不定詞の重要構文を超詳しく解説!初心者にもわかりやすい英文法の基礎⑱

英文法の基礎
スポンサーリンク

18.  不定詞の重要構文

不定詞には、これまでに述べた3用法-名詞的用法・形容詞的用法・副詞的用法
のほかにも、いろいろな重要な用法があります。

スポンサーリンク

① how to ~,  what to ~ ( 疑問詞 + to 不定詞 )

アメリカにいる大学生の勉強時間は?Aを取るためにはどのくらい必要?

how to ~ (~のしかた),  what to ~ (~をすべきか) のように、不定詞の、前に疑問詞のついた形がある。

この「 疑問詞 + to 不定詞 」は名詞として同じ働きをし、目的語や主語・補語として用いられる。

what to~ (何を~すべきか)which to~ (どれを~すべきか)how to~ (~のしかた、方法),
when to~ (いつ~すべきか)where to~ (どこで〔へ〕~すべきか)

I  don’t  know    how to drive a car.                  〔目的語〕
S                     V                   O(how to ~)                (私は車の運転のしかたを知らない)

Tell   me     which way to go,  please.                       〔直接目的語〕
  V       O                O(which + 名詞 + to~)                 (どの道をいけば良いか教えてください)

How to live
is the most important thing in life.          〔主語〕
                                                    (いかに生きるべきかは人生における最重要事だ)

The question is when to start the business.              〔補語〕
                                                                     (問題はいつ商売を始めるかだ)

② It ~ to …;S + V + it ~ to …

勉強に集中する方法とは?今すぐできる10のコツ、専門家に聞きました ...

不定詞が主語になる場合、ふつう It を形式主語にして文頭に置き、真主語として
不定詞を文尾に移すことが多い。

It ~ to …の形になる。

また、「S+V+O+C」の文型で不定詞が目的語になる場合は、it を形式目的語にして
真目的語の不定詞を補語のあとに置く。「 S + V + it + C + to~ 」の形になる。

It ~ to …
(形式主語)
To skate on the lake is a lot of fun.
It is a lot of fun to skate on the lake.
形式主語                   不定詞(真主語)
(湖でスケートをするのはたいへん楽しい)
It ~ for
to …
It is necessary for him to go to college.
形式主語                                意味上の主語+不定詞(真主語)
(彼が大学に進むことが必要です)
S+V+ it ~ to…
(形式目的語)
                      To play tennis is easy.
I don’t think    it                  easy       to play tennis.
S                V       形式目的語                      C                不定詞(真目的語)

上の表の It ~ for_to …の形に注意。

これは不定詞の意味上の主語for _で表し、不定詞の前に付け加えたものである。

for_ と不定詞はひとまとめにしてとらえること (for_ 以下は一つの文として書き換えることができる)。

It is natural for you to get angry with him.
=It is natural that you should get angry with him.
     (君が彼のことを怒るのはあたりまえだ)


<NOTE>

不定詞の意味上の主語を示すときには、ふつう for _ を用いる。しかし、kind, gentle,
nice, wise, cruel など行為者に対する評価を示す形容詞のあとでは of _ を用いて
It ~ of _ to …の形になる。

It is kind of you to help me.
    (親切に手伝ってくれてありがとう)
It was careless of you to leave your bag in the train.
   (電車の中にカバンを忘れるとは君は不注意だったね)

この文型の文は、行為者を文の主語にして書き換えることができる。
例文
=You are kind to help me.
=You were careless to leave your bag in the train.

③ S + V + O + 不定詞

大学における勉強法の基本まとめ - STUDY HACKER|これからの学びを ...

want, ask, tell などの動詞は、「 目的語 + 不定詞 」を伴うことがある。
次の二つの文を比べてみよう。

❶ I want to read the book(私はその本を読みたい)
      S      V                    O(不定詞)                            →  「本を読む」のは I。
❷ I want you to read the book. (私は君にこの本を読んでもらいたい)
S     V                           O不定詞     「本を読む」のは you 。

❶は「S+V+O (=不定詞)」の文型。この不定詞の意味上の主語は、文の主語 I に
一致している。これに対して、❷は「 S + V + O + 不定詞 」の文型
この不定詞の意味上の主語は、目的語 (you) である
want のように「 S + V + O + 不定詞 」の文型に用いられるおもな動詞は、次の通り。

want~to…(~に…してもらいたい),        tell~to… (~に…するようにいう),
ask~to…(~に…するようにたのむ),       expect~to(~が…するよう期待する),
order~to…(~に…するよう命じる),       believe~to… (~を…と信じる),
advise~to…(~に…するよう忠告する),   allow~to…(~に…することを許す)

I asked her to wash the dishes.
(私は彼女に皿を洗うように頼んだ)

We expect you to help us.
(私たちは君が手伝ってくれるものと思っている)

I found the book (to be) very interesting.
(私はその本を読んでみて、とても面白いとわかった)

He advised me to take a good sleep.
(彼は私に十分に眠るようにと忠告した)
=He advised me that I should take a good sleep.

<NOTE>
「 S + V + O + 不定詞 」の文型で、目的語(O)が不定詞の意味上の主語にならない場合もある。次の promise の例を見よう。

He promised me to come back at five.
=He promised me that he would come back at five.
(彼は私に5時に帰ると約束した)   〔 to come の意味上の主語はHe 〕

④ S+V(自動詞) + 不定詞

アメリカ短期留学の費用、成功させたい人必見! | 留学くらべーる

「S+V+不定詞」の文型は、次の2つの場合がある。
I decided to study English every day.
  V(他動詞)                         O(不定詞)                          (私は毎日英語を勉強しようと決めた)
She appeared to be angry.
S          V(自動詞)             C(不定詞)                         (彼女は怒っているように見えた)

述語動詞が他動詞なら不定詞は目的語に、自動詞なら不定詞は補語になる。
次のような「 S + V (自動詞) 」の文型を覚えよう。

seem, appear,
happen+不定詞
Jeff seems to know something about the accident.
(ジェフはその事故のことを何か知っているようだ)
get, come + 不定詞
「~するようになる」
They soon got t be good friends.
(彼らはすぐによい友達になった)
be動詞+不定詞 He is to make a speech this evening.
(彼は今夜演説する予定である) 〔予定〕
What am I to do next?
(次に何をしたらいいですか) 〔義務・当然〕


<NOTE>

be to ~は「運命」「可能」を表すこともある。

He was never to see his home again.
(彼はふたたび自分の故郷を見ない運命だった)

Not a star was to be seen in the sky.
=Not a star could be seen in the sky.
(空には星一つ見えなかった)

「可能」の場合は、to be seen のように受動態の不定詞を用いる。


ポイント
不定詞を含む各種の構文を覚えよう。

It ~(for_) to((_が)…するのは~)
want ~ to  …        (~に…してもらいたい)
tell〔askなど〕~to(~に…するよういう(頼む)
appear to ~ (~に見える)
seem to ~ (~のようだ)
get 〔come〕to ~ … (~するようになる)
be to ~       … (~する予定だ、~すべきだ、~できる)

⑤ too ~ to …; ~enough to …

まじめにコツコツ勉強する子」の成績が伸びない根本的な原因 | 富裕層 ...

too, enough, so ~ as などと不定詞が結びついて用いられることがある。

too ~ to … と so~that cannot…の書きかえに注意

too~to…は否定の意味があるので、書きかえには cannot を用いる。

too ~ to …
「あまり~なので
…できない」
He was too weak to do the job.
(彼はとても体が弱かったのでその仕事ができなかった)
=He was so weak that he could not do the job.
~enough to …
「~(できる)ほど
…だ」
Ken is strong enough to carry two suitcases.
(ケンはスーツケースを2個持ち運べるほど力持ちだ)
=Ken is so strong that he can carry two suitcases.
so ~ as to …
「~するほどに…」
「とても~なので…
だ」
He was so kind as to show me the way.
(彼は親切にも道を案内してくれた)
=He was kind enough to show me the way.

Susie is too fat to wear ready-made clothes.
(スージーは太りすぎていて既製服が着れない)

You are old enough to know better.
(君はもう分別のついてよい年ごろだ)


<NOTE>

不定詞の意味上の主語 (不定詞が表す動作を行う人) について、ここでまとめておこう。

(a) 不定詞の意味上の主語を示す必要のない場合
He was too weak to do the job.    〔文の主語 He に一致〕
I think him to be an honest man.  〔目的語 him に一致〕
(私は彼が正直な人であると思う)

It is important to be honest in business. 〔一般の人
(商売では誠実なことが大切である)

(b) 不定詞の意味上の主語を for_ または of_ で示す場合
This book is too difficult for me to read.
(この本は難しすぎて私には読めない)               〔 too ~ for_ to…
It was kind of you to help me with my homework.
(宿題を手伝ってくださってご親切です)            〔 It ~ of_ to …

⑥ 「 形容詞 + 不定詞 」の熟語

先生を呼び捨てでもOK?留学生が見た、日本とアメリカの授業風景の違い ...

会話文にもよく用いられる be glad to ~(~してうれしい),  be sorry to ~(して
すみません) などの表現を覚えよう。

これら「形容詞+不定詞」の熟語は日常よく用いられ、その数も多い。

sure, certain,
likely など+不定詞
He is certain to win. (彼はきっと勝つ)
=It is certain that he will win.
difficult, easy,
hard, impossible
など+不定詞
This poem is difficult to understand.
=It is difficult to understand this poem.
(この詩は理解しがたい)
kind, careful,
nice, polite など+不定詞
You are very kind to invite me.
=It is very kind of you to invite me.
(ご招待してくれてありがとう)
glad, sorry,
ready, afraid,
slow など+不定詞
He will be glad to see you.
(彼はあなたに会って喜ぶだろう)
この形は「It is +形容詞」に書きかえれない。


ポイント

不定詞の慣用表現を覚えよう。
too ~ to …( = so ~ that_ cannot … )
~enough to …( = so ~ that_ can… )
be + sure 〔difficult, gladなど〕+ to …

コメント

タイトルとURLをコピーしました