野沢雅子さんプロフィールや声優歴!結婚や子供は?演じたキャラ一覧も!

人物系
スポンサーリンク

声優として大活躍している野沢雅子(のざわ・まさこ)さん。

人気アニメ『ドラゴンボール』シリーズの主人公・孫悟空役などで知られ、国内だけでなく海外のファンからも支持されていますよね!

そんな野沢雅子さんの声優歴やプロフィール等、現在の活躍についてご紹介します!

野沢雅子さんプロフィール

仕事の現場:声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も | 毎日新聞

  • 読み方:のざわまさこ
  • 本名:塚田雅子(旧姓:野沢)
  • 生年月日:1936年10月25日
  • 出身地:東京府東京市荒川区日暮里
  • 身長:153cm
  • 血液型:O型
  • 所属事務所:青二プロダクション

※wikipediaより引用

なんと3歳の頃、子役として映画デビューしてたんです!

小学3年生から群馬へ引っ越し、高校まで過ごしています。

中学に入っても芸能活動をされており、学校が休みのときに東京へ出てきて女優の仕事をしていたそうです。

高校卒業後は芝居を学び始めたのですが、この頃から声優の仕事をスタート。

でも劇団の経営を支えるためにやっていただけで、声優メインでやるわけではなかったそうです。

といっても、当時はアニメ声優ではなく、吹き替えの仕事だったそうです。

つまり野沢さんはアニメ声優の先駆けの存在なんですね。

アニメデビューは「鉄腕アトム」のゲスト出演。

初主演は「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎役。

以後、数々のキャラクターを演じ続けています。

3歳の子役時代を含めると、芸歴は約80年ということになります!
すごいですね!

ギネスブック認定されている野沢雅子さん!

ギネス世界記録 特別インタビュー:野沢雅子 | ギネス世界記録
一つのキャラクターを最も長く演じたという記録でギネスに認定!

そのキャラとは…

ご存じドラゴンボール孫悟空です!

これは当然とも言えるかなと個人的に思っています!

声、聴いてて飽きませんもんね~(笑)

野沢雅子さんの若い頃の画像

野沢雅子の若い頃は?美人すぎる画像!健康の秘訣は何? | 野沢雅子 ...

結構かわいらしいですよね!
この画像はおいくつの頃なんでしょうか?
しかしレジェンドですねぇ…。

結婚や子供は?

野沢雅子の旦那と子供(娘)について。年齢や出身などWikiを紹介【画像 ...
結婚時期は不明ですが、同じく
声優の塚田正昭さんが旦那さんなのです。

しかし塚田さんは2014年に75歳で亡くなっています。

子供は娘さんが1人。
由華さんというそうです。

声優歴や演じたキャラクター一覧

野沢雅子 - 膨大なページ数 Wiki*
声優としてのキャリアは50年ほど!

そんなすざましいキャリアゆえにかなりの数ですよ。

テレビアニメ・映画のキャラの
一覧を抜粋します。

1963年
狼少年ケン
鉄腕アトム (アニメ第1作)(有尾人の女王の子供、国際電話局ロボット)

1965年

宇宙少年ソラン(鉄野ナベ子)
宇宙パトロールホッパ(プー)
オバケのQ太郎(TBS版)(大原伸一)
ドルフィン王子(シロ)

1966年

魔法使いサリー(花村トン吉、カン太)
遊星仮面(サップス10号)

1967年

かみなり坊やピッカリ・ビー
冒険ガボテン島(ガボ)

1968年

怪物くん(TBS版)(クローばあや)
巨人の星(野球少年、よね)
ゲゲゲの鬼太郎(第1作)(1968年 – 1969年、鬼太郎)
サイボーグ009(ロック)
佐武と市捕物控(おかみ、お志津)
魔法使いサリー(まんぞう)

1969年

アタックNo.1(崔、飛垣陵子〈2代目〉、川地絹子)
海底少年マリン(ホワイティ)
昆虫物語 みなしごハッチ(ブン吉 他)
タイガーマスク(健太、たこ焼き屋台のおばさん、料理屋「しず江」の女将、上原荘の主婦、バスの中の老婆、良夫、屋台のおかみ、太田 孝、少年)
ハクション大魔王(進)
ひみつのアッコちゃん(第1作)(トン子)
もーれつア太郎(第1作)(神様の弟子、デコ〈デコッ八の妹〉、一松、トド松)
ゼンちゃんツーちゃん(ゼンちゃん)

1970年

いじわるばあさん
いなかっぺ大将(風大左衛門)

1971年

あしたのジョー(桧山牧場の娘ユリ)
アパッチ野球軍(街の子供、大根の母、子供時代の網走)
ゲゲゲの鬼太郎(第2作)(1971年 – 1972年、鬼太郎[32])
正義を愛する者 月光仮面(ポプアン殿下)
珍豪ムチャ兵衛
天才バカボン(B助、不良、虫歯の子供、バカボンの友達 他)
ふしぎなメルモ(ハヤト、出来底の妻)

1972年

樫の木モック(フランコ)
ど根性ガエル(1972年 – 1974年、ひろし)
魔法使いチャッピー(荒井二平)
ムーミン(トニオ)

1973年

科学忍者隊ガッチャマン(1973年 – 1974年、子供、中西誠二)
空手バカ一代(母親、少年時代の飛鳥拳、トシオ)
キューティーハニー(スコーピオンパンサー)
新造人間キャシャーン(キム、マール)
ドラえもん(日本テレビ版)(ドラえもん〈2代目〉、ボタ子)
ドロロンえん魔くん(えん魔くん)
荒野の少年イサム(ロバート)
バビル2世(先生)
冒険コロボックル(オニギリ)
ミクロイドS(美土路学)
ミラクル少女リミットちゃん(トミさん)
山ねずみロッキーチャック(野ねずみダニー)
ワンサくん(幸太、サブロー、トト)

1974年

アルプスの少女ハイジ(オルガン弾きの少年、ヒェル)
エースをねらえ!(大原高校の生徒)
カリメロ(第1作)(ブータ、カリメロの母チェシラ)
ガンとゴン
はじめ人間ギャートルズ
星の子ポロン(ポロン)
魔女っ子メグちゃん(サターン、チャック)

1975年

元祖天才バカボン(ホンダラ医院の看護婦、パパのお母さん、ペットを溺愛する主婦、カチカチ山の魔法使い)
ガンバの冒険(ガンバ)
ゲッターロボG(白骨鬼、地虫鬼)
みつばちマーヤの冒険(ウィリー)
ラ・セーヌの星(ダントン)

1976年

一休さん(ヨキチ)
キャンディ・キャンディ(マクレガーの家のおばあさん)
大空魔竜ガイキング(トム)
タイムボカン(ドウモスカン)
超電磁ロボ コン・バトラーV(ロペット、オレアナ、一木金太、コネクション女医)
てんとう虫の歌(風大左衛門)
ハックルベリィの冒険(ハック)
母をたずねて三千里(ルイジ)
ピコリーノの冒険(ピコリーノ)

1977年

あらいぐまラスカル(ラスカル、グレタ・サンダーランド、ジュディ・ミッチェル)
アローエンブレム グランプリの鷹(逢瀬半五郎、鷹也のおばあさん)
おれは鉄兵(1977年 – 1978年、上杉鉄兵)
ポールのミラクル大作戦(コバー、サンディ)

1978年

一球さん(ヤスタケ)
銀河鉄道999(1978年 – 1981年、星野鉄郎)
女王陛下のプティアンジェ(カーリー)
闘将ダイモス(元太)
ヤッターマン(アララン)

1979年

アニメーション紀行 マルコ・ポーロの冒険(少海、バディ)
科学忍者隊ガッチャマンF(トニー)
サイボーグ009(1979年版)(猛)
トンデモネズミ大活躍(トンデモネズミ)
ドラえもん(テレビ朝日版第1期)(少年)
ベルサイユのばら(吟遊詩人の息子)
ルパン三世 (TV第2シリーズ)(チコ)

1980年

怪物くん(テレビ朝日版)(怪物太郎)
釣りキチ三平(三平三平)
トム・ソーヤーの冒険(トマス・ソーヤー)
のどか森の動物大作戦(ペーター)
坊っちゃん(チビ)
メーテルリンクの青い鳥 チルチルミチルの冒険旅行(ミルクの精)

1981年

うる星やつら(金太郎)
新・ど根性ガエル(1981年 – 1982年、ひろし)
百獣王ゴライオン(錫石宏、妖婆ホネルバ)
まいっちんぐマチコ先生(ケン太)
名犬ジョリィ(フリート)

1982年

逆転イッパツマン(金太郎)
太陽の子エステバン(1982年 – 1983年、エステバン[45])
プロゴルファー猿(猿丸)

1983年

伊賀野カバ丸(松野好、少年時代のカバ丸)
銀河漂流バイファム(ケンツ・ノートン、クレアの母)
ふしぎの国のアリス(ベニー)
魔法の天使クリィミーマミ(立花家に仕える婆や)
魔法のプリンセス ミンキーモモ(天使)

1984年

チックンタックン(エンドレ)
魔法の妖精ペルシャ(ハナタレ)
名探偵ホームズ(マイケル)

1985年

へーい!ブンブー(ブンブー)

1986年

愛少女ポリアンナ物語(パレー・ハリントン)
オズの魔法使い(チップ / オズマ姫)
ドラゴンボール(1986年 – 1989年、孫悟空)

1987年

アニメ80日間世界一周(チコ)
あんみつ姫(梅干丸、つくね)
ウルトラB(ママ)
仮面の忍者 赤影(1987年 – 1988年、青影)
ドテラマン(ソウジ鬼)

1988年

それいけ!アンパンマン(シチューおばさん〈2代目〉、カメラのパチリくん、海賊ロブスター、ほのおくん〈4代目〉、ワンタクロース)
闘将!!拉?男(チャーハン)
ビリ犬(1988年 – 1989年、ビリ犬’)- 2シリーズ

1989年

青いブリンク(四季カケル)
昆虫物語 みなしごハッチ(リメイク版)(クマゴロー 他)
ダッシュ!四駆郎(日ノ丸四駆郎)
ドラゴンボールZ(1989年 – 1996年、孫悟空、孫悟飯、バーダック、孫悟天、ゴテンクス、ベジット、オバケ)

1990年

からくり剣豪伝ムサシロード(ムサシ)
ジャングル大帝(新)(ギボ)
ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦?フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父(バーダック、孫悟空)
まじかる☆タルるートくん(やまびこ太郎)

1991年

おばけのホーリー(マジョババ、カクゾー)
ちいさなおばけアッチ・コッチ・ソッチ(おばあさん)
炎の闘球児 ドッジ弾平(小仏珍念)

1992年

おやゆび姫物語

1993年

ドラゴンボールZ 絶望への反抗!!残された超戦士・悟飯とトランクス(孫悟飯)

1994年

サイキンポンタ(ポンタ)
モンタナ・ジョーンズ(オレッタ、ニコル)

1996年

ドラゴンボールGT(1996年 – 1997年、孫悟空、孫悟飯、孫悟天、孫悟空Jr)

1997年

ドクタースランプ(孫悟空)
モジャ公(バァビィー〈ピテカンの祖母〉)

1998年

アリスSOS(悪魔の親分)
銀河漂流バイファム13(ケンツ・ノートン)
突撃!パッパラ隊(水島明子、サンチョス、X-ハト)
ヨシモトムチッ子物語(ムチッ子マシーン)

1999年

デュアル!ぱられルンルン物語(南條院麗香)

2000年

金田一少年の事件簿(坤田友代)
とっとこハム太郎(おハムばあさん、ロコちゃんのおばあちゃん)
モンスターファーム?伝説への道?(ロゼッタ)
ラブひな(2000年 – 2001年、浦島ひな)- 1シリーズ + 特別編2本

2001年

探偵少年カゲマン(フクオ)
だいすき!ぶぶチャチャ(家カリ)
デジモンテイマーズ(ギルモン / グラウモン / メガログラウモン / デュークモン / デュークモン・クリムゾンモード、ナレーション)
パラッパラッパー(シスターコーン)
名探偵コナン(2001年 – 2012年、千間降代、若松芹香)
ONE PIECE(Dr.くれは)

2002年

王ドロボウJING(ママ・スタウト)
爆闘宣言ダイガンダー(キャシー)
ロックマンエグゼ(テスラ〈エレキテルママ〉)
わがまま☆フェアリー ミルモでポン!(キンタ)

2003年

アストロボーイ・鉄腕アトム(原始人の少年)
京極夏彦 巷説百物語(白庵、黒庵)
魔法遣いに大切なこと(榎本むつ子)

2004年

かいけつゾロリ(恐竜のママ)
探偵学園Q(老婆)
ふたりはプリキュア(2004年 – 2006年、雪城さなえ)- 2シリーズ
マシュマロ通信(プラム)

2005年

アークエとガッチンポーてんこもり(クリン)
ツバサ・クロニクル(怪魚)
DIGITAL MONSTER X-evolution(デュークモン)
ポケットモンスター アドバンスジェネレーション(マサムネ)
雪の女王(おばあさん)

2006年

きらりん☆レボリューション(きらりの祖母)
結界師(花乃小路夢子)
ぜんまいざむらい(だんごやおばば)
NARUTO -ナルト-(老婆)
まじめにふまじめ かいけつゾロリ(イシシ〈代役〉)
ラブゲッCHU ミラクル声優白書(武宮美津子先生)
ロックマンエグゼBEAST+(エレキテルママ)

2007年

デジモンセイバーズ(デュークモン)
天保異聞 妖奇士(土方歳三)
はたらキッズ マイハム組(ガウディ)

2008年

墓場鬼太郎(鬼太郎)
戦争童話 キクちゃんとオオカミ(オオカミ)
もっけ(猫又)

2009年

クロスゲーム(ノモ、ドアーズのメンバー、朝見とき枝、お婆さんに間違われたおじいさん、滝川あかねの生まれ育った町に住むおばちゃん)
しゅごキャラ!!どきっ(丸山春樹)
ドラゴンボール改(2009年 – 2015年、孫悟空、孫悟飯、バーダック、孫悟天)- 2シリーズ
マリー&ガリー(2009年 – 2010年、キュリー夫人)- 2シリーズ

2010年

夢色パティシエール(フランス理事長)

2011年

ケロロ軍曹(オララ)
Dororonえん魔くん メラめら(えん魔の父)
日常(第10話予告ナレーション:エリマキトカゲ)
47都道府犬(東京兎)
ルパン三世 血の刻印永遠のMermaid(藤堂昌江)

2012年

探検ドリランド(ボニー)

2013年

トリコ×ONE PIECE×ドラゴンボールZ 超コラボスペシャル!!(孫悟空、孫悟飯、孫悟天)

2014年

ドラゴンボールZ 神と神 特別版(孫悟空)
パックワールド(ダグ)
ピンポン THE ANIMATION(オババ)

2015年

それが声優!(本人 / 野沢雅子)
ドラゴンボール超(2015年 – 2018年、孫悟空、孫悟飯、孫悟天、ゴクウブラック)

2016年

ナースウィッチ小麦ちゃんR(飛び出し怪人)

2017年

神撃のバハムート VIRGIN SOUL(竜族族長)

2018年

オーバーロードII(リグリット・ベルスー・カウラウ)
ゲゲゲの鬼太郎(第6作)(目玉おやじ)
鬼灯の冷徹(マジカル・マリン)
深夜!天才バカボン(野沢雅子)
邪神ちゃんドロップキック(アーサーバーシバル)

最後に

野沢雅子の経歴!家族と旦那や子供は?年収やギャラも調べた ...
演じたキャラクター一覧…なにか忘れていないか不安です(笑)

しかし本当に声優界のスーパースターです!

もっともっと活躍し続けとほしいものですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました