英文法の基礎

as ~ as,  not as ~ as の使い方を詳しく解説!わかりやすい英文法㉟

35.  原級の用法

 

比較と言えば、どちらがすぐれているか、優劣を比べる場合が考えられます。
しかし、程度が同じであることを表すのも比較の大切な役割です。

原級は「 as + 原級 + as 」の形で、二つのものが同等であることを表すのに用いられ
ます。

① as ~ as,  not as ~ as

勉強したことを忘れなくなる最強の学習習慣。「復習+○○」で ...

「 as + 原級 + as 」は「~と同じくらい~」の意味で、二つのものを比べて程度が
同じであることを表します。

否定形は「 not as + 原級 + as 」、または、
「 not so + 原級 + as」。

so よりも as の方が口語的です。

A … as + 原級
+ as B.
「AはBと同じ
くらい」
My sister is as old as your brother.
                  as + 形容詞 + as
(私の妹はあなたの弟さんと同じ年です)
Jack can swim as fast as you.
                         as + 副詞 + as
(ジャックはあなたと同じくらい速く泳げる)
A … not as
+ 原級 + as B.
「AはBほど
…でない」
He is not as [so] rich as you imagine.
             not as + 原級 + as
(彼は君が思っているほど金持ちではない)
She cannot cook as well as her mother.
              not           as + 原級 + as
(彼女はお母さんほどうまく料理ができない)

as ~ as の形で、あとの as 以下の動詞の部分が前の部分と同じくり返しとなる場合は
省略してオッケー。

また、次の文では「 as + 形容詞 + a + 名詞 」の語順に注意しましょう。

前の as は副詞なので形容詞が冠詞の前にでます。

He is as good a tennis player as you.
(彼は君と同じくらいテニスが上手だ)


<NOTE>

A as well as B は「BだけでなくAも」の意味を表すが、well に強勢を置けば
「~と同じくらいうまく」の意味になる。

Mary plays the piano as well as her mother.
(マリーはお母さんと同じくらいピアノを上手にひく)

as A as B 「BでもありAでもある」 …as ~ as は異なる性質の比較に用いることが
ある。
She is as cute as wise.  (= as she is wise)
(彼女は賢く、またかわいい)

 

② as ~ as の慣用表現

勉強日記をつける意味は?中綴じで製本したり手帳に書いて残す ...

「 as + 原級 + as 」の形を応用した慣用表現に注意しましょう。

「~と同じくらい」という同等比較とはちがった意味を表す場合もあります。

 

as ~ as one can = as ~ as possible 「できるだけ~」の意味。

We must run as fast as we can [ possible ].
  (私たちはできるだけ速く走らなければならない)

 

…times as ~ as 「…倍の~」の意味。
ただし、「2倍の~」は twice as ~ as,
「半分の~」は half as ~ as
とする。

I have three times [ twice, half ] as much money as you have.
 (私はあなたの3倍 [ 2倍、半分] のお金を持っている)

 

not so much A as B 「AというよりはむしろB」の意味。

He is a writer rather than a doctor.
  (彼は医者というよりはむしろ作家だ)

 

as ~ as any 「だれ [どれ] にも劣らず~」
    as ~ as ever 「あいかわらず~」「これまでに~した~にも劣らず」
意味。


She is as tall as any girl in the class.

  (彼女はそのクラスのだれにも劣らず背が高い)

He is as diligent as ever.

  (彼はあいかわらず勤勉だ)

ポイント
程度が同等なら as ~ as,  不等なら not as ~ as.

「同じくらい~」as ~ as, 〔否定形〕not as ~ as


「…倍の」… time as ~ as / twice [half] as ~ as

スポンサードリンク

-英文法の基礎