SoftBank on LINE 申し込み方法、メリットとデメリットのポイントと大手三社との比較

トレンドブログ
スポンサーリンク

ソフトバンクは2020年12月22日に新料金プランを発表しましたね!
現在の主力である「ソフトバンク(SoftBank)」「ワイモバイル(Y!mobile)」
の両ブランドに加え、新たに傘下のMVNOであるLINEモバイルを吸収し、
「SoftBank on LINE」という新しいブランドコンセプトの料金プランを発表しました!2021年3月に提供を開始する「SoftBank on LINE」のメリットとデメリットを、
競合他社の新プランとも比較しながら見てみましょう。

スポンサーリンク

充実したお得感の高い料金!

その内容はライバル他社のプランとほぼ同様で、割引なしで月額2980円で利用でき、
4G/5Gの高速データ通信量が20GB利用できるほか、1回当たり5分間の無料通話も付いており、非常にお得感が高い内容となっています。

LINE利用時の通信量がカウントされない!

ソフトバンクもドコモに追随!新たに発表された「SoftBank on LINE」の ...
しかし、それらプランとの決定的な違いになるのが「LINE」の存在です。

先にも触れた通り、この料金プランはLINEモバイルをソフトバンクが吸収し、そのノウハウを生かして提供されることから、メッセンジャーアプリ「LINE」との連携が強化されているのです。

中でも大きな特徴となるのが、LINEモバイルと同様、LINE利用時の通信量がカウントされない「LINEギガノーカウント」であること。

現在のところLINEのトークと無料通話がその対象になる予定とされていますが、詳細は後日発表するとしています。

契約やサポートにLINEが使える

ソフトバンクの新プラン「SoftBank on LINE」と他社新プランを徹底比較!
契約やサポートはWebだけでなく、LINEのアプリを活用できるんです。

オンラインのみのサービスにはサポートなどで不安を抱く人も多いかもしれませんが、日常的なコミュニケーションで慣れ親しんでいるLINEを使って対応できるというのは安心感が高いといえそうですね。

ネットワーク品質がソフトバンクと同じ

SoftBank on LINE | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
一方で、ソフトバンクが提供することのメリットはやはりネットワーク品質でしょう。

LINEモバイルはMVNOであり、携帯大手からネットワークを借りてサービスを提供していたことから、混雑時に通信速度が大幅に落ちやすい傾向にありました。

ですが、SoftBank on LINEはソフトバンク自身が提供するサービスであるため、同社の他ブランドと同じネットワーク品質で通信や通話が可能なんです!

混雑時に通信速度が低下しづらいというのは、非常に大きなメリットといえそうです。

デメリットは?

デメリットと言えばこれです。

SoftBank on LINEはあくまでオンライン専用の料金プランであることから、ahamoやpovoなどと同様、ソフトバンクショップ、ワイモバイルショップでの契約やサポートはできませんし、いわゆるキャリアメールのサービスも用意されていません。

ちなみに店頭でのサポートやキャリアメールを求めるなら、同じソフトバンクの
「ワイモバイル」ブランドの新料金プランの方がよいでしょう。

新プランのうち、

・「シンプルM」が高速データ通信量15GBで月額2980円
・「シンプルL」は25GBで月額3780円

と内容が近い上、割引の適用でそれぞれ月額1900円、2700円とSoftBank on LINEより安価に利用できることから、こちらも検討してみることをおすすめします。

それゆえ利用の際にはSIMフリー端末を購入するか、手元の端末をSIMロック解除しておく必要があり、一定の知識が求められる点に注意が必要でしょう。

もう1つ、SoftBank on LINEで気になるのが国際ローミングの扱いです。

ahamoは発表当初より、82の国や地域で国際ローミングが利用できることを打ち出していましたが、SoftBank on LINEは発表時点で、国際ローミングの扱いが未定となっています。

コロナ禍の現状ではそれほど意識することはないでしょうが、今後海外への渡航が再び自由にできるようになれば国際ローミングのニーズが高まるだけに、その扱いが気になる所です。

ちなみにSoftBank on LINEは実は名称自体がまだ発表されていません

ここまで便宜上SoftBank on LINEという名称を用いて説明してきましたが、これはあくまでブランドコンセプト名に過ぎず、正式なブランドやプランの名称はまだ明らかになっていないんですね。

2021年3月のサービス開始までに正式名称は明らかになると考えられますが、SoftBank on LINE正式な名称ではないことは覚えておいてください。

ソフトバンク傘下となるLINEとの連携

しかもLINEは、ヤフーを有するZホールディングスと2021年3月に経営統合し、実質的にソフトバンク傘下となる予定です。

そうしたことからSoftBank on LINEは、LINEのデータ通信がカウントされないというだけでなく、今後LINEが提供するさまざまなサービスと連携がなされ、より便利でお得に利用できるかもしれません。

LINEを頻繁に利用している人なら乗り換えを検討してみる価値があるのではないかと思われます。

まとめと、大手三社5Gの比較

<docomo>
新プラン名/ahamo(アハモ)
月額/2980円(税込価格は3278円)
利用開始日/2021年3月より
データ量/20GB 手続き・サポート/オンラインのみ、専用チャットで窓口相談
故障対応/オンライン修理受付サービス
データ追加/500円(1GB) 4G・5Gネットワーク利用が可能

ahamoのメリット

・国内通話は1回あたり5分以内の場合は、何度でもかけ放題
・海外82の国と地域で、追加料金なしに利用できる
・iPhoneでも利用できる(詳しい機種は未発表)
・キャリア内で変更する場合は、MNP手続きが必要なし

ahamoのデメリット

・海外での利用日数が15日を超えると、通信速度が制限される
・通話が5分を超えると、30秒ごとに20円の通話料金が別途かかる
・みんなドコモ割やドコモ光セットの割引併用ができない
・キャリアメールに非対応

<SoftBank>

新プラン名/SoftBank on LINE
月額/2980円(税込価格は3278円)
利用開始日/2021年3月より
データ量/20GB+LINEのデータは使い放題
手続き・サポート/LINEまたはオンライン
データ追加/500円(1GB) 4G・5Gネットワーク利用が可能

SoftBank on LINEのメリット
・LINEは20GBのデータ容量に含まれず、使い放題
・申し込みやサポートがLINE上で簡単に行うことができる
・国内通話は1回あたり5分以内の場合は、何度でもかけ放題
・アメリカ本土やアラスカ、ハワイなどで通話やSMS、データ通信が利用し放題になる「アメリカ放題」が利用できる(一部機種以外)

SoftBank on LINEのデメリット

・通話が5分を超えると、30秒ごとに20円の通話料金が別途かかる
・LINEを利用していないと、あまりメリットがない
・SoftBankかワイモバイルから乗り換える場合も、MNP転出手続きが必要になる。
ただし、手数料は無料 ・家族割、セット割が利用できない
・キャリアメールに非対応

au「povo」

新プラン名/povo(ポヴォ)
月額/2480円(税込価格は2728円)
利用開始日/2021年3月より
データ量/20GB
手続き・サポート/オンラインのみ
データ追加/500円(1GB) 4G・5Gネットワーク利用が可能

povoのメリット
・基本料金が3社の中で一番安く、自分が必要なプランをカスタマイズできる
・普段、あまり通話をしない人や、LINEの音声通話で事足りる人は安く済む
・アプリを使って、トッピングメニュー(かけ放題プランなどの追加)を簡単に
オンオフできる
・1回200円で24時間データ使い放題をプラスすることができる
・auまたはUQモバイルから乗り換える場合もMNP転出手続きが必要になる
可能性がある。
ただし、手数料は無料。

povoのデメリット
・通話のかけ放題プランがついていないので、国内通話は30秒ごとに20円かかる
・家族割・au光回線割が使えない
・キャリアメールに非対応

乗り換える方は良く考えて、自分にとって何が最適なのか見極めることをお勧めいたします。

新しい情報が入り次第、また更新させていただきます!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました