英文法の基礎

受動態・受動態の時制を詳しく解説!初心者にもわかりやすい英文法の基礎⑭

14. 受動態

「~は~する」という言い方もあれば、「…は…される」という言い方もあります。
このことは、日本語でも英語でも同じですね。

例を挙げます。

Sam  uses  this computer.       〔能動態〕「~は…を~する」
 S         V               O                                            (サムはこのコンピュータを使う)
This computer  is used by Sam.   〔受動態〕「…は~に…される」
                    be動詞+過去分詞  by~    (このコンピュータはサムによって使われる)

Samで始まる文は、「~は~する」というふつうの文で、これを能動態といいます。

これに対して This computer で始まる文は、「…は…される」という文で、
動作の対象となるほうが中心になってます。

この文を受動態といいます。

英語では、受動態の表現が日本語よりも多く用いられます。

ここでは受動態の形の意味や時制などについて学びましょう。

【英文法の基礎】
1. 主語・述語・英語の8品詞とは?
2. 平叙・否定・感嘆・命令文の作り方とは?
3. 5文型とは?There is ~の使い方
4. 修飾語句・形容詞・数詞の使い方
5. 形容詞句・形容詞節の使い方

6. 副詞の用法・疑問副詞の使い方
7. 副詞句・副詞節の使い方
8. be 動詞、規則・不規則動詞の使い方とは?
9. 現在形・過去形(時制)の使い方
10. 未来形( be going to )、単純 / 意志未来の使い方とは?

11. 未来・現在・過去進行形の使い方
12. 現在完了・現在完了進行形の使い方とは?
13. 過去完了・未来完了とは?
14. 受動態・受動態の時制とは?
15. 受動態の疑問文・否定文を解説

16. 受動態の慣用表現・感情の表し方とは?
17. 不定詞とは?名詞的・形容詞的・副詞的用法を解説
18. 不定詞の重要構文を解説
19. 原形不定詞( to のつかない)とは?
20. 動名詞とは?現在分詞とのちがいを解説

21. 不定詞と動名詞は動詞で選択!
22. 英語の「分詞」の使い方を詳しく解説
23. 分詞構文の意味や使い方とは?
24. 助動詞とは?使い方を詳しく解説
25. 助動詞( need, dare, ought to )などの使い方

26. will, shall, would, should の使い方
27. 名詞・冠詞の使いわけ方
28. 名詞の用法とは?超くわしく解説
29. 冠詞の用法を超くわしく解説
30. 代名詞とは?注意すべき人称代名詞も解説

31. 所有代名詞・再帰代名詞とは?
32. 疑問代名詞・指示代名詞とは?
33. 不定代名詞の使い方を超くわしく解説
34. 比較級・最上級のつくり方
35. as ~ as  ,  not as ~ as の使い方

36. 比較級の用法を超くわしく解説
37. 最上級の使い方・注意点をくわしく解説
38. 編集中…
39. 仮定法とは?仮定法過去・完了をくわしく解説
40. 仮定法の使い方と注意点

41. 前置詞の使い方・働き
42. おもな前置詞の用法をくわしく解説
43. 動詞+前置詞で熟語へ!形容詞+前置詞の使い方
44. 接続詞 and, or, but の使い方
45. 名詞節とは?使い方をくわしく解説

46. 接続詞の働きいろいろ!
47. not, never, no などの否定表現
48. hardly, seldom, rarely などの部分否定表現
49. 否定表現のいろいろな使い方
50. 時制の一致とは?

51. 英会話の直接話法・間接話法のちがい、転換の仕方
52. 語順がかわる英語の特殊構文とは?倒置・強調・省略を解説
53. 無生物主語の使い方

受動態のつくり方

大学における勉強法の基本まとめ - STUDY HACKER|これからの ...

受動態の文では、次の図で分かるように、
動詞が uses → is used のようにかわります。

一般に「be動詞+過去分詞」が受動態を表す基本形

能動態       Sam                    uses                    this computer.
                       s                  v                         o 

受動態   This computer       is used by                    Sam.
         s     be動詞+過去分詞   by~

上のように、能動態の目的語が受動態では主語になり、能動態の主語は受動態では
by ~ の形で表されます


ポイント

❶能動態の文の目的語(O)を、受動態の文の主語(S)にする

❷受動態の動詞は「be 動詞+過去分詞」の形。このbe動詞の形は主語に合わせる。

❸能動態の文の主語(S)を、受動態ではby~にかえて文尾におく。


<NOTE>

主語・目的語が人称代名詞の場合は、格の変化にも注意しましょう。

たとえば、

She
 (主語=主格) → by her (前置詞の目的語=目的格

とうことです。

by ~ の省略

私の海外大生活~楽あり↑・苦あり↓③〜 | ブログ | ベネッセ ...

受動態の主語になるのは、動作を受けるもの(動作の対象)です。

「行為者」のほうはかげにかくれてしまって、動作の対象や「~される」という動作自体に力点が置かれることになります。

そのため、実際の文では、次のような場合に受動態の文がしばしば用いられるんです。

動作の対象に関心が
置かれる場合
 Laws are made by the Diet.
(法律は国会でつくられる)
動作自体に関心が
置かれる場合
 A man was run over by a car.
(男の人が車にはねられた)
一般の人が行為者
の場合
 Spanish is spoken in Mexico.
(メキシコではスペイン語が話される)
行為者が自明か
示す必要のない場合
 The school was rebuilt a year ago.
(学校は一年前に再建された)
行為者が不明か表現
しにくい場合
 He was killed in the war.
(彼は戦死した)

上の例文からもわかるように、受動態の文ではしばしば by ~ 省略されますね。

行為者が不明の場合はもちろんですが、そのほか行為者が前後の関係から明らかで、
示す必要がない場合や、一般の「人々」が行為者の場合には、ふつう by ~ を省略します。

<NOTE>
能動態の文は必ず受動態に転換できるわけではない。

動作の対象(目的語)のない文は受動態にはできない。

また、「S+V+O」の文であっても、意味上不自然になる場合も多いんです。

たとえば、

I have a new coat.       (私は新しい上着を持っている)
He resembles his mother.    (彼は母親に似ている)

などは受動態に変換できません。

なお、come, go, rise,  finish などの自動詞(目的語をとらない動詞)を
「be 動詞+過去分詞」の形にすることもありますが、古い用法の名残でこれは完了を表します。

Spring is come.  (春が来た)
The guests are all arrived.  (客は皆、到着した)

受動態の時制

アメリカの大学生はどれだけ勉強してる?留学生が感じた日本との3つの ...

受動態の動詞は「be動詞+過去分詞」であり、be動詞の形は主語の人称・数に応じて
適当な形にかえます。

また、be動詞の形を過去形・未来形などにかえることによって、時制を変えることができます。

過去分詞のほうは主語の人称・数や時制がかわっても不変。

現在形am〔are, is〕
+ 過去分詞
Some cookies are made by Mary.
(クッキーがマリーによってつくられる)
過去形was〔were〕
+ 過去分詞
Some cookies were made by Mary.
(クッキーがマリーによってつくられた)
未来形will〔shall〕
be+過去分詞
Some cookies will be made by Mary.
(クッキーがマリーによってつくられるだろう)

未来形の「will〔shall〕be + 過去分詞」と同様に、can, may, must などの助動詞を
用いるときには「助動詞 + be + 過去分詞」の形にします。

A full moon can be seen this evening.   (今夜は満月が見られる)
       助動詞+be+過去分詞
→ We can see a full moon this evening.

This letter must be sent immediately.
(この手紙はすぐに送らなければならない)
→ You must send this letter immediately.

<NOTE>
受動態にも、完了形・進行形がある。
次のように、やはり過去分詞は不変で be の形だけが変化する。

進行形完了形
am〔are, is〕being + 過去分詞
was〔were〕being + 過去分詞
will be          being + 過去分詞
have〔has〕been + 過去分詞
had             been + 過去分詞
will〔shall〕have been + 過去分詞

The school building has been used for thirty years.
(その校舎は30年間使われてきた)         〔現在完了の受動態〕

The problem was being discussed by the students.
(その問題は学生たちによって討論されていた)   〔過去進行形の受動態〕

未来進行形の受動態は実際にはあまり使われません。

また理論的には完了進行形も可能ですが、形が複雑すぎてほとんど用いられません。

「~される」と「~されている」

勉強に集中する方法とは?今すぐできる10のコツ、専門家に聞き ...

受動態には動作を表す場合と状態を表す場合とがあります。

次の2文を比べてみましょう。

The gate is opened at eight every morning.  〔動作〕
(その門は毎朝8時にあけられる)

The gate is always opened.    〔状態〕
(その門はいつもあけられている)

「~される、~された」(動作)の意味も、
「~されている、~されていた」(状態)の意味も同じ「be 動詞+過去分詞」の形で表すので、文脈から判別しなければなりません。

ときには、get, lie などを用いて、この2つの意味を形の上ではっきりわかるように
表現することもあります。

get, become
+過去分詞
動作Don't get stung by the bees.
(蜂に刺されないようにしなさい)
lie, remain
+過去分詞
状態The door remained closed.
(ドアはしめられたままだった)


ポイント

受動態の動詞は「be動詞+過去分詞」。beの形に注意!

S+be動詞+過去分詞+by~.


〔過去形〕was (were) +過去分詞

〔未来形〕will be        +過去分詞   

 時制によってbe の形がかわる。

【ネイティブがよく使う簡単で便利なフレーズシリーズ】一覧

1. あいさつ編
2. いってらっしゃい編
3. 「ええ?!また?!勘弁してよ!」
4. 「最悪!!いい加減にしてよ!」
5. 「むかつく!」「なんてこった!」

6. 「私にまかせて!」や、「あなた次第だよ」
7. 「だんだんわけがわからなくなってきたぜ?」
8. 「なるほど!そういうことね」
9. 「まいった!そうくるとは思わなかったよ」
10. 「ありえん!」

11. 「落ち着いて。冷静に」
12. 「にっちもさっちもいかん!」
13. 「ちゃんと聞いてるよ」「あいつ、口ばっかり!」
14. 「大賛成!」「納得したよ」「あいつ、どっちつかず」
15. 「冗談だよ!」「からかってんだよね?」

16. 「冗談きついぜ!」「やりすぎだよ!」
17. 「おしかったね」
18. 「経験したことあるよ」
19. ‟Don't go there" の本当の意味とは?
20. 「ドキドキする!」

21. ‟Not my cup of tea" の本当の意味とは?
22. 「何を悩んでいるの?」
23. ‟Where were we?" の本当の意味とは?
24. ‟Where's the fire?" の本当の意味とは?
25. 「気はすんだ?」

26. 「することが山ほどある!」
27. 「おちゃのこさいさい!」「楽勝!」
28. 「無理強いした」
29. 「痛くも痒くもないわ」
30. 「空気読めよ~」「しらけさせるなよ」

31. 「図星だね!」 〝Bull's eye!" とは?
32. "I wasn't born yesterday" の本当の意味とは?
33. 「やっかいもの・見放されている」はなんと言う?
34. 「噂をすれば影」はなんと言う?
35. "Are you up for ~?” とはどんな意味?

36. 「超しあわせ!」表現いろいろ
37. 「めんどくさ!するのヤダ!」表現いろいろ
38. 「連絡を取り合おう」「しばらく距離をおこう」はなんと言う?
39. 「腹ペコだ!」「小腹がへった」はなんと言う?
40. "What do you know?" の本当の意味とは?

41. 「もう限界!」「堪忍袋の緒が切れた!」は英語でなんと言う?
42. 「ひとつ借りができたね」は英語でなんと言う?
43. "Are you with me?" の本当の意味とは?
44. "Say no more!" の意味とは? 「知ったかぶり」は英語でなんと言う?
45. "Let it slide" とはどういう意味?

46. 「本気出せ!/頑張って!」を英語で!
47. 「励ましをありがとう」を英語で!
48. "Did you have a ball?" の本当の意味とは?

【電話でビジネス英会話の基礎】一覧

1. 最初の一言
2. 相手の英語が聞き取れない場合
3. 自分の英語が伝わらない場合
4. 保留・転送する場合の表現
5. 担当者が出られない場合

6. 不在の状況を尋ねる場合
7. 不在状況を説明する場合
8. 代わりに用件を聞く / 電話機能の用語一覧
9. かけなおすと伝える
10. かけなおしてほしい場合

11. 伝言を頼む/頼まない場合 電話における動作表現リスト
12. 相手の連絡先を尋ねる
13. 間違い電話に応じる
14. スモールトークの基礎
15. タイミングを気遣う場合 / 日時、頃合いの表現リスト

16. お礼、感想を述べる場合
17. 食事などに誘う場合 / 数字・記号の読み方リスト
18. 祝辞・お見舞いを述べる場合
19. あいづち・つなぎ表現 / 会社概要・名称リスト
20. 電話の結び表現 / 会社部署の名称リスト

21. 初めて連絡をとる場合 / 役職名称リスト
22. 約束をとりつける
23. 約束の日付・時間変更をする場合
24. 仕事の進捗状況を確認する場合 / 書類の名称リスト
25. 仕事の遅延・変更について謝る / 業種の言い方リスト

26. ファックスした文書について話す / 文書に便利な表現リスト
27. 同じ文書を見ながら話す
28. 問い合わせを受ける
29. 留守電への吹込み方
30. クレームに対応する場合

31. 航空券を予約する
32. ホテルを予約する / ルームサービス・ランドリーなど
33. ホテルから国際電話をかける場合

スポンサードリンク

-英文法の基礎