受動態の疑問文・否定文を詳しく解説!初心者にもわかりやすい英文法の基礎⑮

英文法の基礎
スポンサーリンク

15. 受動態の文

受動態の文にできるのは、目的語 (動作の対象) を含む文です。

これまでは主として「S+V+O」の文型の受動態について考えてきましたが、「S+V+O+O」「S+V+O+C」の文型も目的語を含んでいるので、受動態にできます。

ここでは、受動態の否定文・疑問文とあわせて、各種の文型の受動態について学ぶ
ことにしましょう。

スポンサーリンク

① 受動態の否定文・疑問文

アメリカの大学留学に必要な英語力を解説!おすすめの勉強法も|留学 ...

受動態の否定文は「 be動詞 + not + 過去分詞 」、疑問文は
「 be動詞 + 主語 + 過去分詞 ~ ?」の形になる。

進行形の否定文・疑問文と同じように、否定文・疑問文に do〔does, did〕は用いない
ことに注意しよう。

否定文
「~されない」
The car wasn’t washed by Bill.
                  be動詞+not+過去分詞
(その車はビルによって洗われなかった)
疑問文
「~されますか」
Was the car washed by Bill?
  be動詞+主語+過去分詞
(その車はビルによって洗われましたか)
What was done by Bill?
疑問詞+be動詞+過去分詞
←What did Bill do?     〔whatが目的語〕

疑問詞は主語の場合は次のようになる。

Who wrote this letter?               〔whoが主語〕
Who was this letter written by?
=By whom was this letter written?

(この手紙は誰によって書かれましたか)                (だれによって~されますか)


<NOTE>

命令文を受動態にかえるには Let を用いる。
「Let + 目的語 + be + 過去分詞~.」の形になる。

ただし、口語ではほとんど用いません。

Open the window.
Let the window be opened  (窓をあけよ)

② 文型と受動態

5文型のうち目的語を含む「S+V+O」「S+V+O+O」「S+V+O+C」だけが受動態の文に転換できる。

「S+V+O+O」の文型には二つの目的語があり、原則として2通りの受動態にできる

S+V+O
(能動態)
→S+V
(受動態)
Mrs. Smith opened the door.           (スミス夫人がドアをあけた)
               S              V                    O
→ The door  was opened  by Mrs. Smith.
S        V         修飾語句
S+V+O+O
(能動態)
→S+V+O
(受動態)
Ken  will give  you an apple.          (ケンは君にリンゴをあげるだろう)
 S      V        IO       DO
→ You  will be given an apple  by Ken.
S      V         O    修飾語句
→ An apple  will be given (to) you  by Ken.
       S       V         O   修飾語句
S+V+O+C
(能動態)
→S+V+C
(受動態)
We call Chaplin King of Comedy.
  S      V           O            C
(私たちはチャップリンを喜劇王とよぶ)
→  Chaplin  is called  King of Comedy.
 S                 V               C

 

<NOTE>
「S+V+O+O」の受動態については、次の点に注意。

(a) 関節目的語(IO)が動詞のあとに残る時は、to をつけることがある

Jim told us a story.  (ジムは私たちに物語を話してくれた)
→ A story was told to us by Jim. 〔toは省略できる〕

(b) 必ず2通りの受動態にできるとは限らない。関節目的語(IO)を主語にすると不自然な
文になるものもある。

My mother wrote me a letter.
(母が私に手紙を書いてよこした)
→ 〇 A letter was written (to) me by my mother.
→ × I was written a letter by my mother. 〔不自然な文〕


They say that…
. (だそうだ) など目的語が節である受動態に注意。

They say that the Japanese are a hard-working people.

It is said that
the Japanese are a hard-working people.
The Japanese are said to be a hard-working people.
(日本人は勤勉な民族だと言われている)

③ 注意すべき受動態

大学における勉強法の基本まとめ - STUDY HACKER|これからの学びを ...

be動詞+過去分詞+前置詞など 群動詞を一つの他動詞として扱い、受動態にできる。
The boys laughed at Ted.  (その少年たちはテッドをあざ笑った)
→Ted was laughed at by the boys.   〔at をつける〕

Jane took care of the child.  (ジェーンはその子供の世話をした)
→The child was taken care of  by Jane.  〔care of をつける〕

be動詞+過去分詞+to不定詞 受動態の動詞に不定詞のつづく場合。
原形不定詞は to 不定詞にかわることに注意。

We believe him to be a great scholar.
→He is believed to be a great scholar.
(彼は偉大な学者だと信じられている)

We often heard him sing.  〔原形不定詞→to不定詞〕
→He was often heard to sing.  (彼が歌うのがよく聞こえた)

My father made me go there alone.
→I was made to go there alone by my father.
(私は父によってそこへ一人で行かされた)


ポイント

●各種の文型の受動態に注意しよう。
S+V+O+O    → S+be動詞+過去分詞+O+by~
S+V+O+C        → S+be動詞+過去分詞+C+by~
動詞+前置詞など → be動詞+過去分詞+前置詞など

コメント

タイトルとURLをコピーしました