はっぱち雑記ブログ

マイナカード保険証の問題点がひどい。認知症の家族がいる場合の現状とは?

マイナカードとマイナ保険証の普及は、多くの国民にとって便利な制度として推進されています。

しかし、寝たきりで認知症を抱える家族を持つ人々にとって、この制度は大きな壁となっていませんか?

この記事では、そんなご家族の声を代弁し、制度の柔軟性と包括性についてシンプルにまとめてみました。

マイナカードの現実問題 対面申請の難しさ

寝たきりで認知症のある家族がいると、マイナカードの申請は一筋縄ではいきません。

証明写真を撮ることさえ困難で、対面での申請はほぼ不可能に近いのが現状です。

このような状況では、制度の柔軟性が問われます。

家族の代理申請にも厳格なルールがあり、委任状が必要とされますが、寝たきりの方が委任状を書くことはできません。

このような現実を前に、多くの家族が途方に暮れています。

高齢者とデジタル社会 誰もが利用できる制度を

デジタル社会の進展は、多くの便利さをもたらしていますが、高齢者や障害を持つ人々にとっては、その恩恵を受けることが難しい場合があります。

特に、認知症や寝たきりの高齢者がデジタル化の波に取り残されている現状があります。

制度はすべての国民が利用できるように設計されるべきですが、現状ではその理想には程遠いようです。

成年後見制度の課題 家族の負担を考える

成年後見人を立てる提案は、表面的には解決策のように見えますが、実際には多くの家族にとって大きな負担となります。

家庭裁判所が任命する弁護士には報酬を支払い続ける必要があり、金銭的な余裕がない家族にとっては現実的な選択肢ではありません。

このような制度の設計は、家族の負担を軽減する方向で見直されるべきです。

家族の負担 制度の壁に直面する

マイナカードやマイナ保険証の申請は、健康で自立した人にとってはそれほど難しくありません。

しかし、病気や障害を抱える家族がいる場合、このプロセスは大きな負担となります。

家族は既に日々のケアに追われており、さらに制度の壁に直面することは、精神的、金銭的な負担を増大させます。

このような家族の声に耳を傾け、制度の改善が求められています。

制度改善への提案 より柔軟な対応を

制度の改善には、より柔軟な対応が必要です。

例えば、寝たきりの高齢者や認知症のある方の代理申請に際して、現行の厳格なルールを見直し、実情に合わせた対応を検討することが重要です。

また、成年後見人制度の利用に関しても、家族の負担を軽減するための支援策を設けることが望まれます。

すべての国民が公平に制度を利用できるよう、政府には柔軟な思考と迅速な行動が求められています。

すべての国民が公平にサービスを享受できる社会を目指し、制度の改善に向けた議論が進むことを願っています。

その他 マイナカードの現実の課題

日本政府が推進するマイナカードとマイナ保険証の取り組みは、デジタル化の波に乗り遅れないための重要なステップですよね。

マイナカードとマイナ保険証に関する最近の動向を出来るだけシンプルにまとめると‥

①マイナカード取得義務化 現実の課題

マイナカードの取得義務化について、岸田首相は「現段階では難しい」と述べました。

この背景には、マイナカードの普及に向けた複数の課題が存在します。

まず、全国民にカードを配布するための物理的な制約、厳格な本人確認プロセスの実施、そして何よりも国民のプライバシーに対する懸念が挙げられます。

さらに、デジタル化に対する国民の理解と受容度も、普及の鍵を握っています。

これらの課題を乗り越えるためには、政府としてもっと具体的な施策と、国民への周知・教育が必要とされているのではないでしょうか。

②マイナ保険証の利用率が示す現実

2023年12月までにマイナ保険証の利用率は4.3%にまで落ち込みました。

この数字は、マイナ保険証の普及と活用における現実の難しさを如実に示していますね。

利用率の低迷は、やっぱりカードの使い勝手の悪さや、医療機関での受け入れ体制の未整備が原因と考えられます。

政府は医療DXを推進するためにも、これらの問題に対処し、マイナ保険証の利便性向上と医療機関での受け入れ拡大を図る必要があるようです。

③医療DXの推進とマイナ保険証

医療DXは、日本の医療システムをデジタル化し、効率化するための重要な取り組みですよね。

マイナ保険証はこの医療DXの基盤となるものであり、全国どこの医療機関でも通院歴や処置記録が確認できるようにすることで、医療の質の向上と重複する処置の削減を目指しています。

しかし、その実現には、医療機関のシステム更新や医療従事者の研修など、多大な努力と投資が必要です。

政府はこれらの支援を積極的に行い、医療DXの推進を図るべきだと思います。

④デジタル社会への変革と公共の福祉

デジタル社会への変革は、単に技術の進歩だけではなく、公共の福祉の向上にも寄与します。

マイナカードやマイナ保険証の普及は、国民一人ひとりの生活を便利にし、行政サービスの効率化を実現します。

しかし、この変革を実現するためには、国民の理解と協力が不可欠です。

政府は、デジタル化のメリットを国民に分かりやすく伝え、デジタル社会への移行を支援する施策を強化してほしいですよね。

まだまだ課題は山積みです。

一言

なんとかするのは無理なんでしょうか…

Pick up

1

2022年5月3日頃より、一部のInstagramユーザーの間で、アプリを起動すると突然 「生年月日を追加」 という生年月日の入力を強制する画面が表示されるケースが急増しているようです。 この影響で、 ...

2

スマホでGoogle検索を利用しようとした際に、検索キーワードの候補として、 検索履歴ではなく「話題の検索キーワード」が表示される場合がありますよね。 この「話題の検索キーワード」に表示される検索キー ...

3

TikTokの動画再生画面の左下に、 「再投稿」ボタンが表示されるようになった影響で、 間違えてタップしてしまった、というユーザーがいらっしゃるようです。 そしてその後ボタンは、 「再投稿しました」→ ...

4

不在連絡かのような内容のSMS 「お客様が不在の為お荷物を持ち帰りました。こちらにてご確認ください http:// ~」 がまたまた届きました。 このメール、またまた増加しているようです。 ...

5

iOSの最新版である「iOS16」がリリースされたことが話題ですよね。 しかし「ソフトウェア・アップデート」の画面を確認してみると… 同時に「iOS15.7」という、iOS15系の最新版もリリースされ ...

-はっぱち雑記ブログ