英語ビジネス電話の基礎

英語でビジネス電話の対応「お礼・感想を述べる場合」の基礎フレーズ⑯

取り上げた受話器から、いきなり "Hello!"

「危なっかしい英語」で対応せざるをえないのはもうイヤだ!
という方へお届けいたします。

相手がどういった用件で電話をかけてきたのか、どういった返答を求めているのかを正しく理解して対応したいものですよね。

英語で電話がかかってきたとき、必要かつ十分に対応するための基本的なフレーズから、海外にかけるときに必要なフレーズ、

「約束をとりつける」

「ファックスや郵便物の着信確認する」


「仕事の進捗状況を尋ねる」

といった場面別に必要なフレーズまで、ビジネスシーンでありがちな電話対応をひととおり英語でこなせるだけの力が身につく内容をまとめてあります。

何度も何度も練習していけば必ず自分のものにできるはずです!

今回は「お礼・感想を述べる場合」を見て行きましょう!

①お礼を述べる

●ご助力に感謝します。
 本日はお時間を割いてお話しをしていただきありがとうございました。

I appreciate your assistance.
Thank you for taking the time to speak with me today.

ひかり電話オフィスA(エース)|法人向けIP電話|法人のお客 ...

◆ご助力に感謝します。

・I appreciate your assistance.

・Thank you for your efforts.

・Thank you for your help.

 

◆本日はお時間を割いてお話ししてきただきありがとうございました。

・Thank you for speaking with me today.

・Thank you for talking to me today.

・Thank you for taking the time to speak with me today.

・I appreciate your call.

一番下のフレーズはかかってきた電話に対してのみ言うことができます。
あとの3フレーズはこちらからかけたときに言うのが一般的です。

電話応対の基本マナー!かけ方・受け方と基本の会話例まで紹介 ...

◆お忙しい中お時間を割いてお会いしてきただきありがとうございました。

・Thank you for taking the time to meet me, I realize you have a  busy schedule.

take the time は「時間をとる」という意味です。

 

◆ご足労いただきありがとうございました。

・Thank you for visiting us.

 

◆質問にお答えいただきありがとうございました。

・Thank you for answering my question.

・Thanks for giving me an answer.

・Thanks for your answer on that.

②感想を述べる

●貴重な経験でした。
 たいへん勉強になりました。

It was a worthwhile opportunity.
I really benefited from it.

クラウド型ビジネスフォンサービスのパイオニア | BIZTEL ...

◆貴重な経験でした。

・It was a worthwhile opportunity.

・It was an invaluable experience.

・It was a meaningful experience.

 

◆たいへん勉強になりました。

・I found it very educational.

・I really benefited from it.

・I learned a lot from it.

 

◆訪問していただけるのを楽しみにしておりました。

・I was looking forward to your visit.

・I was looking forward to seeing you.

・I really wanted you to come.

 

◆お会いできてよかったです。

・I'm pleased we could meet.

・I'm glad we got together.

・I'm happy we met.

これらの感想は電話の最初や最後に伝えるのがベストです。

 

◆たいへん楽しかったです。

・I really enjoyed myself.

・I had a really good time.

・It was a good time.

 

③注意したい欧米のビジネスマナー

ビジネスでの電話とメールの4つの使い分け方!電話は嫌われる ...

I'm sorry. と言うとき、言わないとき

日本人が折に触れ「すみません」と連発しがちなのと同様に、欧米人は I'm sorry. という言葉を、他人に方が触れたとき、人を待たせたときなどに軽い謝りの言葉として多用します。

ただこの言葉、ひとたび重大な責任がかかる場面にたつと、欧米人は安易に口にしません。

何か問題が起きたとき謝罪を意味する言葉を言うことは、問題にに対する非を認めて、
責任を自分が負いますと伝えていることになってしまうからです。

訴訟王国と呼ばれるアメリカなどでは裁判が起きたとき証拠をもされてしまうので注意が必要です。

スポンサードリンク

-英語ビジネス電話の基礎