店頭入荷。

端末は5G通信対応で、nanoSIMスロット×2を備えるデュアルSIM仕様。
ASCII.jp:銀河の頂点に立つスマホ「Galaxy S21 Ultra」5つの進化点を ...
同店によると対応ネットワークは5Gがn1/n5/n41/n78/n79、4Gがバンド1/2/3/4/5/7/8/12/13/18/19/20/25/26/28/34/38/39/40/41など。

国内での利用の可否は不明。

店頭価格は税込85,800円で、6日(火)時点で初回入荷分は売り切れだそうです。

本体サイズ

幅71.2×高さ151.7×厚み7.9mm

重量 169g

バッテリー容量 4,000mAh

背面にはトリプルレンズ構成(望遠6,400万+超広角1,200万+広角1,200万)のカメラを備えている。
Image

20との違いは?

次世代iPhoneの新機能、「ギャラクシーS21」にヒント - WSJ
外観・デザイン
  • 【サイズ】
    「Galaxy S20」と「Galaxy S21」はどちらも6.2インチのディスプレイを搭載していますが、「Galaxy S20」は画面解像度が「Quad HD+(3200×1440ドット)」だったのに対し、「Galaxy S21」は少し抑えられた「フルHD+(2400×1080ドット)」になりました。
  • 【ディスプレイ】
    「Galaxy S20」はディスプレイ両サイドがカーブした「デュアルエッジスクリーン」でしたが、「Galaxy S21」はフラットな形状に変更されました。これにより、「Galaxy S21」はベゼル幅が少し広くなり、本体の幅が2.2mm増えています。

 

機能・特徴
  • 【プロセッサ】
    「Galaxy S20」はクアルコム製の一世代前のハイエンドSoC「Snapdragon 865」を搭載していましたが、「Galaxy S21」は最新の「Snapdragon 888」になりました。「Galaxy S21」は、発売される地域によっては、サムスン製の「Exynos 2100」が搭載されることもあります。
  • 【外部ストレージ】
    「Galaxy S20」は「microSDカード用スロット」が搭載されていましたが、「Galaxy S21」は非搭載になりました。「Galaxy S21」は「microSDカード」が廃止になったことで、大容量ファイルを扱う場合はクラウドサービスなどを利用する必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました