仮定法とは?仮定法過去・完了を詳しく解説!わかりやすい英文法㊴

英文法の基礎
スポンサーリンク

39.  仮定法の基本形

 

「もし~ならば」という意味を表すのに if を用いることは、中学校でも学びました。
ここでは、その if の導く節の表す内容が、現実とちがうことや、現実にはありそうにないことである場合について学びます。

英語ではこのような場合に、現実をそのまま述べるときと動詞の形がちがってくるのです。

スポンサーリンク

① 仮定法とは

アメリカの一流大学では常識! コーネル式ノート術でインプットから ...

次の二つの文を比べてみよう。

If he comes, I will tell it to him.    〔直説法〕
(彼が来れば、そのことを話してあげよう)
If he came, I would tell it to him.   〔仮定法〕
(彼が来れば、そのことを話してあげるのだが)

❶はふつうの「もし~ならば」の意味を表す文(直説法)。
実際に「来るか、来ないか」は分からないが、現実に起こりうることとして「もし来れば」と述べているのである。これに対して、
❷は過去形の came と would が用いられた仮定法の文。
彼が来ることは現実とはならないだろうと思っていて、その上で仮定をしている。
つまり、彼は来ることはないと思うが、「もし来ると仮定すれば」と述べているわけで
ある。


<NOTE>

上の❶では、現在形が、現在または未来のことがらを表し、❷では過去形が現在または
未来のことがらを表している。

英語の「もし~ならば」には、このように❶「ありうること」を表す場合と、
「現実とはちがう仮定」を表す場合とがある。

ふつうの「もし」 ありうることを表す if you like it
(もし君が好きなら)
仮定法の「もし」 現実とはちがう仮定
を表す
if I were you
(もし僕が君であれば)

この二つを比べてみると、動詞の形にちがいがある。日本語ではこれら二つの仮定
のしかたを区別しないが、英語では動詞の形をかえて区別する

② 仮定法過去・仮定法過去完了

勉強に集中する方法とは?今すぐできる10のコツ、専門家に聞きました ...

仮定法の動詞は、あとで学ぶようにいろいろな構文に用いられるが、基本の形は
if 節に過去形または過去完了を用いる形である

これをそれぞれ仮定法過去、仮定法過去完了と呼ぶ。

このとき主節には助動詞の過去形を用い、そのあとの動詞は、
現在の事実と違うとき→動詞の原形~するだろう[に])、
過去の事実とは違うとき→「have + 過去分詞」~しただろう[に])
にする。

if 節の形 主節の形
〔仮定法過去〕
もし~であれば
if + S + were ~
…するのだが
S + (would, should, could, might ) + 動詞の原形…
〔仮定法過去完了〕
もし~であったら
if + S + 過去完了~
…したのだが
S + (would, should, could, might ) have + 過去分詞…

仮定法過去は、動詞の過去形を用いるが、表す内容は現在または未来のこと。
一方、仮定法過去完了は動詞の過去完了を用いるが、表す内容は過去のこと。

If I were a young man, I would go with you.   〔仮定法過去〕
(もし私が若ければ、君と一緒にいくのだが)  実際は若くないのである。

→ As I am not a young man, I won’t go with you.

 

<NOTE>

❶仮定法過去の if 節では、主語の人称・数に関係なく be 動詞は were を用いる
ただし口語では was を用いることもある。
❷主節に用いる過去形の助動詞のうち should はおもにイギリスで主語が1人称のときに用いられる。

If he had been there, he would have seen the accident.
(もし彼がそこにいたならば、その事故を見ただろうに 〔仮定法過去完了〕
実際は「いなかった」のである。
→ As he wasn’t there, he didn’t see the accident.

<NOTE>
if 節が仮定法過去完了で、主節が would など+動詞の原形になることもある。
「もし(あのとき)~だったら、()…だろう」の意味。
If he had passed the exam, he would be a college student now.
      仮定法過去完了           仮定法過去
(もそ試験に受かっていたなら、彼は今、大学生になっているだろう)

③ if ~ should,  were to

アメリカ大学生の読書量は桁違い?! | RYUGAKU POST

可能性がきわめて少ないと思われることについて、「万一~ならば」「仮に~としたら」の意味で、if 節に「should + 動詞の原形」または「were to + 動詞の原形」
用いることがある。


If
I should be late, please don’t wait for me.
([遅れないと思うけど] 万一僕が遅れたら、どうぞ待たないで)

If
I were to go to another planet, I would go to Mars.
(もし仮にほかの惑星に行くとすれば、私は火星に行くだろう)

 

if 節の形 主節の形
万一~ならば
If + S + (were to, should) + 原形~
…だろう
S + (would, should, could, might)+原形…


<NOTE>

if 節が仮定法の文の主節の中では、助動詞の過去形を用いるが、
if ~ should のあとでは、命令文や will, can なども用いられる。

仮定法の動詞は、表す内容よりもう一つ前の時制になる。

現在または未来の事実とはちがうなら過去形
:if + S + 過去形 [were] ~

過去の事実とはちがうなら過去完了
:if + S + 過去完了~

「万一[仮に] ~ならば」
:if + S + should [were to] ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました