英文法の基礎

現在完了・現在完了進行形の使い方!初心者にもわかりやすい英文法の基礎⑫

12. 現在完了

これまでに、次の六つの時制について学びましたね。

基本の3時制現在進行形現在進行形
過去過去進行形
未来未来進行形

英語の時制には、さらに完了形完了進行形とがあります。

ちょうど進行形が基本の3時制に対応して三つあるように、完了・完了進行形にもそれぞれ次の三つの形があるんです。

完了形現在完了完了進行形現在完了進行形
過去完了過去完了進行形
未来完了未来完了進行形

ここでは、まず現在完了と現在完了進行形について学んでいきましょう。

【英文法の基礎】
1. 主語・述語・英語の8品詞とは?
2. 平叙・否定・感嘆・命令文の作り方とは?
3. 5文型とは?There is ~の使い方
4. 修飾語句・形容詞・数詞の使い方
5. 形容詞句・形容詞節の使い方

6. 副詞の用法・疑問副詞の使い方
7. 副詞句・副詞節の使い方
8. be 動詞、規則・不規則動詞の使い方とは?
9. 現在形・過去形(時制)の使い方
10. 未来形( be going to )、単純 / 意志未来の使い方とは?

11. 未来・現在・過去進行形の使い方
12. 現在完了・現在完了進行形の使い方とは?
13. 過去完了・未来完了とは?
14. 受動態・受動態の時制とは?
15. 受動態の疑問文・否定文を解説

16. 受動態の慣用表現・感情の表し方とは?
17. 不定詞とは?名詞的・形容詞的・副詞的用法を解説
18. 不定詞の重要構文を解説
19. 原形不定詞( to のつかない)とは?
20. 動名詞とは?現在分詞とのちがいを解説

21. 不定詞と動名詞は動詞で選択!
22. 英語の「分詞」の使い方を詳しく解説
23. 分詞構文の意味や使い方とは?
24. 助動詞とは?使い方を詳しく解説
25. 助動詞( need, dare, ought to )などの使い方

26. will, shall, would, should の使い方
27. 名詞・冠詞の使いわけ方
28. 名詞の用法とは?超くわしく解説
29. 冠詞の用法を超くわしく解説
30. 代名詞とは?注意すべき人称代名詞も解説

31. 所有代名詞・再帰代名詞とは?
32. 疑問代名詞・指示代名詞とは?
33. 不定代名詞の使い方を超くわしく解説
34. 比較級・最上級のつくり方
35. as ~ as  ,  not as ~ as の使い方

36. 比較級の用法を超くわしく解説
37. 最上級の使い方・注意点をくわしく解説
38. 編集中…
39. 仮定法とは?仮定法過去・完了をくわしく解説
40. 仮定法の使い方と注意点

41. 前置詞の使い方・働き
42. おもな前置詞の用法をくわしく解説
43. 動詞+前置詞で熟語へ!形容詞+前置詞の使い方
44. 接続詞 and, or, but の使い方
45. 名詞節とは?使い方をくわしく解説

46. 接続詞の働きいろいろ!
47. not, never, no などの否定表現
48. hardly, seldom, rarely などの部分否定表現
49. 否定表現のいろいろな使い方
50. 時制の一致とは?

51. 英会話の直接話法・間接話法のちがい、転換の仕方
52. 語順がかわる英語の特殊構文とは?倒置・強調・省略を解説
53. 無生物主語の使い方

過去形と現在完了

大学における勉強法の基本まとめ - STUDY HACKER|これからの学びを ...

現在完了の形は、すでに中学で学んだ通り、「have〔has〕+ 過去分詞」ですね。

動詞の過去形を用いるのと、この「have〔has〕+ 過去分詞」を用いるのとでは
どう違うのでしょうか。

例をあげると…。

❶My uncle came to see me.  (おじが会いにきた)
        過去形
❷My uncle has come to see me.  (おじが会いにきた)
                     has+過去分詞

❶の文は、単に「会いにきた」という過去の事実を述べていますね?

一方、❷の文は、
「会いにきた(そして今ここにいる)」という意味で、動作の結果が現在も残っている
ことを表しています。

このように、現在完了は過去の動作・状態を現在と関連づけ、現在を基準として表す形
なんです。

日本語にはこれに該当する形がないので、過去形と混同しないように十分注意しましょう。

<NOTE>

❶❷の文の訳は、どちらも「会いにきた」となるが、過去形の場合は「会いにきた」
という過去の事実を述べるだけで、「現在もいる」かどうかは不明であるということ。

完了・結果

フリー写真] 勉強中に悩み込む女子高生でアハ体験 - GAHAG ...

現在完了は、現在における動作の「完了」や、過去の動作が現在におよぼす「結果」
を表します。

  完了
「~したところだ」
「~してしまった」
I have just washed all the dishes.
(私はちょうど皿を全部洗い終えたところだ)
Has he finished his homework yet?
(彼はもう宿題を終えてしまいましたか)
   完了に用いる副詞  just (ちょうど)now (今)already (もう、すでに)
  yet (〔否定文で〕まだ、〔疑問文で〕もう)
  結果
「~してしまった」
He has gone to London.
(彼はロンドンへ行ってしまった〔今ロンドンにいる〕)
I have lost my key.
(私は鍵をなくしてしまった)


Has
he written the letter yet?
(彼はもう手紙を書いてしまいましたか)

Yes, he has (already written it). (はい、もう書きました)
No, he hasn't (written it yet).  (いいえ、まだ書いてません)


<NOTE>

already が疑問文で使われることがありますが、この場合は、「もう、こんなに早く」
といった意外や驚きの気持ちを表すんです。

Have
you finished your homework already?
(もう宿題をすませてしまったのですか)

「完了」「結果」は、区別しにくいことも多いんですが、動詞が上の表にあげた
go, lose や come, become などの場合は、「結果」を表すことが多いですね。

文の前後関係によって考えればよいのです!


<NOTE>

現在完了の否定文は「have〔has〕not + 過去分詞」
疑問文は「Have〔Has〕+ 主語 + 過去分詞~?」の形になる。

・You have already eaten the cake.  (ケーキをもう食べてしまった)

「否定文」You have not eaten the cake yet.  (ケーキをまだ食べ終わっていない)
「疑問文」Have you eaten the cake yet?      (ケーキをもう食べてしまいましたか)

なお、Already, just は have 〔has〕と過去分詞の間に置くことに注意!

経験・継続

海外大に入学して驚いたこと!-勉強編④課題、自宅学習について ...

現在完了は、現在までの「経験」や、状態の「継続」を表します。

現在から過去を振り返ってみて、「~したことがある」「ずっと~である」と述べる場合です。

よく用いられる副詞(句)にも注意しましょう。

経験
「今までに~し
たことがある」
I have seen that girl before.
(私はあの少女と以前に会ったことがある)
Have you ever been to Hawaii?
(あなたは今までにハワイに行ったことがありますか)
経験に用いる
副詞(句)
before (以前に)once (一度)twice (二度)~times (~度)
often (しばしば)never (一度も~ない)ever (〔疑問文で〕かつて)
継続
「今までずっと
~である」
I have known her for five years.
(私は彼女と5年来の知り合いである)
She has been sick since last week.
(彼女は先週から病気です)
継続に用いる
副詞(句)
for(の間)since (以来)always (いつも)
How long(どのくらいの期間~か)

上の「経験」を表す例文の have been to「~へ行ったことがある」の意味

have gone to は通例、「結果」を表すので、「経験」を表すときには
have been to を用います。

次の用法・意味にちがいに注意。

He has been to Hokkaido.  〔経験〕
(彼は北海道に行ったことがある)

He has been in Hokkaido before.  〔経験〕
(彼は北海道にいたことがある)

He has gone to Hokkaido.    〔結果〕
(彼は北海道に行ってしまった)

He has been to the station to see his friend off.  〔完了〕
(彼は友達を見送りに駅へ行ってきたところだ)

<NOTE>
アメリカ英語では have gone to が「経験」(~へ行ったことがある)を表す場合にも用いられる。

現在完了と副詞 (句)

勉強したことを忘れなくなる最強の学習習慣。「復習+○○」で ...

現在完了は、「完了」「結果」「経験」「継続」のいづれの用法であれ、現在と密接に
関連した表現です。

この「現在とのつながり」という点から考えればわかるように、現在完了の文に用いる時の副詞(句)には制約があります。

現在完了の文によく用いる副詞(句)を覚えるとともに、現在完了の文に用いることが
できない副詞(句)にも注意しましょう。

現在完了に用いることができない副詞(句)
明らかに過去を
示す副詞(句)
yesterday (昨日),  last ~ (この前の~),  ~ago (~前に),
just now (たった今)
疑問副詞過去の一定時をたずねる when,  what time


just
now は現在完了の文に用いることができますが、just now が「たった今」
(=a short time ago)の意味の場合は、現在完了とともに用いることができません。

today (今日)this morning 〔week など〕(今朝〔今週〕), lately (最近)や、
since last ~ (この前の~以来) などは現在完了の文に用いることができます。

When did he arrive here? (彼はいつここに着いたのか)   〔過去形〕

He arrived here just now. (彼はたった今ここに着いた)   〔過去形〕

He has arrived here now. (彼は今ここに着いたところだ)  〔現在完了〕


<NOTE>

just, ever, today, this morning〔weekなど〕は、現在完了だけでなく、
過去の文に用いることもある

I just finished the work.      (私はちょうど仕事を終えた)
Did you ever see the fish?   (君はその魚を見たことがありますか)


ポイント

●現在完了は副詞(句)に注意して用法を考えましょう。

完了「~したところだ」…just, already など

結果「~してしまった (今は~)」
経験「~したことがある」…before, often など
継続「ずっと~である」…for~, since~, など

現在完了進行形

アメリカ留学】語学学校(94校)/留学・ワーキングホリデーのことなら ...

現在完了が「今までずっと~である」(継続)の意味を表すのは、状態を表す動詞
(be, know など)の場合ですね。


動作の継続を表すには、

現在完了進行形「have 〔has〕been + -ing (現在分詞)」を用います。

現在完了〔状態〕
be, know, live, stay,
want など状態を表す動詞
I have been busy this week.
   have 〔has〕+ 過去分詞
(私は今週はずっと忙しい)
現在完了進行形〔動作〕
study, wait, write,
useなど動作を表す動詞
I have been studying English since this morning.
    have〔has〕been + 現在分詞
(私は今朝からずっと英語の勉強をしている)

It has been raining for two days.  (二日間ずっと雨が降っている)

How long have you been waiting for him?  (どのくらい彼を待ってるの)


ポイント

現在完了進行形は、現在完了と進行形をあわせた形

現在完了  have + 過去分詞
+)   進行形      be動詞 + -ing
 現在完了進行形 have     been        -ing
(今までずっと~している)

【ネイティブがよく使う簡単で便利なフレーズシリーズ】一覧

1. あいさつ編
2. いってらっしゃい編
3. 「ええ?!また?!勘弁してよ!」
4. 「最悪!!いい加減にしてよ!」
5. 「むかつく!」「なんてこった!」

6. 「私にまかせて!」や、「あなた次第だよ」
7. 「だんだんわけがわからなくなってきたぜ?」
8. 「なるほど!そういうことね」
9. 「まいった!そうくるとは思わなかったよ」
10. 「ありえん!」

11. 「落ち着いて。冷静に」
12. 「にっちもさっちもいかん!」
13. 「ちゃんと聞いてるよ」「あいつ、口ばっかり!」
14. 「大賛成!」「納得したよ」「あいつ、どっちつかず」
15. 「冗談だよ!」「からかってんだよね?」

16. 「冗談きついぜ!」「やりすぎだよ!」
17. 「おしかったね」
18. 「経験したことあるよ」
19. ‟Don't go there" の本当の意味とは?
20. 「ドキドキする!」

21. ‟Not my cup of tea" の本当の意味とは?
22. 「何を悩んでいるの?」
23. ‟Where were we?" の本当の意味とは?
24. ‟Where's the fire?" の本当の意味とは?
25. 「気はすんだ?」

26. 「することが山ほどある!」
27. 「おちゃのこさいさい!」「楽勝!」
28. 「無理強いした」
29. 「痛くも痒くもないわ」
30. 「空気読めよ~」「しらけさせるなよ」

31. 「図星だね!」 〝Bull's eye!" とは?
32. "I wasn't born yesterday" の本当の意味とは?
33. 「やっかいもの・見放されている」はなんと言う?
34. 「噂をすれば影」はなんと言う?
35. "Are you up for ~?” とはどんな意味?

36. 「超しあわせ!」表現いろいろ
37. 「めんどくさ!するのヤダ!」表現いろいろ
38. 「連絡を取り合おう」「しばらく距離をおこう」はなんと言う?
39. 「腹ペコだ!」「小腹がへった」はなんと言う?
40. "What do you know?" の本当の意味とは?

41. 「もう限界!」「堪忍袋の緒が切れた!」は英語でなんと言う?
42. 「ひとつ借りができたね」は英語でなんと言う?
43. "Are you with me?" の本当の意味とは?
44. "Say no more!" の意味とは? 「知ったかぶり」は英語でなんと言う?
45. "Let it slide" とはどういう意味?

46. 「本気出せ!/頑張って!」を英語で!
47. 「励ましをありがとう」を英語で!
48. "Did you have a ball?" の本当の意味とは?

【電話でビジネス英会話の基礎】一覧

1. 最初の一言
2. 相手の英語が聞き取れない場合
3. 自分の英語が伝わらない場合
4. 保留・転送する場合の表現
5. 担当者が出られない場合

6. 不在の状況を尋ねる場合
7. 不在状況を説明する場合
8. 代わりに用件を聞く / 電話機能の用語一覧
9. かけなおすと伝える
10. かけなおしてほしい場合

11. 伝言を頼む/頼まない場合 電話における動作表現リスト
12. 相手の連絡先を尋ねる
13. 間違い電話に応じる
14. スモールトークの基礎
15. タイミングを気遣う場合 / 日時、頃合いの表現リスト

16. お礼、感想を述べる場合
17. 食事などに誘う場合 / 数字・記号の読み方リスト
18. 祝辞・お見舞いを述べる場合
19. あいづち・つなぎ表現 / 会社概要・名称リスト
20. 電話の結び表現 / 会社部署の名称リスト

21. 初めて連絡をとる場合 / 役職名称リスト
22. 約束をとりつける
23. 約束の日付・時間変更をする場合
24. 仕事の進捗状況を確認する場合 / 書類の名称リスト
25. 仕事の遅延・変更について謝る / 業種の言い方リスト

26. ファックスした文書について話す / 文書に便利な表現リスト
27. 同じ文書を見ながら話す
28. 問い合わせを受ける
29. 留守電への吹込み方
30. クレームに対応する場合

31. 航空券を予約する
32. ホテルを予約する / ルームサービス・ランドリーなど
33. ホテルから国際電話をかける場合

スポンサードリンク

-英文法の基礎