動名詞とは?現在分詞とのちがいも詳しく解説!初心者にもわかりやすい英文法の基礎⑳

英文法の基礎
スポンサーリンク

20. 動名詞


「 動詞の原形 + ing 」
の形が名詞と同じ働きをして、主語・補語・目的語になるものを
動名詞といいます。

現在分詞と同形ではありますが、意味・用法にちがいがあるんです。

動名詞と名詞的用法の不定詞はともに「~すること、~であること」の意味となります。

動詞によって目的語に動名詞を用いるか、不定詞を用いるかが決まっている
ものもある
ので注意すること。

ここでは、動名詞の用法を分詞や不定詞と比較しながら学びましょう。

スポンサーリンク

① 主語・補語・目的語になる動名詞

海外大に入学して驚いたこと!-勉強編④課題、自宅学習について ...

動名詞は、名詞と同じ働きをして主語・補語・目的語になる。単独で用いることもあるが、ふつうはあとに目的語・補語や修飾語句を伴うことに注意しよう。

主語になる
動名詞
Reading in the dark harms the eyes.
                主語                                       (暗がりでものを読むことは目を痛める)
補語になる
動名詞
His hobby is collecting stamps.
                                 補語                    (彼の趣味は切手を収集することだ)
目的語になる
動名詞
I hate telling a lie.
                目的語                                       (私はうそをつくことが嫌いだ)


<NOTE>
「 動名詞 + 目的語  (補語・修飾語句) 」が主語や目的語になるときは、長くなるので
形式主語の It や 形式目的語の it を用いて動名詞を文尾に回すこともある。

It is no use crying over spilt milk.     (こぼれたミルクを嘆いても仕方ない)
形式主語                        真主語(動名詞句)

Did you find it pleasant playing computer games all day?
       形式目的語               真目的語
(一日中ゲームをしていて楽しかった?)

② 前置詞の目的語;完了形・受動態

アメリカ留学】アメリカの学生はよく勉強するって本当なの? | cocoiro ...

動名詞は、動詞の目的語になるだけでなく、前置詞の目的語としてもしばしば用いられる。
be fond of -ing などのいい方を覚えよう。

動詞(~)
+ 前置詞 + ‐ing
Emily thought of visiting the museum.
(エミリーはその博物館をたずねることを思いついた)
Thank you for helping me.
(私の手伝いをしてくれてありがとう)
形容詞・名詞
+ 前置詞 + -ing
She is fond of painting pictures.
(彼女は絵を描くのが好きだ)
There was little hope of reaching India.
(インドに着ける見込みはほとんどなかった)

動名詞は前置詞の目的語になるが、不定詞は前置詞の目的語にはならないことに注意。

(×)
 She is fond of to paint pictures.

動名詞には、
(a)完了形「having + 過去分詞」
(b)受動態「being + 過去分詞」がある。

完了形は、述語動詞の時制よりも前の時の動作や状態を表す。

動名詞の完了形 He is ashamed of having been late for school.
(彼は学校に遅れたことを恥じている)
動名詞の受動態 The man escaped being hurt in the car accident.
(その男は自動車事故でけがをしないで済んだ)

上の表の完了形の例文を節に書きかえると次のようになる。
→ He is ashamed that he was late for school.

The boy denied having stolen the money.
→ The boy denied that he had stolen the money.
    (その少年はお金を盗んだことを否定した)

<NOTE>
a sleeping car = a car for sleeping (寝台車) のように、「 動名詞 + 名詞 」の形の表現にも注意しよう。これは動名詞の形容詞的用法である。

a walking stick (ステッキ)
=a stick for walking

a smoking room (喫煙室)
=a room for smoking

③ 動名詞の意味上の主語

IELTS7.0に到達するには?目指せ!IELTS 7.0の世界 | 満点講師 正木 ...

動名詞の意味上の主語は文の主語と一致することが多いが、とくに示す必要のあること
もある。次の二文を比べてみよう。

❶ He never dreamed of becoming a millionaire.
(彼は百万長者になるとは夢にも思わなかった)
=He never dreamed that he would become a millionaire.

❷ He never dreamed of his son becoming a millionaire.
(彼は息子が百万長者になるとは夢にも思わなかった)
=He never dreamed that his son would become a millionaire.

動名詞 becoming の意味上の主語は、❶では文の主語 He と同じなのでそれは不要である。
それに対して、❷はとくに his son を動名詞の前において、その意味上の主語を示している。

また、Smoking is bad for your health. (喫煙は健康に害がある) のように、意味上の主語が一般の人であるときはそれを示さない。

動名詞の意味上の主語は、次のように名詞・代名詞の所有格または目的格を動名詞の前につけて示す

名詞は目的格のほうが多い。

代名詞(所有格
・目的格)+動名詞
My parents don’t like ( my / me ) going out alone.
意味上の主語+動名詞
(両親は私が一人で外出するのを好まない)
名詞(主に目的格)
+動名詞
An accident prevented John(‘s) coming.
                                             意味上の主語+動名詞
(事故のためにジョンは来ることができなかった)

上の表の John’s coming のように、名詞の所有格を用いるのは、「人」の場合のみである。無生物の名詞ならば目的格にする。

I am sure of your team winning the game.
(君のチームはきっと試合に勝つと思う)              〔無生物の名詞の目的格〕

 

ポイント
動名詞は名詞と同じ働きをする。
動名詞の用法……①主語・補語・目的語になる
        ②前置詞の目的語になる
        ③形容詞的用法(動名詞+名詞)
動名詞の意味上の主語……(代)名詞の所有格か目的格

コメント

タイトルとURLをコピーしました