英文法の基礎

修飾語句・形容詞・数詞の使い方!初心者にもわかりやすい英文法の基礎④

4. 修飾語句

1.形容詞・数詞    … 名詞・代名詞を修飾する語
2.形容詞句・形容詞節 … 形容詞に相当する語句
3.副詞        … 動詞・形容詞やほかの副詞を修飾する語
4.副詞句・副詞節   … 副詞に相当する語句

英文の骨組みはS・V・O・Cの四つの要素から出来上がっていますが、各要素にはふつういろいろな修飾語句がつきます。

修飾語句になるのは、おもに形容詞・副詞であり、これらも英文の意味を理解するためには欠かせません。

修飾語句の形や位置なのについて学習しましょう。


●形容詞の用法

形容詞は、beautiful(美しい)、many(多くの)などのように、名詞の性質・状態や数量を表すのに用いられる語です。

形容詞には大きく分けて次の二つの用法があります。

1. 名詞につけて、修飾語句(M)として用いる(限定用法)。
This is an interesting book.  (これは面白い本だ)


2.
 「S+V+C」「S+V+O+C」の補語(C)になる(叙述用法)。
This book is interesting.  (この本は面白い)
  S       V                C
I found this book interesting. (この本は読んでみて面白かった)
S     V                 O            C

【英文法の基礎】
1. 主語・述語・英語の8品詞とは?
2. 平叙・否定・感嘆・命令文の作り方とは?
3. 5文型とは?There is ~の使い方
4. 修飾語句・形容詞・数詞の使い方
5. 形容詞句・形容詞節の使い方

6. 副詞の用法・疑問副詞の使い方
7. 副詞句・副詞節の使い方
8. be 動詞、規則・不規則動詞の使い方とは?
9. 現在形・過去形(時制)の使い方
10. 未来形( be going to )、単純 / 意志未来の使い方とは?

11. 未来・現在・過去進行形の使い方
12. 現在完了・現在完了進行形の使い方とは?
13. 過去完了・未来完了とは?
14. 受動態・受動態の時制とは?
15. 受動態の疑問文・否定文を解説

16. 受動態の慣用表現・感情の表し方とは?
17. 不定詞とは?名詞的・形容詞的・副詞的用法を解説
18. 不定詞の重要構文を解説
19. 原形不定詞( to のつかない)とは?
20. 動名詞とは?現在分詞とのちがいを解説

21. 不定詞と動名詞は動詞で選択!
22. 英語の「分詞」の使い方を詳しく解説
23. 分詞構文の意味や使い方とは?
24. 助動詞とは?使い方を詳しく解説
25. 助動詞( need, dare, ought to )などの使い方

26. will, shall, would, should の使い方
27. 名詞・冠詞の使いわけ方
28. 名詞の用法とは?超くわしく解説
29. 冠詞の用法を超くわしく解説
30. 代名詞とは?注意すべき人称代名詞も解説

31. 所有代名詞・再帰代名詞とは?
32. 疑問代名詞・指示代名詞とは?
33. 不定代名詞の使い方を超くわしく解説
34. 比較級・最上級のつくり方
35. as ~ as  ,  not as ~ as の使い方

36. 比較級の用法を超くわしく解説
37. 最上級の使い方・注意点をくわしく解説
38. 編集中…
39. 仮定法とは?仮定法過去・完了をくわしく解説
40. 仮定法の使い方と注意点

41. 前置詞の使い方・働き
42. おもな前置詞の用法をくわしく解説
43. 動詞+前置詞で熟語へ!形容詞+前置詞の使い方
44. 接続詞 and, or, but の使い方
45. 名詞節とは?使い方をくわしく解説

46. 接続詞の働きいろいろ!
47. not, never, no などの否定表現
48. hardly, seldom, rarely などの部分否定表現
49. 否定表現のいろいろな使い方
50. 時制の一致とは?

51. 英会話の直接話法・間接話法のちがい、転換の仕方
52. 語順がかわる英語の特殊構文とは?倒置・強調・省略を解説
53. 無生物主語の使い方

形容詞の位置

英語初心者の勉強法【中学英文法編】おすすめ本の紹介あり | 英語タイムズ

名詞・代名詞を修飾する形容詞は、日本語と同じように、その前におくのが原則です。
しかしいつもそうとは限りません。

日本語とは逆にうしろに置かれることもあります。

形容詞 → 名詞pretty girl (かわいい女の子)
-thing
-body    ←形容詞
-one
I saw something strange in the sky.   (空に何か奇妙なものが見えた)
名詞←形容詞を中心とした語群She had a basket full of apples.
(彼女はリンゴのいっぱい入った籠を持っていた)

※次の語順にも注意。

1.
 「数値・計量を表す名詞+形容詞」の語順
six feet tall (6フィートの身長)、seventeen years old (17歳)


2.
    慣用的な言い方
the sum total (総計) 、 Japan proper (日本本土)


3.
「名詞+名詞」で、最初の名詞が形容詞の働きをする用法があります。
dog house (犬小屋)、 green house (温室)、 cabin crew (飛行機の乗務員)

形容詞の種類と順序

形容詞を二つ以上並べたり、冠詞と形容詞をいっしょに用いるときには、どのような順序で並べたらいいのでしょうか。

名詞の修飾語句には、次のようにいろいろありますが、
ふつう ①→②→③ の順序になります。

① 冠詞
  所有格の代名詞
  形容詞的用法の代名詞
 a, an, the
my, your, his, her など
this, that, some, any など
② 数量形容詞
  数詞
 many, much, few, little など
one, ten, … first, second など
③ 性状形容詞
  固有形容詞
 beautiful, small, old, red, など
Japanese, English, American など

a beautiful flower  (美しい花)     〔 冠詞 + 性状形容詞 + 名詞 〕

these two pretty girls  (これらのかわいい女の子)
〔 形容詞的用法の代名詞 + 数詞 + 性状形容詞 + 名詞〕

③の性状形容詞をいくつも重ねて用いることがあり、その場合の順序も次のようにだいたい決まっています。

   大小   →   形状      →     性質    →     新旧     →       色      →    材料、国語
a
a
a
small
big
tall
roundpretty

 

young

oldredwooden
English
flower
table
artist

●England → English のように固有名詞から派生した形容詞を固有形容詞といいます。
国名を表す固有名詞からつくられた固有形容詞は、そのまま国民・国語名を表すこと
が多いんです。

England  → English   (イギリスの、イギリス人、英語)
France    → French   (フランスの、フランス人、フランス語)
China      → Chinese (中国の、中国人、中国語)
Thailand  →  Thai        (タイの、タイ人、タイ語)

もともと現在分詞や過去分詞であったものが、形容詞化したものがあります。
-ing 形や、-ed形の形容詞です。

an exciting idea.    (興味をそそる考え)
a wounded soldier.   (負傷兵)

限定用法と叙述用法

ガチガチに英文法を勉強する必要はない? 文法学習の重要性とその理由 ...

形容詞には名詞を修飾する用法(限定用法) と、補語になる用法 (叙述用法)とがあります。

しかし次のように、どちらか一方にしか用いられない形容詞もあります。

限定用法にだけ用いる
形容詞
an, only, child (一人っ子),  a mere child(ほんの子供), a wooden box (木製の箱), my elder brother (私の兄)
叙述用法にだけ用いる
形容詞
He is fast asleep. (彼はぐっすり眠っている)
afraid (恐れて), awake (目がさめて) , aware (気づいて), alone (一人で)
content (満足して)

なお、限定・叙述の用法によって意味の異なる形容詞があります。

the late Mr. Smith  (故スミス氏)                 〔限定用法〕
I was late for school. (私は学校に遅れた)              〔叙述用法〕

the present Cabinet  (現在の内閣)                                           〔限定用法〕
The President was present. (大統領が出席していた)                      〔叙述用法〕

<NOTE>
次のような形容詞の特別な用法にも注意。

1. 「the + 形容詞」(~な人々) = 形容詞+people
I think the young (=young people) are happier than the old (=old people).
(若者たちは老人たちよりも幸福だと思う)

2.    「the + 形容詞」(~なもの) =抽象的
She has an eye for the beautiful. (彼女は審美眼がある)

3.    「前置詞+形容詞」の慣用表現 for certain (確かに),  in general (一般に)
in short (要するに),  in full (十分に),  of late (最近)

数量形容詞

性状形容詞に対して、数・量や程度を表す形容詞を数量形容詞といいます。

many と much,  few と little のように、数を表す場合と、量や程度を表す場合とでは、異なった形容詞を用いることに注意です。

名詞の種類「多い」「少ない」「いくらか」その他
数えられる
名詞に
manya few several (数個の)
数えられない
名詞に
mucha little  
いずれにも
用いるもの
a lot of 
plenty of 
 some
any
enough (十分な)

There were not many guests at the party.
(パーティーにはあまりお客がいなかった)

Do you have much money?
(君はたくさんお金をもってますか)

There are a lot of foreigners in London.
(ロンドンには多数の外国人がいる)

I have a few friends in Paris.
(私はパリに2,3人友人がいる)

They have a little rain in California.
(カリフォルニアは雨が少ない)

We have enough time 〔time enough〕 to discuss the matter.
(そのことを討論する十分な時間がある)


<NOTE>

「たくさんの」の意味を表す次のような語句もあります。


〔数えられる名詞に〕
a (large) number of,  a great many,  not a few, quite a few

● There are a large number of students. (多数の生徒がいる)

〔数えられない名詞に〕a great deal of,  a large quantity of,  not a little,
quite a little

● He has a great deal of work. (彼にはかなり仕事がある)

数詞

留学前にすべき勉強法6選】勉強方法や時間、おすすめの本まで一挙ご ...
数詞は数量形容詞の一種ですが、many, fewなどとは違い、特定の数や順序を表します

数詞には大きく分けて次の二つがあります。

基数詞
個数を表す
one (1),  two (2),  three (3), …ten (10), …twenty (20), twenty-one (21), …
〔つづりに注意するもの〕fifteen (15), eighteen (18), forty (40), fifty (50), eighty (80)
序数詞
順序を表す
first (1st), second (2nd), third (3rd), … tenth (10th), twentieth(20),
twenty-first(21st), ninetieth (90)
〔つづりに注意するもの〕fifth (5th), eighth (8th), ninth (9th), twelfth (12th)

序数詞は1,2,3 をのぞき -th で終わります

また、2けた以上の序数詞は最後の語だけ序数詞にします。
fifty-five (55) → fifty-fifth (55th)

学生におすすめのクレジットカードを比較!審査や利用限度額も解説 ...

●次の読み方に注意しましょう。

1. 大きな数:

237,601,918  = two hundred (and) thirty-seven million, six hundred (and) one thousand, nine hundred (and) eighteen    ※and は省くこともある。


2. 年号:
2けた区切りで読む。
1995 = nineteen ninety-five
2003 = two thousand and three または twenty O 〔ou〕three, または twenty                    hundred and three


3. 日付:
序数と基数のどちらでも読む。

June 13 = June (the) thirteenth または June thirteen


4. 電話番号
数字を1字ずつ読む。0はふつう〔ou〕。
920-7512 = nine two O〔ou〕seventy-five  one two
123-3200   =   one two three, three two double O〔ou〕(またはOO)


5. 少数:
小数点を point または decimal と読み、小数点以下は日本語と同じように一つづつ読む。
3.105 = three point〔decimal〕one zero five

6.分数:分子を基数、分母を序数で読む。分子が2以上のときは、分母を複数形にする。
なお、½ は a〔one〕half といい、¼ は a〔one〕quarter ともいいます。

½ = a half            ¼ = a 〔one〕fourth,   a quarter
⅖ = two fifths       10³/7  = ten and three sevenths

●次のような数詞を用いた表現に注意

1. hundreds 〔thousands〕of ~ (何百〔何千〕もの~)
Hundreds of people work in this factory.
(何百人もの人がこの工場で働いている)


2. 
 in one's twenties (20代で),  in nineteen fifties (1950年代に)
この1.2.の場合には、数詞を複数形にすることに注意。ふつうの基数詞では次の
ように複数形にはしません。
  (〇)two hundred     (×) two hundreds


3.
  a + 序数詞 (もう一つ別の)
He saw a plane flying over the hill. He saw a second plane, then, a third.
(彼は丘の上を飛行機が飛んでいるのを見た。彼はもう一機、さらにもう一機の
飛行機を見た)

ふつう序数詞には the をつけるが、上のように a 〔an〕がつくと「もう一つ別の」
(=another) の意味になります。

形容詞の用法と位置に注意!
限定用法 … 「冠詞など + 形容詞 + 名詞」の語順
ただし、「-thing + 形容詞」の順に注意。
叙述用法 …  「S+V+形容詞(C)」
「S+V+O+形容詞(C)」

【ネイティブがよく使う簡単で便利なフレーズシリーズ】一覧

1. あいさつ編
2. いってらっしゃい編
3. 「ええ?!また?!勘弁してよ!」
4. 「最悪!!いい加減にしてよ!」
5. 「むかつく!」「なんてこった!」

6. 「私にまかせて!」や、「あなた次第だよ」
7. 「だんだんわけがわからなくなってきたぜ?」
8. 「なるほど!そういうことね」
9. 「まいった!そうくるとは思わなかったよ」
10. 「ありえん!」

11. 「落ち着いて。冷静に」
12. 「にっちもさっちもいかん!」
13. 「ちゃんと聞いてるよ」「あいつ、口ばっかり!」
14. 「大賛成!」「納得したよ」「あいつ、どっちつかず」
15. 「冗談だよ!」「からかってんだよね?」

16. 「冗談きついぜ!」「やりすぎだよ!」
17. 「おしかったね」
18. 「経験したことあるよ」
19. ‟Don't go there" の本当の意味とは?
20. 「ドキドキする!」

21. ‟Not my cup of tea" の本当の意味とは?
22. 「何を悩んでいるの?」
23. ‟Where were we?" の本当の意味とは?
24. ‟Where's the fire?" の本当の意味とは?
25. 「気はすんだ?」

26. 「することが山ほどある!」
27. 「おちゃのこさいさい!」「楽勝!」
28. 「無理強いした」
29. 「痛くも痒くもないわ」
30. 「空気読めよ~」「しらけさせるなよ」

31. 「図星だね!」 〝Bull's eye!" とは?
32. "I wasn't born yesterday" の本当の意味とは?
33. 「やっかいもの・見放されている」はなんと言う?
34. 「噂をすれば影」はなんと言う?
35. "Are you up for ~?” とはどんな意味?

36. 「超しあわせ!」表現いろいろ
37. 「めんどくさ!するのヤダ!」表現いろいろ
38. 「連絡を取り合おう」「しばらく距離をおこう」はなんと言う?
39. 「腹ペコだ!」「小腹がへった」はなんと言う?
40. "What do you know?" の本当の意味とは?

41. 「もう限界!」「堪忍袋の緒が切れた!」は英語でなんと言う?
42. 「ひとつ借りができたね」は英語でなんと言う?
43. "Are you with me?" の本当の意味とは?
44. "Say no more!" の意味とは? 「知ったかぶり」は英語でなんと言う?
45. "Let it slide" とはどういう意味?

46. 「本気出せ!/頑張って!」を英語で!
47. 「励ましをありがとう」を英語で!
48. "Did you have a ball?" の本当の意味とは?

【電話でビジネス英会話の基礎】一覧

1. 最初の一言
2. 相手の英語が聞き取れない場合
3. 自分の英語が伝わらない場合
4. 保留・転送する場合の表現
5. 担当者が出られない場合

6. 不在の状況を尋ねる場合
7. 不在状況を説明する場合
8. 代わりに用件を聞く / 電話機能の用語一覧
9. かけなおすと伝える
10. かけなおしてほしい場合

11. 伝言を頼む/頼まない場合 電話における動作表現リスト
12. 相手の連絡先を尋ねる
13. 間違い電話に応じる
14. スモールトークの基礎
15. タイミングを気遣う場合 / 日時、頃合いの表現リスト

16. お礼、感想を述べる場合
17. 食事などに誘う場合 / 数字・記号の読み方リスト
18. 祝辞・お見舞いを述べる場合
19. あいづち・つなぎ表現 / 会社概要・名称リスト
20. 電話の結び表現 / 会社部署の名称リスト

21. 初めて連絡をとる場合 / 役職名称リスト
22. 約束をとりつける
23. 約束の日付・時間変更をする場合
24. 仕事の進捗状況を確認する場合 / 書類の名称リスト
25. 仕事の遅延・変更について謝る / 業種の言い方リスト

26. ファックスした文書について話す / 文書に便利な表現リスト
27. 同じ文書を見ながら話す
28. 問い合わせを受ける
29. 留守電への吹込み方
30. クレームに対応する場合

31. 航空券を予約する
32. ホテルを予約する / ルームサービス・ランドリーなど
33. ホテルから国際電話をかける場合

スポンサードリンク

-英文法の基礎