名詞節とは?使い方を超詳しく解説!初心者にもわかりやすい英文法㊺

英文法の基礎
スポンサーリンク

45.   名詞節を導く接続詞

 

and,  or,  but  などの接続詞は、語と語、句と句、節と節などを対等の関係で結びつけ
ます。
これに対して従属接続詞は、おもな節の中に別の従属する節を組み込むときに用いられ
ます。

スポンサーリンク

① 名詞節の働き

大流行「リビング学習」は"諸刃の剣"である | 子どもを本当に幸せにする ...

従属接続詞に導かれた従属節は、文に組み込まれるときに、名詞として組み込まれるか
副詞として組み込まれるかによって、次の二つに分けることができる。

❶ 名詞節を導く接続詞 … that,  whether,  if など

(主節) S+V…  +  (名詞節) that, whether など +S+V…

●主節の一部として、主語・補語・目的語になる

❷ 副詞節を導く接続詞 … when,  because,  if など

(主節) S+V…  +  (副詞節) when, because, if など +S+V …

  ●副詞と同じ働きをして、主節を修飾する

副詞節のほうは、主節の動詞を修飾する修飾語句になる。
これに対して、名詞節は名詞と同じ働きをするので、主語や補語・目的語として主節の
中に組み込まれることになる。

(例)

She is married.   (彼女は結婚している)
        ↓    〔thatを用いて、名詞節にする〕
that she is married   (彼女が結婚していること)
        ↓ 〔目的語・補語として主節の中に組み込む〕
We know that she is married.   (私たちは彼女が結婚していることを知っている)
                      名詞節 (目的語)
The problem is that she is married.    (問題は彼女が結婚していることだ)
           名詞節 (補語)

② that の用法

小学生なのに留年することもある!? 日本とアメリカの義務教育の違いっ ...

名詞節を導く接続詞として、最もよく用いられる接続詞が that である。

上記にも例を示したように、ある文の冒頭に that をつければ、その文全体を一つの
名詞と同じように扱うことができるということである。

したがって、that の導く節は、主語や補語・目的語などになる。

また、that は、直前の名詞と同格の名詞節を導いたり、感情などを表す形容詞に続く
節を導いたりもする。

主語になる
that …
That he comes from India is true.
          名詞節 (S)
= It is true that he comes from India.
形式主語             名詞節(真主語)
(彼がインド出身だということはほんとうだ)
補語になる
that…
My opinion is that we should work harder.
                                         名詞節 (C)
(私の意見は、私たちはもっと努力すべきだということだ)
目的語になる
that…
I expect (that) you will help me.
                         名詞節 (O)
(私は君が助けてくれることを期待している)
You promised me that you would help me.
                                       名詞節 (DO)
(君は助けてくれることを私に約束した)
be動詞+形容詞
+that…
She is glad    ( that) you won first prize.
形容詞               名詞節
(彼女は君が一等賞を取ったことを喜んでいる)
名詞+同格の
that…
The news   that he passed the exam surprised us.
名詞              名詞節(newsと同格)
(彼が試験に受かったというニュースは私たちを驚かせた)

 

<NOTE>
that の導く節が主語になる場合、形式主語の It を用い、that … はうしろに移すのが
ふつうである。
また、that の導く節が第五文型の目的語の場合は、必ず形式目的語の it を用い、that
の導く節はうしろに移す。

That
you can’t come
is a pity.

= It  is a pity that you can’t come.
形式主語            名詞節 (真主語)
(君が来れないことは残念だ)

We found it true that they were married.
             形式目的語       名詞節 (真の目的語)
(私たちは、彼らが結婚していることは本当だとわかった)

③ if,  whether の用法

世界の子どもに人気の英語絵本☆おすすめ15選 - 自分らしい便利な ...

名詞節を導く接続詞には、that のほかに whether,  if がある。

that が「~(という)こと」の意味を表すのに対して、whether,  if  は「~かどうか」
の意味を表す。

whether はしばしば whether ~ or not の形で用いられる。

He doesn’t know + She can come.
He doesn’t know that she can come.   (彼は彼女が来れることを知らない)

He doesn’t know + Can she come?
He doesn’t know whether [if] she can come.
(彼は彼女が来れるかどうか知らない)

主語になる
whether~
Whether he loved me or not is not clear.
                 名詞節 (S)
=    It is not clear whether [if] he loved me or not.
   形式主語                       名詞節 (真主語)
(彼が私を愛していたかどうかは明らかではない)
補語になる
whether~
The question is whether he loved me.
                                        名詞節 (C)
(問題は彼が私を愛していたかどうかだ)
目的語になる
whether~
You don’t know whether [if] he loved me.
                                         名詞節 (O)
(君は彼が私を愛していたかどうか知らない)
be動詞+形容詞
+whether, if ~
I am not sure whether [if] he loved me or not.
                                              名詞節
(彼が私を愛していたかどうかは確かではない)

whether と if は同じ意味を表すが、if のほうが口語的。

if が用いられるのはおもに目的語になる場合や形容詞に続く場合、形式主語 It が指す節
を導く場合などである。

副詞節を導く if (~ならば) と混同しやすいので、名詞節を導く「~かどうか」の意味で

は文頭には用いられない。

If it is fine, let’s go swimming.  (天気が良ければ、泳ぎに行こう)
  副詞節
I don’t know if it is true.    (私はそれがほんとうかどうか知らない)
          名詞節

 

<NOTE>
whether の導く節は前置詞の目的語や名詞と同格の節などにもなる

We talked about whether we should go or not.
                                     前置詞+名詞節 (私たちは行くべきかどうか話し合った)

We discussed the question (of) whether we should help them.
                                                                of がない場合、the question と同格
(私たちは彼らを助けるべきかどうかの問題を議論した)

④ 疑問詞の導く節(関節疑問)

知られざるコーヒー危機。低価格のコーヒーが奪う私たちの未来とは ...

who,  what,  when,  where などは、接続詞ではなく疑問代名詞または疑問副詞
(まとめて疑問詞) であるが、これらの疑問詞が節を導いて文の一部になることがある

この節は名詞節であり、疑問文が文の中に組み込まれたものと考えられ、関節疑問
いう。

She knows whether [if] you broke the window.
                        名詞節 (O)        ↳  Did you break the window?
(彼女は、君が窓を割ったかどうかを知っている)

She knows why he broke the window.
         名詞節 (O)      Why did he break the window?
(彼女は、なぜ彼が窓を割ったのか知っている)

 

上の2文からわかるように、whether [if] の導く節は Yes か No で答えられる疑問文に
相当している。
一方、疑問詞で始まる節は、疑問詞で始まる疑問文に相当している。

主語になる
wh 節
Who bought this book is clear.
            名詞節 (S)
= It is clear who bought this book.
(誰がこの本を買ったのかは明らかだ)
補語になる
wh 節
The question is where he bought this book.
                                           名詞節 (C)
(問題は、どこで彼がこの本を買ったかだ)
目的語になる
wh 節
We don’t know why he bought this book.
                                        名詞節 (O)
(私たちは、なぜ彼がこの本を買ったか知らない)
be動詞+形容詞
+wh 節
I’m not certain what he bought.
                                   名詞節
(私は何を彼が買ったのかよく知らない)

関節疑問 (wh節) 中の語順に注意しよう。

上の表からわかるように、
(1)疑問詞のあとはふつうの文と同じ「S+V」の語順になる。
(2)疑問詞が主語になるときは「疑問詞 (=S)+V」の語順になる。

 

<NOTE>
wh節も前置詞の目的語や名詞と同格になる。名詞と同格の関節疑問の前の前置詞 of
などはしばしば省略される。

I have no idea (of) who will come to the party.
(私には、だれがパーティーに来るのかわからない)

本の豆知識】本の装丁に関する名称を知ろう! - ブックオフオンライン ...

ところで、次の2文を比べてみよう。いずれも関節疑問であるが、答え方にちがいがある。
(a) Do you know where he lives?
   (彼がどこに住んでいるか知っていますか)
(b) Where do you think he lives?
   (彼はどこに住んでいると思いますか)

(a)は Do で始まっているから
Yes, I do. (はい、知ってます) / No, I don’t. (いえ、知りません) 
で答えられるが、(b)は Yes, No では答えられない。

I think he lives in Tokyo. (彼は東京に住んでると思います)
のように答える。

 

<NOTE>
次のような名詞節を含む文型にも注意しよう。
I wonder + ( if 節[whether節]  / wh 節 ) 「~だろうか(と思う)」の意味。
I wonder if [whether] he likes cats.
  (彼はネコが好きなのだろうか [ と思う ] )
I wonder what he likes.
(彼は何が好きなのだろうか [ と思う ] )

It seems [ happens, appears ] that … この It は形式主語の It とは異なり、
that の導く節に置き換えられない。
It seems that he knows a little French.
= He seems to know a little French.
(彼はフランス語が少しわかるようだ)

 

●名詞節を含む文型
名詞節(S)~ ( = It ~ + 名詞節 ) / S + V + 名詞節(C)
S + V + 名詞節(O) / S + V + it + C + 名詞節
S + V + 形容詞 + 名詞節 / 名詞 + 同格の名詞節

コメント

タイトルとURLをコピーしました