to のつかない原形不定詞とは?初心者にもわかりやすい英文法の基礎⑲

英文法の基礎
スポンサーリンク

19.  原形不定詞

不定詞には「 to + 動詞の原形 」の形のほかに、to のつかない不定詞もあります。

これを、動詞の原形だけの不定詞という意味で、原形不定詞といいます。

原形不定詞は to つき不定詞とはちがって、次に述べるような特別の場合に用いられます。

スポンサーリンク

① 助動詞 + 原形不定詞

留学経験を就活で最大限アピールする方法とは?自己PRの例文付き ...

can, must, will, shall, do などの助動詞のあとでは動詞の原形が用いられる

It will be fine tomorrow.          (明日は晴れるだろう)
Did you tell him your name?    (彼に名前を告げた?)

② S + V + O + 原形不定詞

see, hear などの動詞は、「目的語+原形不定詞」を伴うことがある。
次の2つの文の形を比べてみよう。

❶ I told him to dance with her (私は彼に彼女と踊るようにといった)
   S     V        O        toつき不定詞

❷ I saw him dance with her.       (私は彼が彼女と踊るのを見た)
     S     V       O             原形不定詞

❶は目的語のあとが to つき不定詞、❷は原形不定詞。

同じ「S+V+O+不定詞」の形でも、前の動詞が see, hear, make など知覚動詞、使役動詞(~させる、してもらう)の時は原形不定詞になる

原形不定詞の意味上の主語は、目的語(O)である。

知覚動詞(see, hear, feel
watch など)+
O+原形不定詞
I heard the door open.
S  V      O   原形不定詞
(私はドアが開く音を聞いた)
使役動詞(make, let, have
など)+O+原形不定詞
They made Jim work too hard.
 S           V          O          原形不定詞

知覚動詞、使役動詞には、目的語のあとが現在分詞過去分詞になる形もある。

Did you feel the earth quake?
(地面が揺れるのを感じましたか)

I had my brother carry the box to my room.
(弟にその箱を部屋まで運ばせた)


<NOTE>

❶ 動詞 help のあとや、All you have to do is(~しさえすればよい)のあとでは
to 不定詞、原形不定詞のいずれでもよい。

I helped my mother (to) clean the room.
(私は母が部屋を掃除するのを手伝った)

All you have to do is (to) clean
the room.
(君は自分の部屋の掃除さえすればよい)

❷ 知覚動詞、使役動詞が受動態になると原形不定詞は to つき不定詞になる。

They saw him go out of the room.
→ He was seen to go out of the room.
(彼は部屋を出て行くのを見られた)

They made her clean her room.
→ She was made to clean her room.
(彼女は自分の部屋をそうじさせられた)

③ 不定詞の注意すべき用法

効率がいいの?悪いの?実際のところながら勉強ってどうなの?みんなの ...

不定詞の否定形 not または never を不定詞の直前につける。

She tried not to cry.
(彼女は泣くまいと努めた)

My father told me never to see her again.
(父は私に二度と彼女に会わないようにといった)

不定詞の完了形 「to have + 過去分詞」で、述語動詞よりも前の時を表す。

Mary seems to have been sick.   (マリーは病気だったようだ)
=It seems that Mary was 〔has been 〕sick.


<NOTE>

不定詞の進行形「 to be + 現在分詞 」、受動態「 to be + 過去分詞 」を用いること
もある。
He seems to be studying in his room now.                 〔進行形〕
(彼は今部屋で勉強しているらしい)

You must learn to be respected by others.                 〔受動態〕
(あなたは他人から尊敬されるようにならなければいけない)

代不定詞  同じ動詞のくり返しをさけるため、to 不定詞を to だけで表す形。
You can go out if you want to (go out).
(外出したければしていいよ)

不定詞の慣用表現 to tell the truth (本当のことをいうと), strange to say (奇妙なことに), to be sure (確かに), to begin with (まずはじめに), fail to (しそこなう),
had better〔would rather, cannot but〕+原形不定詞 (~したほうがいい、~せざるを得ない), do nothing but + 原形不定詞 (~ばかりしている)

I would rather stay at home (than go for a walk).
(〔散歩に行くより〕家にいたい)

We cannot but respect the great musician.
(われわれはその偉大な音楽家を尊敬せずにいられない)

You had better not go out.
(君は外出しないほうがいい)

ポイント

●助動詞のあとなら原形不定詞
●動詞が知覚動詞・使役動詞なら目的語のあとは、to 不定詞ではなく原形不定詞。
S + V (see, hear, makeなど) + O + 原形不定詞
had better + 原形不定詞 (~したほうがよい) など

コメント

タイトルとURLをコピーしました