最上級の使い方、注意点もくわしく解説!わかりやすい英文法㊲

英文法の基礎
スポンサーリンク

37.  最上級の用法

 

最上級は、読んで字の通り、程度が最も上であることを表す形です。
基本的な用法は「 A … the + 最上級 + of [in] ~」であり、比べるものは of [in] ~
で示されます。

比較級が二つのものを比べるのに対し、最上級は三つ以上のものを含むグループや場所
を比較の対象とします。

スポンサーリンク

① (the+) 最上級 + of [in] ~

海外大に入学して驚いたこと!-勉強編④課題、自宅学習について ...

三つ以上のものを比べて、「Aは~のうちで一番…」というときには、
「A … the + 最上級 + of [in] 」の形を用いる。

比べるものがグループ(複数扱い)なら of ~、場所(単数扱い)なら in ~ で示す。
最上級の前には、ふつう the をつけることに注意しよう。

ただし、副詞の最上級には the をつけなくてもOK。

形容詞の最上級
the + 最上級 +
of + 複数扱いの名詞
in + 単数扱いの名詞
He is the tallest of all the boys in the class.
= He is the tallest boy in the class.
(彼はクラスで一番背の高い少年です)
Mary is the most talkative of the four girls.
(マリーは4人の少女の中で一番おしゃべりだ)
副詞の最上級
(the+)最上級+
of + 複数扱いの名詞
in + 単数扱いの名詞
I like spring (the) best of all the seasons.
(私は四季のうちで春が一番好きだ)
Mother gets up (the) earliest in my family.
(母が家族の中で一番早く起きる)

次のように「2番目に最も~」とか、「最も~なものの一つ」といういい方もできる。
これは日本語にはあまり見られない表現である。

The Tone is the second longest river in Japan.
(利根川は日本で二番目に長い川です)

He became one of the greatest singers that the world has ever known.
(彼はこれまでに知られている最も偉大な歌手の1人になった)

 

<NOTE>
最上級を用いて「~でさえも」(=even) の意味を表すことがある。

The richest
person in the world cannot buy this picture.
(世界で最も金持ちの人でさえこの絵は買えない)

② 注意すべき最上級の用法

私の海外大生活~楽あり↑・苦あり↓③〜 | ブログ | ベネッセ海外進学 ...

much + 最上級
最上級を強めるときはには、much, by, far, very などを用いる。

Tokyo is much [ by far ] the largest city in Japan.
(東京は日本でとびぬけて一番大きな都市です)

This dictionary is the very best in Japan.
(これは日本でまさに最良の辞書だ)

<NOTE>
the very best ( = much the best ) の語順に注意する事。また、the most のつく
最上級は強調できない。
(×) the very most interesting story.

 

同一物の比較
同じ人・物の性質・程度を比べるときには、最上級に the をつけない。
また、最上級の形容詞が補語になるときにも the をつけないことがある。

The lake is deepest at this point.   〔同一物の比較〕
(その湖はこの地点が最も深い)
I am happiest when I am with you.
(君といっしょにいるときが一番幸せだ)

The lake is the deepest in this country.  〔ほかとの比較〕
This pen is (the) most expensive of all in the store.  〔補語〕
(このペンはその店で一番値段が高い)

 

a most 「たいへん」(= a very )
    most    「たいてい(の)」

She was a most reserved lady in the party.
(彼女はそのパーティーではとてもひかえめな女性だった)
Most people think him honest.  (たいていの人は彼を正直だと思っている)
Most of his story is true. (彼の話の大部分は真実です) 〔名詞的用法〕


<NOTE>

a most = a very となるのは、最上級が比較の働きを失って、単に程度が高いことを
表すのに用いられていると考えられる。これを絶対最上級という。
同じような用法は比較級にもみられる。

 

慣用表現
次のような最上級を含む慣用表現を覚えよう。

at one’s best (最高の状態で), make the best of (~をできるだけ利用する),
not ~ in the least (少しも~ない), do one’s best (全力をつくす),
at least (少なくとも), at (the) best [most] (せいぜい)

③ 最上級の内容を表す構文

アメリカ人ってどうやって勉強しているの?アメリカ流の勉強スタイル ...

最上級の表す内容は、原級・比較級を用いても表すことができる。

最上級 (a) He is the tallest boy in his class.  (彼はクラスで最も背が高い少年だ)
(b) Health is the most important of all. (健康は全てのものの中で最も大切である)
原級 「否定語…as [so] + 原級 + as~」
(a) No (other) boy in his class is as tall as he.  (クラスのだれも彼ほど背が高くない)
(b) Nothing is as important as health.  (健康ほど大切なものはない)
比較級 「 … 比較級 + than any other + 単数名詞 」
(a) He is taller than any other boy in his class. (彼はクラスの誰よりも背が高い)
(b) Health is more important than anything else. (健康は他のどんなことより重要だ)
「 否定語 … 比較級 + than ~ 」
(a) No (other) boy in his class is taller than he. (クラスのだれも彼より背が高くない)
(b) Nothing is more important than health.  (健康より大切なものはない)

 

※ no (other) + 名詞の場合、比較するものが同じ仲間に属する場合は other ではなく
てよい。また主語になっている場合、other は省いてよい。

 

ポイント
●形容詞の最上級には the をつける。
〔基本形〕A … ( the + ) 最上級 + of [in]  ~.
「 … 比較級 + than any other ~」などの表現に注意。

コメント

タイトルとURLをコピーしました