be動詞、規則・不規則動詞の使い方!初心者にもわかりやすい英文法の基礎⑧

英文法の基礎
スポンサーリンク

8. 動詞の活用

動詞といえば、あの複雑な語形変化を思い浮かべる方も多いと思います。

初めのうちは理屈ぬきで覚え込むことも必要ですが、高校生ともなれば基本のルールを
整理して、体系的に覚えることが大切です。

動詞の語形には次の表にあげるような形があります。

原形 現在形 3人称単数 過去形 過去分詞 現在分詞
look
make
look
make
looks
makes
looked
made
looked
made
looking
making

現在形には、主語が3人称単数のときにだけ用いる特別な形が含まれていますが、普通は現在形と原形は同じ形です。

また、現在分詞は原形の語尾に -ing をつけて規則的に作ることができます。

そこで、上の表の変化形のうち「原形-過去形-過去分詞」の三つが基本となり…
この三つの変化を動詞の活用といいます。

スポンサーリンク

①be 動詞、have の語形変化

大学における勉強法の基本まとめ - STUDY HACKER|これからの学びを ...
be動詞は、現在形に、am, are, is の三つがあり、過去形に was, were, の二つがある。

また、have は3人称単数に has を用いる点で、ほかの動詞とは違っている。
ここでまとめて覚えておこう。

原形 現在形 3人称単数 過去形 過去分詞 現在分詞
be
have
am, are
have
is
has
was, were
had
been
had
being
having

●be動詞は「~である、いる」の意味、have は「持っている」の意味でそれぞれ動詞
として用いるほかに、現在分詞・過去分詞とともに用いられることがある。

進行形「be動詞+現在分詞」、受動態「be動詞+過去分詞」
現在完了形「have+過去分詞」、過去完了形「had+過去分詞」

この場合のbe動詞やhaveは、助動詞としての用法である

②規則動詞

動詞の活用は、複雑なように見えるが、大部分は一定のルールに従って規則的に形が
変わる。そのルールとは次の通りである。

原形に-edをつけて過去形・過去分詞をつくる。

このような動詞を規則動詞という。ただし、次の表に示すものに注意すること。
‐d をつけたり、語尾の形をかえて ‐ed をつけることがある。

語尾の形 つくり方
❶ e
❷「子音字+y」
❸「短母音+1子音字
-d だけをつける
y i にかえて-ed
子音字を重ねて -ed
use → used
study → studied
stop → stopped

❷❸はやや分かりにくいので、似かよった場合と比べてみよう。

「母音時+y」ならばそのまま -ed をつける。play → played

「1母音字+r」の場合もrを重ねて -ed。  stir → stirred

ただし、「2子音や-x」ならばそのまま-edをつける。
help → helped,  mix → mixed

また、「アクセントのない音節」で終わる場合も、そのまま -ed をつける。
limit → limited,  offer → offered

語尾の -ed の発音に注意。〔t〕〔d〕〔id〕の3種類がある。

原形の語尾が 〔t〕〔d〕なら〔id〕               wanted, ended
〔t〕以外の無声音なら〔t〕   asked, washed
〔d〕以外の有声音なら〔d〕  played, opened

③不規則動詞

日本の常識が通用しない?!】アメリカ人大学生の特徴について留学体験 ...
不規則に変化する動詞は、規則動詞に比べて数は少ないが、日常よく用いる語が多い。

活用のしかたには、次のような型があるので、まとめて覚えておこう。

A-B-B 型   buy – bought – bought         make – made – made
sell – sold – sold                  stand – stood – stood
A-B-A 型   come – came – come           become – became – become
run – ran – run      (基本語ではこの3語のみ)
A-A-B 型   beat – beat – beaten (この1語のみ)
A-A-A 型   cut – cut – cut                  hit – hit – hit
put – put – put                 shut – shut – shut
A-B-C 型   begin – began – begun         give – gave – given
go – went – gone                 write – wrote – written

次のような活用形のまぎらわしい動詞に注意しよう。

lie  (横たわる〔自動詞〕) - lay – lain
lay (横たえる〔他動詞〕) – laid – laid

wind〔waind〕(巻く)  – wound 〔waund〕-wound
wound〔wu:nd〕(傷つける)woundedwounded

ポイント

●不規則動詞の活用は、確実に覚えよう。
    規則動詞……原形に -d または -ed をつける。
  不規則動詞…動詞ごとに独自の活用をする。

④ -(e)s,  -ing 形のつくり方

ちょっと日本人からは引いてしまうアメリカの大学の授業風景 ...
3人称単数現在形 -(e)s と現在分詞 -ing は、原形から規則的につくることができる。

ただし、なかには語尾の形がかわるものもあるので、次の❶❷の表を見て確かめておこう。

3人称単数現在形 -es  たいていの動詞は -s をつけてつくる。

発音が〔s,z, ʃ, ʒ, tʃ, dʒ  〕
及び「子音字+o」で
終わる動詞
-s か、-es を
つけ、語尾を
-es にする
wash → washes
judge → judges
go → goes
「子音字+y」で終わる動詞 y を i にかえて
-es
study → studies
carry → carries

-(e)s の発音は〔iz〕〔z〕〔s〕の3種類がある。

(a) 原形が〔s,z, ʃ, ʒ, tʃ, dʒ〕で終わる場合は〔iz〕
watches 〔watʃiz〕, passes〔pæsiz〕

(b)原形が有声音で終わる場合は〔z〕
lives〔livz〕, goes〔gouz〕

(c)原形が無声音で終わる場合は〔s〕
stops〔stɑps〕, sits〔sits〕

※say〔sei〕→ says〔sez〕  (seizではない)
do〔du:〕→ does〔dʌz〕の発音にはとくに注意。

❷ 現在分詞 -ing  たいていの動詞はそのまま -ing をつけてつくる。

発音しないeで終わる動詞   e をとって
  -ing
make → making
give → giving
「短母音+1子音字」
「1母音字+r」で終わる動詞
  最後の子音を
  重ねて -ing
begin → beginning
swim → swimming
stir → stirring
-ie〔ai〕で終わる動詞   ie を y に
  かえて -ing
die → dying
lie → lying

●「短母音+1子音字」で終わる動詞でも、最後の音節にアクセントのない場合は、
そのまま -ing をつける。子音を重ねなくてよい。

visit → visiting,  happen → happening,  offer → offering

コメント

タイトルとURLをコピーしました