英文法の基礎

比較級の用法を超くわしく解説!初心者にもわかりやすい英文法㊱

36.  比較級の用法

比較級の基本的な用法は「 A … 比較級 + than + B 」です。

比較の対象となる二つのものをはっきりと示し、一方を主語にし、他方を than のあと
に置きます。

この基本の形をまずしっかり身につけましょう。

【英文法の基礎】
1. 主語・述語・英語の8品詞とは?
2. 平叙・否定・感嘆・命令文の作り方とは?
3. 5文型とは?There is ~の使い方
4. 修飾語句・形容詞・数詞の使い方
5. 形容詞句・形容詞節の使い方

6. 副詞の用法・疑問副詞の使い方
7. 副詞句・副詞節の使い方
8. be 動詞、規則・不規則動詞の使い方とは?
9. 現在形・過去形(時制)の使い方
10. 未来形( be going to )、単純 / 意志未来の使い方とは?

11. 未来・現在・過去進行形の使い方
12. 現在完了・現在完了進行形の使い方とは?
13. 過去完了・未来完了とは?
14. 受動態・受動態の時制とは?
15. 受動態の疑問文・否定文を解説

16. 受動態の慣用表現・感情の表し方とは?
17. 不定詞とは?名詞的・形容詞的・副詞的用法を解説
18. 不定詞の重要構文を解説
19. 原形不定詞( to のつかない)とは?
20. 動名詞とは?現在分詞とのちがいを解説

21. 不定詞と動名詞は動詞で選択!
22. 英語の「分詞」の使い方を詳しく解説
23. 分詞構文の意味や使い方とは?
24. 助動詞とは?使い方を詳しく解説
25. 助動詞( need, dare, ought to )などの使い方

26. will, shall, would, should の使い方
27. 名詞・冠詞の使いわけ方
28. 名詞の用法とは?超くわしく解説
29. 冠詞の用法を超くわしく解説
30. 代名詞とは?注意すべき人称代名詞も解説

31. 所有代名詞・再帰代名詞とは?
32. 疑問代名詞・指示代名詞とは?
33. 不定代名詞の使い方を超くわしく解説
34. 比較級・最上級のつくり方
35. as ~ as  ,  not as ~ as の使い方

36. 比較級の用法を超くわしく解説
37. 最上級の使い方・注意点をくわしく解説
38. 編集中…
39. 仮定法とは?仮定法過去・完了をくわしく解説
40. 仮定法の使い方と注意点

41. 前置詞の使い方・働き
42. おもな前置詞の用法をくわしく解説
43. 動詞+前置詞で熟語へ!形容詞+前置詞の使い方
44. 接続詞 and, or, but の使い方
45. 名詞節とは?使い方をくわしく解説

46. 接続詞の働きいろいろ!
47. not, never, no などの否定表現
48. hardly, seldom, rarely などの部分否定表現
49. 否定表現のいろいろな使い方
50. 時制の一致とは?

51. 英会話の直接話法・間接話法のちがい、転換の仕方
52. 語順がかわる英語の特殊構文とは?倒置・強調・省略を解説
53. 無生物主語の使い方

比較級 + than ~

オーストラリア全土の大学と公式提携】日本とオーストラリアの大学の ...

A, B 二つのものを比べて「 A は B より…」というときには

「 A … 比較級 + than B 」の形を用います。

比較級はふつう than を伴う

Tom is twelve years old.                Lucy is ten years old.
[A] (トムは12歳です)                       [B] (ルーシーは10歳です)
        Tom [A]    Lucy [B]
             ↓
Tom is older than Lucy.  (トムはルーシーより年上です)
[A]     比較級 + than [B]

何と何を比べるのか、比較の対象をはっきりとらえることが大切です。

次の3文を比べてみよう。

I know you better than she does.             [ I と She の比較 ]
(君のことは、私のほうが彼女よりよく知っている)

I know you better than (I know) her.        [ you と her の比較 ]
(私は彼女よりも君のほうをよく知っている)

The population of Tokyo is larger than that of Osaka.
(東京の人口は大阪より多い)                          [ 東京と大阪の人口の比較 ]

※日本文につられて ~ than Osaka としないこと。
that of = the population of なので、that を抜かすと、
「東京の人口と大阪という都市」
を比べることになってしまいます。


<NOTE>

than の品詞は接続詞で、あとには「S+V」を含む節がくるはずですが、前の文と
重複する部分は省略することが多いんです

比較の対象となるものだけをきわだたせ、その他の部分は省略される。

After failing in the examination, he made up his mind to work harder than before.
(試験に失敗したあと、彼は前よりも熱心に勉強しようと決めた)

注意すべき比較級の用法

サンシャインコースト大学でスタディアブロード

much + 比較級
比較級を強めるときには very は用いない。
much, far, by far, still (なおいっそう), a little などを用いる。

You can play tennis much [far] better than I.
(君はテニスが私よりずっと[はるかに] 上手だ)


<NOTE>

口語では than me のように、than のあとに目的格を使うこともある。
程度の差を示すためには、数字を含む語句を用いる。

Tom is two years older than Lucy.
= Tom is older than Lucy by two years.
(トムはルーシーより2歳年上です)    この by は「~だけ」の意味。

more ~ than 
同じ人・物の性質・程度
を比べるときには、
more A than B (BというよりはむしろA) の形を用いる。

AとBとは同じ品詞。

She is more shy than unsociable.

= She is rather shy than unsociable.
(彼女は人付き合いが悪いというよりは恥ずかしがりやだ)

<NOTE>
この場合、-er をつける語であっても more を用いる。

less ~ than
less は「より少なく」の意味。
二つのものを比べて程度がほかよりも低いことを表す
less を否定語とみなして訳せばOK。

He is less diligent than his younger brother.
= He is not as diligent as his younger brother.
(彼は弟より勤勉ではない)

senior [ superior など ] to 
senior (年上の), junior (年下の), superior (優れた), inferior (劣った) などは、
than でなく to を伴う特別の比較級。

She is three years senior to me.
= She is three years older than I.
= She is three years my senior.
(彼女は私より三つ年上です)

the + 比較級 + of the two
 「二つのうちの~のほう」の意味。

この場合、比較級に the がつき、of を伴う。

My son is the taller of the two [boys].  (息子は2人のうち背の高いほうだ)
Which is the more expensive of the two rings?
(二つの指輪で高いほうはどちらですか)

比較級の慣用表現

外国語の独学に挫折した」ときに試したい超効率的でハードルが低い勉強 ...

no longer や no more than などの「 否定語 + 比較級 」「 the + 比較級 」をはじめとして、いろいろな慣用表現があります。

比較級+and+比較級 「ますます~、だんだん~」の意味。

As we grow old, our memory becomes poorer and poorer.
(年をとるにつれて、記憶力はだんだん弱くなる)

the+比較級~、the +比較級…
 「~すればするほど、ますます」
の意味で、漸増 [ 漸減 ] を表します。

The higher we go up
, the colder it becomes.
=As we go up higher, it becomes colder.
(高くのぼればのぼるほど、寒くなる)

The sooner, the better.
(早ければ早いほどよい)

(all) the + 比較級+for [because] ~
「~のためにいっそう、それだけかえって~」
の意味。

They work (all) the harder for the wage raise.
(彼らは給料が上がるからそれだけ熱心に働く)

I like her (all) the better for her faults.

=I like her (all) the better because she has faults.
(彼女は欠点があるからかえって好きになる)

no more [ longer ] ~ =not ~any more [longer ]
「もうこれ以上は[もはや]~ない」
の意味。

They no longer listened to him. (彼らはもう彼の話を聞かなかった)

I don't want oranges any more.
(私はもうオレンジはいらない)

no more ~ than… 「…でないのと同じように~でない」の意味。

A is no more B than C is D.
(AがBでないのはCがDでないのと同じ)

We could no more live in such a forest than we could live in boiling water.
(沸騰した湯の中に住めないのと同じように、そんな森の中に住むことはできなかった)

<NOTE>
この場合は than の前後はいずれも否定される。
逆に no less ~ than …では肯定され、「…であるのと同じように~である」となる。

He is no less a poet than I am.
(彼は私と同様に詩人である)

no [not] more than no [not] less than
次の表を見て、no [not] more は否定的、no [not] less は公的的であることを
確かめよう。

否定的no more than
「たった~だけ」
He has no more than ten dollars.
→ = only      (たった10ドル)
not more than
「せいぜい~」
He has not more than ten dollars.
→ = at most  (せいぜい10ドル)
肯定的no less than
「~も」
He paid no less than fifty dollars.
→ = as much as   (50ドルも)
not less than
「少なくとも」
He paid not less than fifty dollars.
→ = at least          (少なくとも50ドル)

much [ still ] more
肯定文
のあとで「まして~はなおさらだ(~である)

 much [ still ] less    否定文のあとで「まして~はなおさらだ

He can speak French, much [still] more English.
(彼はフランス語が話せる。まして英語はなおさら話せる)

He cannot read English, much [ still ] less French.
(彼は英語が読めない。ましてフランス語はなおさら読めない)

絶対比較級
比較級の対象を示さないで、漠然と程度が高いことを表す。
the upper class (上流階級),
the younger generation (若い世代),
the higher animals (高等動物),
higher education (高等教育)

ポイント
見たら、比較の対象を考えよう。
〔基本形〕  A…比較級+than B.  (AはBより…)
〔慣用表現〕 the + 比較級 + ~,  the + 比較級… など

【ネイティブがよく使う簡単で便利なフレーズシリーズ】一覧

1. あいさつ編
2. いってらっしゃい編
3. 「ええ?!また?!勘弁してよ!」
4. 「最悪!!いい加減にしてよ!」
5. 「むかつく!」「なんてこった!」

6. 「私にまかせて!」や、「あなた次第だよ」
7. 「だんだんわけがわからなくなってきたぜ?」
8. 「なるほど!そういうことね」
9. 「まいった!そうくるとは思わなかったよ」
10. 「ありえん!」

11. 「落ち着いて。冷静に」
12. 「にっちもさっちもいかん!」
13. 「ちゃんと聞いてるよ」「あいつ、口ばっかり!」
14. 「大賛成!」「納得したよ」「あいつ、どっちつかず」
15. 「冗談だよ!」「からかってんだよね?」

16. 「冗談きついぜ!」「やりすぎだよ!」
17. 「おしかったね」
18. 「経験したことあるよ」
19. ‟Don't go there" の本当の意味とは?
20. 「ドキドキする!」

21. ‟Not my cup of tea" の本当の意味とは?
22. 「何を悩んでいるの?」
23. ‟Where were we?" の本当の意味とは?
24. ‟Where's the fire?" の本当の意味とは?
25. 「気はすんだ?」

26. 「することが山ほどある!」
27. 「おちゃのこさいさい!」「楽勝!」
28. 「無理強いした」
29. 「痛くも痒くもないわ」
30. 「空気読めよ~」「しらけさせるなよ」

31. 「図星だね!」 〝Bull's eye!" とは?
32. "I wasn't born yesterday" の本当の意味とは?
33. 「やっかいもの・見放されている」はなんと言う?
34. 「噂をすれば影」はなんと言う?
35. "Are you up for ~?” とはどんな意味?

36. 「超しあわせ!」表現いろいろ
37. 「めんどくさ!するのヤダ!」表現いろいろ
38. 「連絡を取り合おう」「しばらく距離をおこう」はなんと言う?
39. 「腹ペコだ!」「小腹がへった」はなんと言う?
40. "What do you know?" の本当の意味とは?

41. 「もう限界!」「堪忍袋の緒が切れた!」は英語でなんと言う?
42. 「ひとつ借りができたね」は英語でなんと言う?
43. "Are you with me?" の本当の意味とは?
44. "Say no more!" の意味とは? 「知ったかぶり」は英語でなんと言う?
45. "Let it slide" とはどういう意味?

46. 「本気出せ!/頑張って!」を英語で!
47. 「励ましをありがとう」を英語で!
48. "Did you have a ball?" の本当の意味とは?

【電話でビジネス英会話の基礎】一覧

1. 最初の一言
2. 相手の英語が聞き取れない場合
3. 自分の英語が伝わらない場合
4. 保留・転送する場合の表現
5. 担当者が出られない場合

6. 不在の状況を尋ねる場合
7. 不在状況を説明する場合
8. 代わりに用件を聞く / 電話機能の用語一覧
9. かけなおすと伝える
10. かけなおしてほしい場合

11. 伝言を頼む/頼まない場合 電話における動作表現リスト
12. 相手の連絡先を尋ねる
13. 間違い電話に応じる
14. スモールトークの基礎
15. タイミングを気遣う場合 / 日時、頃合いの表現リスト

16. お礼、感想を述べる場合
17. 食事などに誘う場合 / 数字・記号の読み方リスト
18. 祝辞・お見舞いを述べる場合
19. あいづち・つなぎ表現 / 会社概要・名称リスト
20. 電話の結び表現 / 会社部署の名称リスト

21. 初めて連絡をとる場合 / 役職名称リスト
22. 約束をとりつける
23. 約束の日付・時間変更をする場合
24. 仕事の進捗状況を確認する場合 / 書類の名称リスト
25. 仕事の遅延・変更について謝る / 業種の言い方リスト

26. ファックスした文書について話す / 文書に便利な表現リスト
27. 同じ文書を見ながら話す
28. 問い合わせを受ける
29. 留守電への吹込み方
30. クレームに対応する場合

31. 航空券を予約する
32. ホテルを予約する / ルームサービス・ランドリーなど
33. ホテルから国際電話をかける場合

スポンサードリンク

-英文法の基礎