はっぱち雑記ブログ

【ロービーム検査2024】とは?車検に通すための対策をまとめました。

2024年8月から、新たにロービーム検査が車検の中に導入されます。

これまでの車検では主にハイビームの機能を重視していましたが、今後はロービームの性能も厳しくチェックされることになります。

この変更に伴い、多くのドライバーがどのように対応すべきか、不安を感じているかもしれません。

そこで、この記事ではロービーム検査をクリアするための具体的な対策をまとめてみました。

なぜロービームは車検に通らないのか?

ロービームが車検に通らない主な理由は、ヘッドライトの劣化や設定不良により、光量が基準値に達していない、または光軸が正しく設定されていないためです。

特に古いヘッドライトでは、レンズの黄ばみや曇り、内部の反射板の汚れや劣化が進んでいることがあります。

これにより、ロービームの光が十分に前方を照らすことができず、車検基準を満たさない場合があります。

車検に通すための対策

ヘッドライトの点検と清掃

  • ヘッドライトの透明性
    ヘッドライトカバーが黄ばんでいたり、くすんでいる場合、光の透過率が低下します。
    市販のヘッドライトリフレッシュキットを使用してカバーを磨き、透明度を高めましょう。
  • 内部のチェック
    ヘッドライト内部の反射板が汚れている場合や、破損している場合は、光が正しく反射しないことがあります。
    必要に応じて清掃または部品の交換を行います。

電球の性能向上

  • 電球の交換
    古くなった電球は明るさが低下するため、新しいものに交換しましょう。
    特に、車検対応の明るさを確保できる電球を選ぶことが重要です。
  • 高性能電球へのアップグレード
    ハイパーハロゲンなど、より明るい光を提供する電球に交換することも一つの手です。

配線と電気系統のチェック

  • 配線の点検
    電球への電力供給に問題がないか、配線やコネクタの腐食や断線がないかをチェックします。
    必要があれば、配線の修復やコネクタの清掃、交換を行います。

LEDへの交換

  • LEDへのアップグレード
    LED電球は長寿命で、光の効率も良いため、車検基準を満たすための選択肢として適しています。
    ただし、適合するLED製品を選ぶことが重要。

ヘッドライトの車検でロービームになるのは何年式から?

ヘッドライトの車検でロービームの検査が基本となるのは、1998年(平成10年)9月1日以降に生産された車からです。

これは、自動車の台数増加に伴い、ロービームを使用する時間が長くなっている実状を反映しています。

光軸車検は2024年からどうなる?

2024年から、光軸の車検検査もより詳細に行われるようになります。

特に、ロービームの光軸が正確でないと、他のドライバーの視界を妨げる可能性があり、安全上の問題となるため、その検査基準が強化されます。

正しい光軸の設定は、夜間の運転安全性を確保する上で非常に重要です。

まとめ

新たに導入されるロービーム検査に備えて、ヘッドライトシステム全体のメンテナンスとアップグレードを行うことが重要。

具体的には、ヘッドライトのカバーを清掃することで透明性を高め、古い電球を新しく効果的なものに交換し、必要に応じてLEDにアップグレードすることがお勧めされます。

また、配線のチェックと修復も忘れずに!

これらのステップにより、ロービームの性能を向上させ、車検にスムーズに合格することができると思われますよ!

Pick up

1

2022年5月3日頃より、一部のInstagramユーザーの間で、アプリを起動すると突然 「生年月日を追加」 という生年月日の入力を強制する画面が表示されるケースが急増しているようです。 この影響で、 ...

2

スマホでGoogle検索を利用しようとした際に、検索キーワードの候補として、 検索履歴ではなく「話題の検索キーワード」が表示される場合がありますよね。 この「話題の検索キーワード」に表示される検索キー ...

3

TikTokの動画再生画面の左下に、 「再投稿」ボタンが表示されるようになった影響で、 間違えてタップしてしまった、というユーザーがいらっしゃるようです。 そしてその後ボタンは、 「再投稿しました」→ ...

4

目の保養に!AI画像【ブラジャースタイル】ビキニ姿の美女① 目の保養に!AI画像【ブラジャースタイル】ビキニ姿の美女② 目の保養に!AI画像【ブラジャースタイル】ビキニ姿の美女③ 目の保養に!AI画像 ...

5

iOSの最新版である「iOS16」がリリースされたことが話題ですよね。 しかし「ソフトウェア・アップデート」の画面を確認してみると… 同時に「iOS15.7」という、iOS15系の最新版もリリースされ ...

-はっぱち雑記ブログ