英文法の基礎

will, shall, would, shouldの簡単な使い方!わかりやすい英文法の基礎㉖

26.  will,  shall,  would,  should

will,  shall といえば、最も多い用法は未来を表すことです。

しかし未来を表すほかにもいくつか注意すべき用法があります。
同じように、would, should にも助動詞として独自の用法があります。

未来を表す will, shall についてはすでに別の記事で説明してますが、ここではそれ以外
の用法について学んでみましょう。

【英文法の基礎】
1. 主語・述語・英語の8品詞とは?
2. 平叙・否定・感嘆・命令文の作り方とは?
3. 5文型とは?There is ~の使い方
4. 修飾語句・形容詞・数詞の使い方
5. 形容詞句・形容詞節の使い方

6. 副詞の用法・疑問副詞の使い方
7. 副詞句・副詞節の使い方
8. be 動詞、規則・不規則動詞の使い方とは?
9. 現在形・過去形(時制)の使い方
10. 未来形( be going to )、単純 / 意志未来の使い方とは?

11. 未来・現在・過去進行形の使い方
12. 現在完了・現在完了進行形の使い方とは?
13. 過去完了・未来完了とは?
14. 受動態・受動態の時制とは?
15. 受動態の疑問文・否定文を解説

16. 受動態の慣用表現・感情の表し方とは?
17. 不定詞とは?名詞的・形容詞的・副詞的用法を解説
18. 不定詞の重要構文を解説
19. 原形不定詞( to のつかない)とは?
20. 動名詞とは?現在分詞とのちがいを解説

21. 不定詞と動名詞は動詞で選択!
22. 英語の「分詞」の使い方を詳しく解説
23. 分詞構文の意味や使い方とは?
24. 助動詞とは?使い方を詳しく解説
25. 助動詞( need, dare, ought to )などの使い方

26. will, shall, would, should の使い方
27. 名詞・冠詞の使いわけ方
28. 名詞の用法とは?超くわしく解説
29. 冠詞の用法を超くわしく解説
30. 代名詞とは?注意すべき人称代名詞も解説

31. 所有代名詞・再帰代名詞とは?
32. 疑問代名詞・指示代名詞とは?
33. 不定代名詞の使い方を超くわしく解説
34. 比較級・最上級のつくり方
35. as ~ as  ,  not as ~ as の使い方

36. 比較級の用法を超くわしく解説
37. 最上級の使い方・注意点をくわしく解説
38. 編集中…
39. 仮定法とは?仮定法過去・完了をくわしく解説
40. 仮定法の使い方と注意点

41. 前置詞の使い方・働き
42. おもな前置詞の用法をくわしく解説
43. 動詞+前置詞で熟語へ!形容詞+前置詞の使い方
44. 接続詞 and, or, but の使い方
45. 名詞節とは?使い方をくわしく解説

46. 接続詞の働きいろいろ!
47. not, never, no などの否定表現
48. hardly, seldom, rarely などの部分否定表現
49. 否定表現のいろいろな使い方
50. 時制の一致とは?

51. 英会話の直接話法・間接話法のちがい、転換の仕方
52. 語順がかわる英語の特殊構文とは?倒置・強調・省略を解説
53. 無生物主語の使い方

will, shall の特別用法

インド在住のアメリカ人が考える「インド英語」とは? – インド就職 ...

will, shall は未来を表す助動詞として用いられるほかに、次のような特別な用法が
あります。

will の
特別用法
習性・傾向

 

固執・主張

現在の習慣

現在の推量

Boys will be boys.
(男の子は男の子だ → 男の子というものはそうしたものだ)
This window will not open.
(この窓はどうしても開かない)
He will often sit alone all day.
(彼はよく一日中一人で座っている)
This will be the book you're looking for.
(これが君の探している本だろう)
shall の
特別用法
法律・規則

 

予言・運命

You shall not kill any birds here.
(ここでは小鳥を殺してはならない)
We all shall die sooner ore later.
(われわれは遅かれ早かれ皆死ぬ)


<NOTE>

will の特別用法は、いずれも意志を表す will に由来するもの。
「現在形による未来の代用」の記事でも学んだように、if 節(もし~なら)にはふつう
未来を表す will は用いないが、次のように主語の意志を表す場合は will を用いる。

If you will come with me, I'll show you to my room.
(いっしょに来てくださるのなら私の部屋へご案内しましょう)

If
it rains, he won't come.
(雨が降れば、彼は来ないだろう)

would, should の特別用法

語学研修+カリフォルニア州立大学|手数料0円の留学情報館

would は will の過去形、 should は shall の過去形として、時制の一致に用いられるほか、次のような用法があります。

would の
特別用法
ていねいな表現

 

過去の習慣

過去の意志・拒絶

現在の願望

Would you lend me your pencil?
(君の鉛筆を貸してくれませんか)
He would often go fishing in the river.
(彼はよく川へ釣りにいったものだ)
She would not listen to me.
(彼女は私の話を聞こうとしなかった)
Men who would be rich must be diligent.
(お金持ちになりたい人は勤勉でなければならない)
should の
特別用法
義務・当然

 

that 節で

that 節で

疑問詞で始まる文で

We should be kind to one another.
(私達はお互いに親切にすべきだ)
It is natural that he should get angry.
(彼が怒るのも当然だ)
He suggested that meeting should be put off.
(彼はその会合を延期したらどうかと提案した)
Why should I hate my brother?
(どうして弟を憎んだりするだろうか)

<NOTE>
過去の習慣を表す would と used to のちがいに注意しよう。

He would often come to see me.        〔過去の不規則な反復動作〕
(彼はよく遊びにきたものだ)

He used to see me every day.           〔現在と対比した過去の習慣・状態〕
(彼は毎日私に会いにきたものだ〔今はそうではない〕)

なお、would [should] like to (~したいものだ), would rather ~ than…(…するよりむしろ~したい) などの慣用表現にも注意。

助動詞 + 完了形

アメリカにいる大学生の勉強時間は?Aを取るためにはどのくらい必要?

「助動詞+have+過去分詞」は、過去のことについて述べるときに用いられます。
次のように助動詞によってちがってきます。

cannot [Can ~]
+have+過去分詞
Can I have said so?       〔強い疑い〕
(いったい彼がそう言ったのだろうか)
He cannot have said so.     〔否定の推量〕
(彼がそう言ったはずがない)
may, must
+have+過去分詞
He may have said so.      〔推量〕
(彼はそう言ったかもしれない)
He must have said so.     〔推定〕
(彼はそう言ったにちがいない)
should, ought to
+have+過去分詞
He should [ought to] have said so.
(彼はそう言うべきだった 〔実際には言わなかった〕)
            〔実現されなかった義務・当然〕
need not
+have+過去分詞
He need not have said so.   〔不必要〕
(彼はそういう必要はなかった〔実際には言った〕)

● will, shall, would, should は現在の文にも用いられます。

will
    習性・固執・習慣・推量
shall   規則・予言
would     丁寧・過去の習慣・過去の意志・願望
should    義務・当然・that ~ should ・疑問詞のあと

【ネイティブがよく使う簡単で便利なフレーズシリーズ】一覧

1. あいさつ編
2. いってらっしゃい編
3. 「ええ?!また?!勘弁してよ!」
4. 「最悪!!いい加減にしてよ!」
5. 「むかつく!」「なんてこった!」

6. 「私にまかせて!」や、「あなた次第だよ」
7. 「だんだんわけがわからなくなってきたぜ?」
8. 「なるほど!そういうことね」
9. 「まいった!そうくるとは思わなかったよ」
10. 「ありえん!」

11. 「落ち着いて。冷静に」
12. 「にっちもさっちもいかん!」
13. 「ちゃんと聞いてるよ」「あいつ、口ばっかり!」
14. 「大賛成!」「納得したよ」「あいつ、どっちつかず」
15. 「冗談だよ!」「からかってんだよね?」

16. 「冗談きついぜ!」「やりすぎだよ!」
17. 「おしかったね」
18. 「経験したことあるよ」
19. ‟Don't go there" の本当の意味とは?
20. 「ドキドキする!」

21. ‟Not my cup of tea" の本当の意味とは?
22. 「何を悩んでいるの?」
23. ‟Where were we?" の本当の意味とは?
24. ‟Where's the fire?" の本当の意味とは?
25. 「気はすんだ?」

26. 「することが山ほどある!」
27. 「おちゃのこさいさい!」「楽勝!」
28. 「無理強いした」
29. 「痛くも痒くもないわ」
30. 「空気読めよ~」「しらけさせるなよ」

31. 「図星だね!」 〝Bull's eye!" とは?
32. "I wasn't born yesterday" の本当の意味とは?
33. 「やっかいもの・見放されている」はなんと言う?
34. 「噂をすれば影」はなんと言う?
35. "Are you up for ~?” とはどんな意味?

36. 「超しあわせ!」表現いろいろ
37. 「めんどくさ!するのヤダ!」表現いろいろ
38. 「連絡を取り合おう」「しばらく距離をおこう」はなんと言う?
39. 「腹ペコだ!」「小腹がへった」はなんと言う?
40. "What do you know?" の本当の意味とは?

41. 「もう限界!」「堪忍袋の緒が切れた!」は英語でなんと言う?
42. 「ひとつ借りができたね」は英語でなんと言う?
43. "Are you with me?" の本当の意味とは?
44. "Say no more!" の意味とは? 「知ったかぶり」は英語でなんと言う?
45. "Let it slide" とはどういう意味?

46. 「本気出せ!/頑張って!」を英語で!
47. 「励ましをありがとう」を英語で!
48. "Did you have a ball?" の本当の意味とは?

【電話でビジネス英会話の基礎】一覧

1. 最初の一言
2. 相手の英語が聞き取れない場合
3. 自分の英語が伝わらない場合
4. 保留・転送する場合の表現
5. 担当者が出られない場合

6. 不在の状況を尋ねる場合
7. 不在状況を説明する場合
8. 代わりに用件を聞く / 電話機能の用語一覧
9. かけなおすと伝える
10. かけなおしてほしい場合

11. 伝言を頼む/頼まない場合 電話における動作表現リスト
12. 相手の連絡先を尋ねる
13. 間違い電話に応じる
14. スモールトークの基礎
15. タイミングを気遣う場合 / 日時、頃合いの表現リスト

16. お礼、感想を述べる場合
17. 食事などに誘う場合 / 数字・記号の読み方リスト
18. 祝辞・お見舞いを述べる場合
19. あいづち・つなぎ表現 / 会社概要・名称リスト
20. 電話の結び表現 / 会社部署の名称リスト

21. 初めて連絡をとる場合 / 役職名称リスト
22. 約束をとりつける
23. 約束の日付・時間変更をする場合
24. 仕事の進捗状況を確認する場合 / 書類の名称リスト
25. 仕事の遅延・変更について謝る / 業種の言い方リスト

26. ファックスした文書について話す / 文書に便利な表現リスト
27. 同じ文書を見ながら話す
28. 問い合わせを受ける
29. 留守電への吹込み方
30. クレームに対応する場合

31. 航空券を予約する
32. ホテルを予約する / ルームサービス・ランドリーなど
33. ホテルから国際電話をかける場合

スポンサードリンク

-英文法の基礎