will, shall, would, shouldの簡単な使い方!わかりやすい英文法の基礎㉖

英文法の基礎
スポンサーリンク

26.  will,  shall,  would,  should

will,  shall といえば、最も多い用法は未来を表すことです。

しかし未来を表すほかにもいくつか注意すべき用法があります。
同じように、would, should にも助動詞として独自の用法があります。

未来を表す will, shall についてはすでに別の記事で説明してますが、ここではそれ以外
の用法について学んでみましょう。

スポンサーリンク

① will, shall の特別用法

インド在住のアメリカ人が考える「インド英語」とは? – インド就職 ...

will, shall は未来を表す助動詞として用いられるほかに、次のような特別な用法がある。

will の
特別用法
習性・傾向

固執・主張

現在の習慣

現在の推量

Boys will be boys.
(男の子は男の子だ → 男の子というものはそうしたものだ)
This window will not open.
(この窓はどうしても開かない)
He will often sit alone all day.
(彼はよく一日中一人で座っている)
This will be the book you’re looking for.
(これが君の探している本だろう)
shall の
特別用法
法律・規則

予言・運命

You shall not kill any birds here.
(ここでは小鳥を殺してはならない)
We all shall die sooner ore later.
(われわれは遅かれ早かれ皆死ぬ)


<NOTE>

will の特別用法は、いずれも意志を表す will に由来するものである。
「現在形による未来の代用」の記事でも学んだように、if 節(もし~なら)にはふつう
未来を表す will は用いないが、次のように主語の意志を表す場合は will を用いる。

If you will come with me, I’ll show you to my room.
(いっしょに来てくださるのなら私の部屋へご案内しましょう)

If
it rains, he won’t come.
(雨が降れば、彼は来ないだろう)

② would, should の特別用法

語学研修+カリフォルニア州立大学|手数料0円の留学情報館

would は will の過去形、 should は shall の過去形として、時制の一致に用いられるほか、次のような用法がある。

would の
特別用法
ていねいな表現

過去の習慣

過去の意志・拒絶

現在の願望

Would you lend me your pencil?
(君の鉛筆を貸してくれませんか)
He would often go fishing in the river.
(彼はよく川へ釣りにいったものだ)
She would not listen to me.
(彼女は私の話を聞こうとしなかった)
Men who would be rich must be diligent.
(お金持ちになりたい人は勤勉でなければならない)
should の
特別用法
義務・当然

that 節で

that 節で

疑問詞で始まる文で

We should be kind to one another.
(私達はお互いに親切にすべきだ)
It is natural that he should get angry.
(彼が怒るのも当然だ)
He suggested that meeting should be put off.
(彼はその会合を延期したらどうかと提案した)
Why should I hate my brother?
(どうして弟を憎んだりするだろうか)

<NOTE>
過去の習慣を表す would と used to のちがいに注意しよう。

He would often come to see me.        〔過去の不規則な反復動作〕
(彼はよく遊びにきたものだ)

He used to see me every day.           〔現在と対比した過去の習慣・状態〕
(彼は毎日私に会いにきたものだ〔今はそうではない〕)

なお、would [should] like to (~したいものだ), would rather ~ than…(…するよりむしろ~したい) などの慣用表現にも注意。

③ 助動詞 + 完了形

アメリカにいる大学生の勉強時間は?Aを取るためにはどのくらい必要?

「助動詞+have+過去分詞」は、過去のことについて述べるときに用いられる。
次のように助動詞によってちがってくる。

cannot [Can ~]
+have+過去分詞
Can I have said so?       〔強い疑い〕
(いったい彼がそう言ったのだろうか)
He cannot have said so.     〔否定の推量〕
(彼がそう言ったはずがない)
may, must
+have+過去分詞
He may have said so.      〔推量〕
(彼はそう言ったかもしれない)
He must have said so.     〔推定〕
(彼はそう言ったにちがいない)
should, ought to
+have+過去分詞
He should [ought to] have said so.
(彼はそう言うべきだった 〔実際には言わなかった〕)
            〔実現されなかった義務・当然〕
need not
+have+過去分詞
He need not have said so.   〔不必要〕
(彼はそういう必要はなかった〔実際には言った〕)

● will, shall, would, should は現在の文にも用いられる。
will     習性・固執・習慣・推量
shall   規則・予言
would     丁寧・過去の習慣・過去の意志・願望
should    義務・当然・that ~ should ・疑問詞のあと

コメント

タイトルとURLをコピーしました