受動態の慣用表現・感情の表し方を解説!初心者にもわかりやすい英文法の基礎⑯

英文法の基礎
スポンサーリンク

16. 受動態の慣用表現

英語と日本語を比べてみると、英語の方が受動態を用いることが多いんです。

日本語では能動態でいうところを、受動態で表すこともよくあります。

be surprised (驚く) など感情を表す受動態は、その一例ですね。

また be covered with (~でおおわれている) のような by 意外の前置詞を伴う表現も
しばしば用いられます。
これらは熟語として覚えておきましょう。

また、一見、「be + 過去分詞」の形ではありますが、過去分詞が形容詞に転化した語もあるんです。
例・ I’m exhausted. (私はへとへとだ)
She looks worried. (彼女は悩んでいる様子だ)

スポンサーリンク

① 感情を表す受動態

アメリカの大学留学に必要な英語力を解説!おすすめの勉強法も|留学 ...

日本語では、感情を表すのに「驚く」「悲しむ」「おこる」のように能動態を用いるのがふつうである。

しかし、英語の感情表現には受動態が多い。

また、慣用的に受動態を用いる場合もある。これらは受動態ではあっても、能動態のように訳すことに注意しよう。

感情・心理を表す
受動態
be surprised at (~に驚く)
be delighted at 〔with〕(~を喜ぶ)
be pleased with (~が気に入る)
be interested in (~に興味がある)
be disappointed at 〔in〕(~に失望する)
be satisfied with (~に満足する)
慣用的な受動態 be married (結婚している)be born (生まれる)
be injuredwounded, hurt(けがをする)
be drowned (おぼれ死ぬ), be flooded (氾らんする)
be suspended (〔交通が〕不通になる)
be derailed (脱線する)

I was surprised at the news.   (私はその知らせを聞いて驚いた)

She is quite satisfied with the result.   (彼女はその結果に非常に満足している)

He was badly injured in the accident.   (彼はその事故で重傷を負った)

 

② be covered with など

大学における勉強法の基本まとめ - STUDY HACKER|これからの学びを ...

上記の感情を表す受動態にもみられるように、受動態に by ~ではなく with, in, to
などを続けることがある。

次のようなものは「 be動詞 + 過去分詞 + 前置詞 」の形で覚えておこう。

be covered with (~でおおわれている)be known to (~に知られている),
be filled with (~でいっぱいである), be accustomed to (~に慣れている),
be based on (~に基づく)be acquainted with (~と知り合いである),
be made of 〔from〕(~でつくられる)

The top of the mountain is covered with snow.
(その山の頂上は雪でおおわれている)

He is known to everyone in our school.
(彼は私たちの学校のみんなに知られている)


<NOTE>

受動態の意味を「 be動詞 + 過去分詞 」を用いないで表すことがある。

(a) 能動態で受動態の意味を表す sell, drink, read などの場合。

This book sells well.  (この本はよく売れる)
His report reads like a novel.  (彼のレポートは小説のように読める)

(b)「 have + O + 過去分詞 」(~を…される)
I  had  my  hat  blown  off on my way home.
       have                  O       過去分詞
(私は帰り道で帽子を吹き飛ばされた)

コメント

タイトルとURLをコピーしました