hardly, seldom, rarely 準否定語・部分否定の使い方を解説!わかりやすい英文法㊽

英文法の基礎
スポンサーリンク

48.   準否定語・部分否定

 

not,  no,  never  のように「~ない」とキッパリ否定せずに、「ほとんど~ない」と
弱く否定したり、「全部が~とは限らない」と部分的に否定することがあります。

準否定語による否定 … hardly (ほとんど~ない)seldom (めったに~ない) など

部分否定 … not ~ all [ always ] (全部〔いつも〕~とは限らない) などの部分的な
否定

スポンサーリンク

① 準否定語による否定

海外大に入学して驚いたこと!-勉強編④課題、自宅学習について ...

英語には「ほとんど~ない」「めったに~ない」などの意味を表す語がいくつかある。
このような否定表現に用いられる語を準否定語ということもある。

hardly
scarcely
「(程度が)ほと
んど~ない」
I can hardly hear you.
(私は君のいうことがほとんど聞こえない)
I cannot hear you.
(私は君のいうことが聞こえない)
seldom
rarely
「(頻度が)めった
に~ない」
We seldom go to a movie at night.
(私たちは夜はめったに映画を観に行かない)
He rarely studied, yet he passed every exam.
(彼はめったに勉強しなかったが、全ての試験にパスした)
few
「(数が)ほと
んどない」
little
「(量・程度が)
ほとんどない」
Few students can solve the problem.
(その問題が解ける生徒はほとんどいない)
A few students can solve the problem.
He has little interest in history.
(彼は歴史にほとんど興味をもっていない)
He has a little interest in history.

 

<NOTE>
上の表に示したように、 few, littlea がつくと、肯定的な意味で「少しはある」
なるが、これはあくまで主観的なものである。
なお、副詞の little は程度を表し、 think, imagine, expect などの動詞の前では強い
否定になる。
I little expected her answer.  (彼女の答えをまったく期待していなかった)

② 部分否定

留学前こそ勉強!?アメリカ留学の準備のためにやっておくべきコト10 ...

all,  every  などの全体を表す語と not をあわせて用いると、「すべてが~とは限らない」という意味になる。これを部分否定という。
次の3文を比べてみよう。

Every ball is white.  (すべてのボールが白い)  …〇〇〇〇〇
Not every ball is white.   〔部分否定〕   …〇●〇●〇
= Every ball is not white.  (すべてのボールが白いわけではない) 
No ball is white.  (どのボールも白くない)      …●●●●●

❶の文を否定文にすると、❷の部分否定の文になる ( not every ~ )。
❷の文に対して、❸の全部を否定する文を全体否定という ( no~ )。

 

部分否定 全体否定
not ~ all [ every ] (すべてが~とは限らない)
not ~ both (両方とも~とは限らない)
not always (いつも~とは限らない)
not necessarily (必ずしも~とは限らない)
not quite [ altogether ] (全く~とは限らない)
not ~ any  /  none
not ~ either  /  neither
never / not ~ at all
never / not ~ at all
never / not ~ at all

I don’t want both the books.
(本を二冊ともは要らない)

He is not always busy on Mondays.
(彼は月曜日にいつも忙しいとは限らない)

Tall people are not necessarily good basketball players.
(背の高い人が必ずしもバスケットがうまいとは限らない)

コメント

タイトルとURLをコピーしました