分詞構文の意味や作り方とは?初心者にもわかりやすい英文法㉓

英文法の基礎
スポンサーリンク

23. 分詞構文

現在分詞・過去分詞で始まる語句が、時・理由・付帯状況などを表すことがあります。

例をあげると…

Having
little money with me
, I couldn’t buy the dictionary.
→ As I had little money with me.
(お金が少ししかなかったので、その辞書が買えなかった)

この having little money with me は理由を表しています。
ふつうは接続詞を用いて副詞節にする内容ですが、分詞を用いればこのように簡潔に表すことができます。

これを分詞構文というんです。

なお、分詞構文は文語に多く、会話文にはあまり用いられない表現です。

分詞構文は副詞句であることに注意しましょう。

スポンサーリンク

① 分詞構文のつくり方

日本学生支援機構の「給付奨学金」、2019年度はどうなる? – MONEY PLUS

接続詞を用いた文を、分詞構文にするにはどうすればいいか。

次の(a)接続詞を用いた文と(b)分詞構文とを比べてみよう。

(a) When   I  entered the room, I saw a  strange sight.
↓     ↓   
(b)   ×   ×  Entering the room, I saw a strange sight.

(部屋に入った時、私は奇妙な光景を見た)

(a)の文の「接続詞+主語+動詞」の3語が、(b)の分詞構文では現在分詞1語になる。
この手順をまとめると次のようになる。

●分詞構文のつくり方
❶ 副詞節の接続詞をとり去る。
❷ 主節の主語と一致している主語をとり去る。
❸ 副詞節の動詞を現在分詞にかえる。


<NOTE>

副詞節の動詞が否定形なら not を分詞の前につける。
As  I   did not know her address, I could not write to her.
↓  ↓         
× ×  Not knowing her address, I could not write to her.

② 分詞構文の意味

ほめるんじゃーイエロー Twitterissä: "こんにちは!今日はナンブへの ...

分詞構文には、副詞節とちがって接続詞がないから、どういう意味かを判断するとき
接続詞を手がかりにすることはできない。

そこで分詞構文と主文の関係を調べて、文全体の意味から判断することが必要になる。


「~とき」
Walking along the street, I happened to see my teacher.
When I was walking along the street.
(通りをあるいていたら、偶然先生に会った)
理由
「~ので」
Ms. Anne, playing the piano, didn’t hear the bell.
as she was playing the piano,
(アンさんはピアノをひいていたので、ベルが聞こえなかった)

※分詞構文は、文頭だけでなく文中や文尾に置かれることもある。

付帯状況
「~しながら」
「…して~」
Reading the morning paper, he had breakfast.
(朝刊を読みながら、彼は朝食を食べた)
②Many people came to see the famous singer,
causing a lot of trouble.
…and caused a lot of trouble.
(多くの人がその有名な歌手を見に来て、大騒ぎを起こした)

「付帯状況」というのは、①主文の表す動作と関連して同時に起こる動作を表したり、
②主文の動作の結果を表すような場合である。

①の場合は、接続詞を用いて書きかえるのは難しい。付帯状況を示す分詞構文はふつう
文尾にまわされる。

条件
「~すれば」
Turning to the left, you will find the hotel on the right.
If [when] you turn to the left,
(左に曲がれば、右手にそのホテルが見えるだろう)
譲歩
「~だが」
Admitting what you say, I still think you should apologize to him.
Though I admit what you say,
(君の言うことは認めるが、それでも彼に謝るべきだと思う)

分詞構文が「条件」「譲歩」の意味で用いられることは、比較的すくない。

 

<NOTE>
分詞の前に接続詞をつけて、意味をはっきりさせることもある。
While walking in the garden, I found some pretty flowers.
(庭を歩いていた時に、私は美しい花をみつけた)

③ 分詞構文の受動態・完了形

新入生必見!】大学生の勉強方法特集! | コトカレ

分詞構文が過去分詞で始まることがある。

これは副詞節の動詞が受動態の場合にあたる。
「be動詞+過去分詞」→「being+過去分詞」となるはずであるが、分詞構文ではふつう
文頭の being を省略して、過去分詞で始める。

When he was left alone, the boy began to cry.
↓   ↓   ↓
×    ×  (×)  Left alone, the boy began to cry.
                                                (少年は一人にされると泣き出した)
being を省略

Surrounded by the enemy, they had to prepare for death.
As they were surrounded by the enemy.
(彼らは敵に囲まれたため、死の覚悟をしなければならなかった)

分詞構文が完了形「having+過去分詞」で始まることもある。
完了形の分詞は主文の動詞よりも前の時を表す。つまり、主文が現在なら過去または
現在完了、主文が過去なら過去完了に相当する。

After he has locked the door, he goes out for a walk.
  ↓    ↓        ↓
×     ×   Having locked the door, he goes out for a walk.
(ドアに鍵をかけてから、彼は散歩に出かける)As I had seen him before, I knew at once who he was.
↓ ↓      ↓
×  ×   Having seen him before, I knew at once who he was.
(以前彼に会ったことがあったので、彼がだれかすぐにわかった)


<NOTE>

完了形の分詞については、次の点に注意しよう。

否定形は「not [never] having + 過去分詞」
having not ~の語順は誤り。
Never having seen him before, I didn’t know who he was.
(彼に会ったことがなかったので、私はが誰だかわからなかった)

❷「having been+過去分詞」の having been を省略することがある
(Having been) Written in haste, the letter has some mistakes.
(その手紙は急いで書いたので、いくつか誤りがある)

④ 独立分詞構文

勉強日記をつける意味は?中綴じで製本したり手帳に書いて残す意味 ...

主文の主語と分詞の意味上の主語が異なるとき、分詞の意味上の主語を分詞の前につける。

これを独立分詞構文といい、「意味上の主語(主格)+ 分詞」の形になる。

As  it was Sunday, the street was crowded with people.
↓  ↓  ↓
×  It being Sunday, the street was crowded with people.
(日曜日だったので、通りは人々で混雑していた)

The last bus having gone, we had to walk home.
Because the last bus had gone, ~
(最終バスが出てしまったので、私達は歩いて帰宅しなければならなかった)

⑤ with + 独立分詞構文

独立分詞構文の前に with をつけて「付帯状況」(~を…して) を表すことがある。
with+名詞+ -ing [または過去分詞] の形になる。

The plane landed, with its silver wings shining in the sun.
(飛行機は陽光に銀色の翼を輝かせて着陸した)

She sat on the chair, with her legs crossed.
(彼女は脚を組んでいすにすわった)

<NOTE>
分詞の意味上の主語が一般の人の場合は、主文の主語と異なっていても省略される
次のような慣用表現に多い。

judging from (~判断すると)generally speaking (一般的に言えば),
frankly speaking (率直に言えば), talking [speaking] of (~といえば),
considering~(~を考えれば)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました