トレンドブログ

【Instagram】「年齢を入力」が強制的に表示される理由は?対策はあるの?

Instagramアプリを起動すると、強制的に年齢の入力画面が開いてしまい、

年齢や生年月日を入力しないとアプリが開けない

こんな状態になってしまう問題が、一部のユーザーの間で発生しているようです。

これには理由があるのか?

そして対策はあるのか?

現状 → Instagramに年齢入力が表示される

Instagramアプリを起動した際に、強制的に「年齢を入力」という次の画面が表示されているんです。

年齢を入力

Instagramを引き続き利用するには、年齢を入力する必要があります。このアカウントがビジネス用やペット用であっても、あなたの年齢を入力してください。

この情報は、コミュニティで若い世代の人たちの安全を守るために役立ちます。年齢の情報は、広告の表示など利用者に合ったサービスの提供にも使われます。この情報は公開プロフィールでは表示されません。

[年齢]
[送信]
[代わりに生年月日を入力]

Enter your age

Before you can continue using Instagram, you need to provide your age, even if this account is for something like a business or pet.

This helps us protect younger people in our community. We'll also use your age to help personalize your experience, including ads. It won't be part of your public profile.

[]
[Submit]
[Enter birthday instead]

ここで、画面左上の「<(戻る)」ボタンをタップしても、
生年月日入力に切り替わるだけで、元の画面に戻ることができない…。

また、アプリを再起動しても、また生年月日の画面が表示されてしまい、
やはりタイムラインの画面等を開くことも出来ない…。

年齢確認の強制化が進んでいる?

この挙動に関しては、

「年齢の入力の表示が止まらなくなった不具合」

というような「不具合」ではなく、

年齢確認の強制化が順次展開されているものと思われます。

以前よりInstagramは新規アカウント作成時の生年月日入力必須化などを進めているそうで、

ここ最近は、既存アカウントの一部に対し、年齢確認(生年月日入力)の強制を実施しているようなのです。

年齢の入力をしない状態でホーム画面が開ける場合があり、開けたとしても「フィードをリフレッシュできませんでした」というエラーになってしまうのですが、その状態でブラウザ版Instagramから年齢を入力するとエラーが解除され閲覧可能になった、との報告もあり、その挙動からも、年齢未確認の場合の利用を制限している、という、年齢入力を強制する挙動があるものと思われます。

対策について

年齢(または生年月日)を入力し、利用を再開する、という方法をまずは検討してみてください。

その際、なぜ年齢入力をInstagramが重要視しているのか、などについては公式ページを参照してみてください:

13歳未満がInstagramのアカウントを開設することを防ぎ、若い世代の安全を確保するとともに、利用者の年齢により適した体験を提供したいと考えています。

引用元

スポンサードリンク

-トレンドブログ