不定詞と動名詞は動詞で選択!初心者にもわかりやすい英文法の基礎㉑

英文法の基礎
スポンサーリンク

21. 不定詞と動名詞

動名詞も不定詞も、動詞の目的語になることは、すでに学んだとおりですね。
次の2文を比べてみましょう。

(〇)
It began to rain.
(〇) It began raining.
(雨が降り始めた)

(〇) I hope to see him.
(×) I hope seeing him.
(私は彼に会いたい)

動詞が begin の時は目的語として不定詞・動名詞の両方とも用いられますが、hope の
あとには不定詞は用いるが動名詞は用いることができません。

このように動詞によってどちらを選択するかが決まってくることに注意しましょう。

また両方用いる場合でも、動名詞と不定詞では意味が異なるものもあります。

スポンサーリンク

① 不定詞と動名詞の選択

普段どれくらい勉強してる? 大学生のテスト勉強事情 <大学生実態調査 ...

目的語として、不定詞と動名詞のどちらをとるかによって、動詞を次の三つに分けることができる。

動名詞のみを
目的語にとる動詞
admit (認める), avoid (さける), deny (否定する),
enjoy (楽しむ), escape (免れる), finish (終える),
give up (あきらめる), mind (いやがる), suggest (提案する)
不定詞のみを
目的語にとる動詞
agree (同意する), ask (たのむ), decide (決める), expect (期待する),
fail (しない), hope (望む), pretend (~のふりをする), promise (約束する),
refuse (拒む), wish (望む)
不定詞・動名詞
両方を目的語
にとる動詞
begin (始める), continue (続ける), hate (きらう),
intend (~するつもりだ), like, love (好む),
neglect (~し忘れる), start (始める)

I enjoyed watching TV.  (私はテレビを見て楽しんだ)

She asked to wash the dishes.  (彼女は皿を洗わせてほしいと頼んだ)

We continued walking.
We continued to walk.
(私たちは歩き続けた)

② 「S+V+不定詞」と「S+V+動名詞」

夫婦で勉強中!勉強パターンは学生時代と変わらない!?|なつめ|note

目的語が不定詞か動名詞かによって意味の違う動詞に注意しよう。

remember : I remember to mail the letter.       〔これから先のこと〕
(私はその手紙を出す事を忘れてはいない)
I remember mailing the letter.            〔すでに済んだこと〕
 (私はその手紙を出したことを覚えている)

regret   : I regret to say that I cannot come.
   (残念ながら私は行けない)
I regret telling her the truth.
=I regret that I told her the truth.
 (彼女に本当のことを言ったことを後悔している)

forget to~ ~するのを忘れる
-ing   ~したことを忘れる
try to~  ~しようと努める
-ing    ためしに~してみる
stop to~ ~するために立ち止まる(この不定詞は副詞的用法)
-ing   ~するのをやめる


<NOTE>

need, want のあとの動名詞は受動態の意味を表す

Your car wants repairing ( = to be repaired )
(あなたの車は修理する必要がある)


ポイント
不定詞か動名詞かは、動詞によって決まる。
enjoy [finish] -ing     (×) enjoy [finish] to ~
decide [hope] to ~ (×) decide [hope] -ing
remember to ~ (~するのを忘れていない)
remember -ing   (~したことを覚えている)

③ 動名詞の慣用表現

勉強したことを忘れなくなる最強の学習習慣。「復習+○○」で “1週間 ...

There is no -ing ~.   (~することはできない)
There is no accounting for tastes.
= It is impossible to account for tastes.
(趣味というものは説明できない → 蓼食う虫も好き好き)

It is (of) no use [good] -ing ~.  (~しても無駄だ)
It is (of) no use having lots of money if you can’t spend it usefully.
= It is useless to have lots of money ……
 (有効に使えないなら、お金をたくさんもっていても無駄だ)
※no use は of no use でもOK。

cannot help -ing (~せざるを得ない) (=cannot but +原形不定詞)
I could not help believing what she said.
= I could not but believe shat she said.
(私は彼女の言ったことを信じるほかなかった)

worth -ing (~する価値がある)
Do you think this book is worth reading?
 (この本は読むに値すると思いますか)

on  -ing (~するとすぐに) ; in  -ing (~するときに)
On arriving at the hotel, she telephoned her mother.
=As soon as she arrived at the hotel, ……
(ホテルに着くとすぐに、彼女はお母さんに電話した)

Be careful in choosing your friends.
= ~when you choose your friends.
(友人を選ぶときには注意しなさい)

look forward to -ing (~することを楽しみにして待つ)
feel like -ing  (~したい気がする)
I am looking forward to hearing from you.
 (君からの便りを心待ちにしてます)
I felt like crying.
 (私は泣きたかった)

never … without -ing (~すれば必ず…する),
It goes without saying that … (…はいうまでもない),
of one’s own -ing   (自分で~した)
Would you mind -ing ~? (~していただけませんか)
be used [accustomed] to -ing (~することに慣れている)

など。

コメント

タイトルとURLをコピーしました