はっぱち雑記ブログ

【新型ハイラックス チャンプ】いつ日本で販売される?海外の反応は?

トヨタの最新ピックアップトラック、新型ハイラックス チャンプがついに登場しました!

2024年1月にタイでの発売が開始されるこの革新的な車両は、すでに自動車業界や消費者の間で大きな話題を呼んでいますよね!

しかし、日本の自動車ファンたちは一つの大きな疑問を抱えています。

「いつ日本でこの新型ハイラックス チャンプを手に入れることができるのか?」

この記事では、新型ハイラックス チャンプの特徴と、日本市場での販売に関する最新情報を解説します。

いつ日本で販売される?

ヤフーの記事によると、新型「ハイラックス チャンプ」は、2024年1月にタイで発売されることが予定されていますが、日本での販売に関する具体的な情報や発売日は明記されていません。

トヨタ関係者は日本での導入について意欲を示しているものの、現時点で日本市場での発売日や計画に関する詳細は公開されていないようですね。

最新の情報については、トヨタの公式発表やニュースをチェックするしかありませんね…(;^_^A

新型ハイラックス チャンプの魅力とは?

  1. 革新的なデザイン
    新型ハイラックス チャンプは、モダンで洗練されたデザインを採用。
    その外観は、力強さと洗練さを兼ね備え、都市部からオフロードまで幅広い環境に適応しそうですね。
  2. 多様なボディタイプ
    ショート仕様とロング仕様の選択肢があり、用途に応じて最適なモデルを選ぶことができるようです。
    これにより、ビジネス用途からレジャーまで、さまざまなニーズに対応。
  3. パワフルなパフォーマンス
    新型ハイラックス チャンプは、2リッターと2.7リッターのガソリンエンジン、2.4リッターのディーゼルエンジンを搭載し、力強い走行性能を提供。
    また、6速ATと5速MTの選択肢もあり、運転の楽しさアップ!
  4. カスタマイズの自由度
    タイでは架装文化が定着しており、複数のビルダーによるカスタムオプションが提供されている模様。
    これにより、個々のユーザーの好みや用途に合わせたカスタマイズが可能だそうです。。
  5. 手が届きやすい価格
    タイでの価格は約190万円から!
    比較的手が届きやすい価格設定ですよね!
    これにより、多くの消費者が新型ハイラックス チャンプを手に入れることができるんではないでしょうか。
  6. 将来の日本市場への期待
    トヨタ関係者は日本での導入に意欲を示しており、日本市場での販売が期待されています。
    日本の消費者にとって、新型ハイラックス チャンプの登場は、新しい選択肢となる可能性があります。

新型「ハイラックス チャンプ」のボディサイズ

  1. ショート仕様:
    • 全長: 4970mm
    • 全幅: 1785mm
    • 全高: 1735mm
    • ホイールベース: 2750mm
  2. ロング仕様:
    • 全長: 5300mm
    • 全幅: 1785mm
    • 全高: 1735mm
    • ホイールベース: 3085mm

これらのサイズは、新型ハイラックス チャンプの異なるボディタイプを反映。

用途に応じた選択肢があるんですね。

ショート仕様はよりコンパクトな設計で、ロング仕様はより広いスペースと長いホイールベースを提供しています。

新型ハイラックス チャンプのエンジンの種類

新型ハイラックス チャンプは、複数のエンジンオプションを提供。

これには以下の種類が含まれます。

2リッターガソリンエンジン
このエンジンは、日常の運転に適したバランスの取れたエンジン。
都市部での運転や短距離移動に最適です。

2.7リッターガソリンエンジン
より大きな排気量で、高いパワーとトルクのエンジン。
重い荷物を運ぶ際や、より力強い走行が求められる状況に適しています。

2.4リッターディーゼルエンジン
ディーゼルエンジンは、優れた燃費性能と長距離のドライブに適したバージョン。
特に、オフロードや重い荷物を頻繁に運ぶ場合に適しています。

新型ハイラックス チャンプの燃費性能は、エンジンの種類や運転条件によって異なります。

一般的に、ディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べて燃費が良い傾向にありますが、具体的な数値はメーカーからの公式発表を待ち、更新いたします!

海外の反応は?

先日タイで受注が始まった「トヨタハイラックスチャンプ」。

対する海外の反応です!

もしこれがアメリカに来たとしたら、ディーラーに入荷した時点で25,000ドルの値札が貼られるんだろうな。

これは一般企業が何十年も必要としていたクルマだ。もう少し小さいサイズにして、この3種類のエンジンにハイブリッドが加わるともっといい。特に農家や牧場主は、きっとこのトラックを気に入るはずだ。

これは絶対欲しい!シンプルでプレーンだけど、このクルマに施すことができるカスタムが気に入った!これは愛されるクルマになるだろうな。

トヨタはアメリカ以外でこういうトラックを長年販売してきた。ライトエースってやつだ。あれも平ボディだけでなくアルミバンみたいなのもあったよね。
寒冷地でも信頼性が高く、DPF(ディーゼルの排気に含まれる粒子状物質を捕集するフィルター)が詰まらないのであれば、ぜひともアメリカに導入してもらいたい。特にディーゼルモデルが気になるね。
 ↑EPA(アメリカ環境保護庁)は、アメリカのディーゼル車を台無しにしてしまった。
 ↑アメリカの規制は非常に厳しい。だからトヨタはうんざりしてディーゼルを持ってこないんだろうな。

とても気に入ったし欲しいけど、社会保障障害年金を受給している身だから無理だな。かつてはFJクルーザーやハイランダー(クルーガーの後継となるFFベースのミドルクラスSUV)などの、トヨタ製の素晴らしいクルマに乗ってたんだ。だからこのトラックを実際に見るのが待ちきれないよ。ありがとうトヨタ!

素晴らしい反応ですね!

これは待ちきれませんね~

まあ、僕には手が出ませんが(笑)
いつかこんなカッコいいの乗ってみたいなぁ‥

Pick up

1

2022年5月3日頃より、一部のInstagramユーザーの間で、アプリを起動すると突然 「生年月日を追加」 という生年月日の入力を強制する画面が表示されるケースが急増しているようです。 この影響で、 ...

2

スマホでGoogle検索を利用しようとした際に、検索キーワードの候補として、 検索履歴ではなく「話題の検索キーワード」が表示される場合がありますよね。 この「話題の検索キーワード」に表示される検索キー ...

3

TikTokの動画再生画面の左下に、 「再投稿」ボタンが表示されるようになった影響で、 間違えてタップしてしまった、というユーザーがいらっしゃるようです。 そしてその後ボタンは、 「再投稿しました」→ ...

4

不在連絡かのような内容のSMS 「お客様が不在の為お荷物を持ち帰りました。こちらにてご確認ください http:// ~」 がまたまた届きました。 このメール、またまた増加しているようです。 ...

5

iOSの最新版である「iOS16」がリリースされたことが話題ですよね。 しかし「ソフトウェア・アップデート」の画面を確認してみると… 同時に「iOS15.7」という、iOS15系の最新版もリリースされ ...

-はっぱち雑記ブログ