助動詞とは?使い方を超くわしく解説!わかりやすい英文法の基礎㉔

英文法の基礎
スポンサーリンク

24. 助動詞

「私は泳ぐ」という文に関して、次のようないい方ができます。

私は泳ぐことができる I can swim.
私は100m泳がなければならない I must swim 100 meters.

このような変化に富んだいい方を演出するのが助動詞です。

つまり、助動詞はあとの動詞にいろいろな意味を付け加えるものということです。

一般的には、助動詞のあとには動詞の原形がくるが、ほかにもいろんな使い方をするので中学で学んだ点にも注意し、助動詞の用法を学びましょう。

スポンサーリンク

① can,  may,  must

効率がいいの?悪いの?実際のところながら勉強ってどうなの?みんなの ...

中学校でも学んだ代表的な助動詞に can, may, must がある。

高校では、このほかにもいくつか新しい助動詞を学ぶ。

どういう助動詞があるか、次の表で確かめておこう。

do [does, did]
be [am, are, is, was, were]
have [has, had]
can [could] 
may [might]
must
will [would]
shall [should]
need
dare
ought to 
used to


<NOTE>

do, be, have はふつうの動詞〔本動詞〕として用いられることも多いが、疑問文・否定文の do, 進行形・受動態の be, 完了形の have は助動詞である。

ought, used
はほかの助動詞とは異なり、「to+動詞の原形」を伴って助動詞として
用いられることに注意。


助動詞の性質

助動詞には、一般に次のような性質がある。ある語が助動詞であるかそうでないかは
この性質を備えているかどうかで判断できる。

❶あとに動詞の原形がくる「助動詞+動詞の原形」の形になる。
ただし上の<NOTE>で述べたように be, ought, used は例外。
He can swim well. (彼は上手に泳げる)
  助動詞+動詞の原形

❷否定文では not をそのあとに置き、疑問文では主語の前に出る
do [does, did] は用いない。
He cannot swim well.  /  Can he swim well?
  助動詞+not             助動詞+主語

What can I do for you?  (いらっしゃいませ、何になさいますか) 〔店員の言葉〕
疑問詞+助動詞+主語

❸ 3人称単現在でも -(e)s をつけない。また、不定詞・分詞・動名詞にはしない。
ただし、 be, have, do は例外。
You can swim well.
He can swim well. ( cans とはしない )

② can,  be able to

can の基本的な意味は「~できる」(可能・能力)である。
過去形は could [kud]。 次のような用法がある。

可能・能力
「~できる」
Can you speak English?
Yes, I can speak it a little.
(英語を話せますか。はい、少し話せます)
I could not lift the box.
(私はその箱を持ち上げることが出来なかった)
推量
「〔否定文で〕~の
はずがない」
「〔疑問文で〕一体
…だろうか」
Can the rumor be true?
No, it cannot be true.
(そのうわさは本当だろうか。 いや、本当であるはずがない)
許可
「~してよい」
You can go home now.  〔 can = may 〕
(もう帰宅してよい)
えんきょく表現
「~していただけますか」
Can [Could] you tell me the way to the hotel?
(ホテルへ行く道を教えていただけませんか)
※Could ~ ほうが丁寧な表現。

will can のように助動詞を二つ重ねることはできない。したがって未来の文やほかの
助動詞のあとでは can → be able to とかえる。

(✕) I will can drive a car.
(〇) I will be able to drive a car.  〔未来形〕
(私は車の運転ができるようになるだろう)

(✕) You may can see Mr. Smith.
(〇) You may be able to see Mr. Smith.
(君はスミスさんに会えるかもしれない)


<NOTE>

~できた」という過去の肯定文では、could 同様に was [were] able to
用いられる。
Ken was able to catch the last bus.
= Ken managed to catch the last bus.
(ケンは最終バスに間に合った)

③ may

海外大に入学して驚いたこと!-勉強編④課題、自宅学習について ...

may の基本的な意味は「~してよい」(許可) である。過去形は might [mait]。
次のような用法がある。

許可
「~してよい」
May I go home now?
Yes, you may. / No, you may not.
(家へ帰ってもいいですか。はい、いいよ。/ いえ、いけません)
推量
「~かもしれない」
It may snow this afternoon.
(午後は雪が降るかもしれない)
Perhaps he may not know her address.
(たぶん彼は彼女の住所を知らないかもしれない)
祈願
「~しますように」
〔祈願文で〕
May God bless you!
(神の祝福のあらんことを)
May the Queen live long!
(女王様万歳)

might は may の過去形として用いられるほかに、現在の文で次のようなえんきょく
意味を表す。

 

「~してよい」
「~かもしれない」
「~してもよさそうな
ものだ」
Might I ask your name?
(お名前をお聞かせ願えますか)
He might not tell the truth.
(彼は本当をことを言わないかもしれない)
You might lend me the book.     〔非難〕
(その本を貸してくれてもよいでしょうに)

May I ~?/ may not よりも、Might I ~? / might not を用いるほうがより丁寧な
いい方になる。

 

<NOTE>
may notmust not は、どちらも「~してはいけない」の意味であるが、
must not のほうは強い禁止を表す。
May I ~? の答えには may not を用いることが多い。

なお、 may は次の構文にも用いられる。
目的を表す so that … may
譲歩を表す however [whatever など] ~may, no matter how [whatなど] ~may

④ must,  have to

must の基本的な意味は「~しなければならない」(必要・義務) である。
否定形の must not は「~してはいけない」(禁止) の意味。

次のような用法がある。

必要・義務
「~しなければならない」
We must keep our promise.
(私達は約束を守らなければならない)
Must I wear a school uniform today?
No, you don’t have to [need to] .
(今日、制服を着なくてはいけませんか。
いいえ、その必要はありません)
禁止
「[否定文で]~してはいけない」
You must not play in the street.
=Don’t play in the street.
(通りで遊んではいけない)
推定
「~に違いない」
He must be over eighty.
(彼は80歳をこえているにちがいない)

必要・義務を表す must の代わりに have to (発音は[hæftə]) を用いることがある。
主語が三人称単数で現在の文なら has to ([hæstə]) になる。

とくに must の過去形には had to,
                      未来形には will have to を用いることに注意。

I msut [have to] go there myself.        〔現在〕
(私は自分でそこにいかなければならない)

I had to go there myself.           〔過去〕
(私は自分でそこにいかなければならなかった)

I will have to go there myself        〔未来〕
(私は自分でそこにいかなければならないだろう)


<NOTE>

must not は禁止を表すので、「~するにはおよばない、~する必要がない」(不必要)
の意味には don’t have to または don’t need to を用いる。
混合しないように注意しよう。

I can hear you. You don’t have to [need to] shout.
(聞こえるよ。叫ばなくてもいいよ)
You don’t have to finish the work until the end of the week.
(週末までにその仕事を終える必要はありませんよ)

 

たがいに反対の意味を表す助動詞を、次の表を見て確かめておこう。

肯定 否定
can (~できる)
be able to (~できる)
may (~してよい、
~かもしれない)
must (~しなければならない、
~にちがいない)
have to (~しなければならない)
cannot (~できない)
be unable to, be not able to (~できない)
may [must] not (~してはいけない)
may not (~でないかもしれない)
need not (~する必要はない)
cannot (~はずがない)
don’t have to (~する必要はない)

You may smoke here. (ここで喫煙してもよい)

You may not smoke here.  (ここは禁煙です。[不許可、または軽い禁止])
You must not smoke here. (ここは禁煙です。[禁止])

You must work hard. (君は一生懸命に働かなければならない)
You need not [don’t have to] work hard. (一生懸命に働く必要はない [不必要] )

His story must be true. (彼の話は本当にちがいない)
His story cannot be true. (彼の話は本当であるはずがない)

 

<NOTE>
be supposed to ~ もえんきょくに禁止を表す。
You are not supposed to smoke here.
(タバコはご遠慮いただいております)

助動詞の意味は文脈によって決まる。
can 「~できる」/「[疑問文で] いったい~だろうか」
「〔否定文で〕~はずがない」

may
  「~してよい」/ 「~かもしれない」

must
「~しなければならない」/ 「~にちがいない」

⑤ can, may, must の慣用表現

大学における勉強法の基本まとめ - STUDY HACKER|これからの学びを ...

cannot but +原形, cannot help -ing 「~せざるを得ない」の意味。
I cannot but leave Paris.                   (私はパリを去らざるをえない)
I could not help laughing.                (私は笑わずにはいられなかった)

cannot ~ too 「いくら~してもし過ぎることはない」の意味。
You cannot praise him too much.      (彼をどんなにほめても褒めすぎることはない)

may well ~ 「~するのももっともだ」「~だろう」の意味。
He may well be proud of his son.     (彼が息子を自慢するのももっともだ)
They may well win.                        (彼らはたぶん勝てるだろう)

may [ might ] as well ~ 「~する方がよい」の意味。
You may as well stay at home.
= You had better [should] stay at home.     (君は家にいるほうがよい)

may [might] as well ~ as …「…するくらいなら~するほうがましだ」
「…するのは~するのも同然だ」の意味。
I might as well starve as do such a thing.
= I would rather starve than do such a thing.
(そんなことするくらいなら飢え死にするほうがましだ)

have only to ~「~しさえすればよい」の意味。
You have only to sign your name here.
= All you have to do is (to) sign your name here.
(あなたはここに署名さえすればよい)

have got to~ 口語では have got = have, have got to = have to となることがある。
You have got to wash the car.   (君は車を洗わなければならない)
Sorry, I‘ve got to run now.       (失礼、急いでますので)

コメント

タイトルとURLをコピーしました